0 返信 最新の回答 日時: Aug 16, 2016 2:48 AM ユーザー:fohira

    [ePO Cloud] McAfee Endpoint Security インストール/アンインストール失敗時の確認事項

    fohira

      日頃、弊社製品をご利用いただきありがとうございます。

      インテルセキュリティテクニカルサポートセンターです。

       

      ePO Cloud をご利用のお客様を対象とした McAfee Endpoint Security のインストール/アンインストール失敗時の Q&A をご紹介いたします。

       

      ■ Case 1.

      Q. ePO Cloud で生成したインストール URL を別の端末で使用した際、インストーラのダウンロードが開始されない。

      A. ブラウザのセキュリティレベルが高い環境では、インストーラのダウンロードが正常に開始できない場合があります。

         Internet Explorer であれば、デフォルトの中高に変更し再度インストール URL にアクセスしてください。

       

         セキュリティレベル以外にもセキュリティレベル向上の観点で無効化されたオプションや、サードパーティー製アプリケーションに阻害されインストーラがダウンロードできな い場合もございます。

         その際は、別ブラウザでの実施やサードパーティー製アプリケーションの無効などで回避してください。

       

       

      ■ Case 2.

      Q. ePO Cloud から入手したインストーラ実行後、プログレスバーが進まない。進捗が遅い。

      A. インストール処理中に追加のモジュールをインターネット経由で取得します。

         ネットワーク帯域が混んでいる場合やインストール作業を行う端末のリソースが不足している場合は、進行が遅くなる場合がございます。

         ネットワーク帯域の空いている時間帯や端末のリソースが最大限利用できるタイミング (タスクバー上に作業中のアプリがない状態など) で実施ください。

       

       

      ■ Case 3.

      Q. ライセンス超過によるインストール URL の実行失敗。

       

      A. ePO Cloud 上でカウントされている使用済みライセンスが超過している可能性がります。

       

      所有権アカウントにて ePO Cloud にログイン後、[メニュー] - [マイアカウント] - [契約] をクリックし、購入済みのライセンスと使用済みのライセンスをご確認ください。

      購入済みのライセンスに対して、使用済みのライセンスが多い場合は、ライセンス超過が発生している状況です。

      不要なシステムを ePO Cloud のシステムツリーから削除してください。

       

      ■ Case 4.

      Q. ENS のインストール中に OS がハング、OS のイベントログに ID 4017 の証明書エラーが出力されている。

      A. キャッシュされた Microsoft の証明書期限切れ、若しくは破損によってインストールプロセスが阻害されている可能性があります。

         KB86087 の回避策をお試しください。

      Endpoint Security Epsetup のインストールを実行中に、システムがフリーズする

      https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB86087&actp=DETAIL&viewlo cale=ja_JP

       

       

      ■ Case 5.

      Q. ENS のインストールが予期せぬエラーによって終了する。

      A. インストールプルセスでは、OS の一時領域を使用しています。

         一時領域に対して適切な権限が付与されていない、又は何らかのサードパーティー製アプリケーションによって阻害されている場合は、インストールに失敗する可能性がありま す。

         KB85033 を参考にして一時領域を変更後、再度インストールの結果をご確認ください。

      Endpoint Security installation fails if there are issues with temp folder access

      https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB85033

       

       

      ■ Case 6.

      Q. ENS のインストールが失敗し、インストールログに Windows Installer Service にアクセスできないことを示すエラーが出力されている。

      A. Windows Installer の破損や設定不備によってインストール処理が続行できな可能性がございます。

         KB86580 を参考にして Windows Installer 修復後に再度インストールの結果をご確認ください。

      The Windows Installer Service could not be accessed (Endpoint Security install fails with log error)

      https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB86580

       

       

      ■ Case 7.

      Q. ePO Cloud 管理下のシステムに対して ENS や MA のインストールを行った際のログファイル生成先を教えてください。

      A. %USERPROFILE%\AppData\Local\Temp\mcafeelogs 若しくは %SystemRoot%\TEMP\mcafeelogs 配下に生成されます。

       

       

      ■ Case 8.

      Q. ePO Cloud 管理下のシステムに対して ENS のアンインストールをコントロールパネルから実施した所、「現在のプログラムのアンインストールまたは変更が完了するまでお待ちください。」画面が表示される。

      A. MSI を使用した別のプログラムのインストールやアンインストールが行われている可能性があります。

         別のプログラムに対してインストールやアンインストールを行っていない場合は、OS 再起動後に再度お試しください。

       

       

      ■ Case 9.

      Q. ePO Cloud 管理下のシステムに対して ENS のアンインストールをコントロールパネルから実施した所、アンインストール時のパスワードが求められる。

      A. 対象システムに対して、ePO Cloud のポリシー (Endpoint Security Common) にてアンインストール時のパスワードを設定している場合は、設定しているパスワードを入力してください。

         デフォルトでは、"mcafee" がアンインストール時のパスワードとして設定されています。

       

       

      ■ Case 10.

      Q. ePO Cloud 管理下のシステムに対して McAfee Agent のアンインストールをコントロールパネルから実施した所、「管理モード」を示す出力が表示されアンインストールできない。

      A. ePO Cloud 管理下のシステムにて McAfee Agent をローカルでアンインストールするには、管理者権限で開始したコマンドプロンプトにてコマンドを実行する必要があります。

         スタートボタンから [cmd.exe] を入力し、cmd.exe を右クリックして [管理者として実行] をクリックします。

         以下のコマンドを実行し、アンインストール処理を実施します。

         32 bit OS:

         "<ドライブ>\Program Files\mcafee\Agent\Frminst.exe” /forceuninstall

         64 bit OS:

         "<ドライブ>\Program Files\mcafee\Agent\x86\Frminst.exe” /forceuninstall