2 返信 最新の回答 日時: Apr 27, 2017 4:51 AM ユーザー:r-kohaku

    システム一覧で,VSEバージョン列が空白になってしまう

    r-kohaku

      ePO5.1.3,MA4.8P3で下記製品を運用しています。

      • VSE8.8withP7(ブランチ:最新バージョン)
      • VSEパッチ7(ブランチ:評価バージョン)
      • Windows7については,VSE8.8P5を導入していただいている
      • VSE配備タスクは作成していない
      • DLP9.3.5

       

      以上の状態で,気になる症状が出ます。

      端末単位ですと,きちんとVirusScan製品が表示されるですが,システムツリー一覧の「製品バージョン(VirusScan...)は空白になってしまいます。

      システムの詳細では表示されます.png

      vse8.8は最初にインストールしていただくことにしていますが,この状態だと,本当にはいっているのかどうかが判別できません。

       

      この現象の解決策はありますか?

        • 1. Re: システム一覧で,VSEバージョン列が空白になってしまう
          r-kohaku

          原因は,ePO5.1が,VSE8.7をサポートしないためのようです。

          バージョンが表示されないのは,以前のバージョン,VSE8.7の端末でした。

           

          列のカスタマイズ「インストールされている製品」なら,きちんとシステム一覧へ表示できました。

          deta.png

           

          サポートさんへ確認し,検証し成功したので訂正します。

          VSE8.7を8.8P7へアップグレードできたように見えましたが,できていません。脅威のイベント内では古いバージョン,VSE8.7とあり,更新されていません。

          ポリシーも最新が引き渡されないのでMcAfeeAgentを調べた所,このバージョンが一つ古いものでした。(4.8.0.1938)

          その端末の導入製品一覧ではVSE8.8となっていたのですが,残念です。

           

          その端末毎に,手動にて,アクセス保護タスクを無効にしてからVSE8.8P6をインストールしなければならないようです。

           

          McAfeeAgent4.8.1995へ上げてからになりますが,

          最新のVSE8.8withP8リポスト版を最新バージョンとしてリポジトリへチェックイン。

          下図のようにアクセス保護の設定を変更。

            (アクセス保護設定 画面) 右側囲みの一般標準プロテクトは,有効のままでも成功するかもしれません。

          ok.png

          そのポリシーを割り当てたノードへ,VSE8.8Patch8の製品配備タスクをスケジュール「今すぐ」で作成。

          以上で,端末が稼働していれば,翌日にはVSE8.7P5からVSE8.8P8へアップグレードされました。

          なお,VSE8.8P7ですと不具合が多いのかうまくいきませんでした。

          • 2. Re: システム一覧で,VSEバージョン列が空白になってしまう
            r-kohaku

            追記します。

             

            2017/04月時点最良の組み合わせは下記でした。 前回投稿後,結果にムラが有りあちこちバージョンアップしました。

             

            • MA5.0.5
            • VSE8.8P9 

               VSE8.8P8は「インストールに時間がかかる」「タスクが無効になりDATが古いまま」などが起こりました。

            • DLP10.0.2  VSEのバージョンに依存します。

               DLPエンドポイントのリリースノートにMAやVSE,HIPの対応バージョンが明記されています。