2 返信 最新の回答 日時: Apr 26, 2017 8:53 PM ユーザー:fohira

    [ePO Cloud] スタンドアロン版パッケージを使用した ENS のインストール方法

    fohira

      ePO Cloud 管理下のシステムに対して、スタンドアロン版パッケージを使用した ENS のインストール方法をご紹介いたします。

      ネットワークの制限などで ePO Cloud 上から製品の配備タスクを使用した ENS のインストールに問題が生じる場合にご活用ください。

      本手順は Windows OS を対象としております。

       

      ■ 事前準備

       

      弊社ダウンロードサイトからスタンドアロン版パッケージダウンロードします。

       

      下記ダウンロードサイトに接続し、「Downloads」をクリックします。

      Product Downloads, Free Security Trials & Tools

      http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx

      表示画面の Grant Number 項に承認番号を入力し、画面に表示されている文字列を入力して「submit」をクリックします。

      「McAfee Endpoint Protection Essential SMB」をクリックします。

      「McAfee Endpoint Security 10.x」をクリックします。

      「McAfee Endpoint Security 10.x. standalone client install」をクリックします。

      「McAfee_Endpoint_Security_v10_x_x_xxx_xx_stand_alone_client_install.zip」のダウンロードが 開始されますので任意のフォルダに保存します。

       

       

      ■ 手順

       

      事前準備にてダウンロードいただいたパッケージにて ENS をインストールした場合、ePO Cloud の管理対象外システムとしてインストールされます。

      ePO Cloud 管理下のシステムとして認識させるには、事前に McAfeeSmartInstall.exe を使用した McAfee Agent のインストールが必要となります。

      後述の手順を実施いただき、ePO Cloud 管理下のシステムとして認識させた後、事前準備にてダウンロードいただいたパッケージを使用して ENS をインストールしてください。

       

      本手順の実施によって新たなグループが作成 (追加) されます。

      既に作成済みのグループがあり、ENS の配備タスクが割り当てられているグループが不要な場合は、削除いただくことも可能です。

       

      1. 製品の配備タスク作成

       

      下記手順を実施し、MA、DXL のインストールタスクを作成します。

      [メニュー] - [準備] - [インストールのカスタマイズ] をクリックします。

      1.png

      2.png

       

      任意のグループ名を設定し、プラットフォームにて Windows を選択後に下記製品のチェックを外し、[完了] をクリックします。

      - Endpoint Security Firewall

      - Endpoint Security Platform

      - Endpoint Security Threat Prevention

      - Endpoint Security Web Control

      3.png

       

      [他のコンピューターにセキュリティ対策をインストールする] をクリックし、URL を控えます。

      4.png

      5.png

       

       

      2. インストール URL を使用したインストール

       

      手順 1. にて取得した URL を ePO Cloud 管理下とするシステム上で開きます。

      10.png

      McAfeeSmartInstall.exe のダウンロードが開始されます。

      ダウンロード完了後に実行し、McAfee Agent のインストール終了を待ちます。

      McAfee Agent のインストール後に DXL と PIP のインストールがバックグラウンドで開始されますので、しばらくお待ちください。

      インストール済みの製品は Windows のコントロールパネルからご確認いただけます。

      11.png

       

       

      3. ENS のインストール

       

      手順 2. 完了後に事前準備用 URL からダウンロードした McAfee_Endpoint_Security_v10_2_0_347_27_stand_alone_client_install.zip を解凍してください。

      McAfee_Endpoint_Security_v10_2_0_347_27_stand_alone_client_install.zip に内包される「setupEP.exe」を右クリックし、管理者として実行します。

      [承認する] - [続行] をクリックします。

      必要なソフトウエアにチェックを入れます。

      [インストール] をクリックし、完了後に [閉じる] をクリックします。

      ※ インストール後に OS を再起動します

        • 1. Re: [ePO Cloud] スタンドアロン版パッケージを使用した ENS のインストール方法
          r-kohaku

          Windows10pro納品状態,セキュリティ設定変更無しで試しました。

           

          1. [インストール]クリック後,ieブラウザ下部に現れるバーにある「保存」をクリック。
          2. (ここでSecurityCheckが実行されます)
          3. その後再度ieブラウザ下部に現れる,バーにある「実行」をクリック。
          4. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリック。
          5. McAfeeSmartInstall画面表示され,ダウンロードとInstallが開始される。
          6. コントロールパネルを表示。「プログラムと機能」を時々[←][→]クリックして移動し,表示を更新して確認。

           

          以上となりました。

          スタンドアロンパッケージが使えるのは,インストール終了がユーザにきちんと表示されるので助かります。

           

          もしかして。

          あらかじめ,[UAC]は0(なし)にするのが推奨なのでしょうか。

          ネットワーク接続して実行しなければならないので,不安を感じるのですが・・・

          当方で試して見た処,納品時の設定(デスクトップの反転)のままでも,一応はいったようですが。

          • 2. Re: [ePO Cloud] スタンドアロン版パッケージを使用した ENS のインストール方法
            fohira

            日頃、弊社製品をご利用いただきありがとうございます。

            マカフィーテクニカルサポートセンターです。

             

            下記文書について補足いたします。

            「[ePO Cloud] スタンドアロン版パッケージを使用した ENS のインストール方法」の「3. ENS のインストール」は、ENS 10.2 を例としております。

            ENS 10.5 や ENS 10.5.1 などでご実施いただく際は、パッケージファイル名 McAfee_Endpoint_Security_v10_2_0_347_27_stand_alone_client_install.zip を対象バージョンのパッケージファイル名に読み替えてご実施ください。

            例) ENS 10.5 の場合、McAfee_Endpoint_Security_10_5_0_309_1_stand_alone_client_install.zip となります