2 返信 最新の回答 日時: Jun 13, 2016 4:41 AM ユーザー:r-kohaku

    2製品が必ず入らなくなりました

    r-kohaku

      昨日は一式インストールできていたのですが。

      今日は,同一設定のSurfacePRO3(Windows8.1のままです)二台へ,

      Endpoint Security Filrewall とEndpoint Security Web Control がステータス「failure」となって入らなくなってしまいました。

       

      回復USBで工場出荷状態へ戻した後に特定の製品を一つ入れただけで,

      環境は昨日成功した端末と状況は全く同じです。

       

      インストールURLをクリックする前に前もって,

      WindowsDefenderを無効にし,Windowsファイアウォールも無効にしてあります。

       

      成功したSecurity Threat Preventionと,Security Platformのバージョンは「10.1.1.12」系であり,

      失敗した前述製品は,どちらもバージョンが「10.1.0.1200」とあります。

      てっきり4製品は同一バージョンだと思い込んでいたのですが。

      McAfee側でリポジトリをメンテナンスしている,などでしょうか?

       

      このような場合,もういちどインストールURLを叩いても大丈夫でしょうか。

        • 1. Re: 2製品が必ず入らなくなりました
          r-kohaku

          先日うまくインストールできたほうの製品バージョンを確認しました。


          Threat Prevention:10.1.1.1202

          Platform:10.1.1204

          Fire wall:10.1.1.1200

             

          上記の通り,本日成功した脅威対策とPlatformともバージョンが違います。

           

          マスターリポジトリ一覧を見ると,1製品につき,2つほどの複数バージョンが最新バージョンとして組み込まれていますが,

          どちらの端末もWindows8.1であり,違うバージョンとなる原因がよくわかりません。

           

          本日失敗分は,もういちどインストールURLを実行すれば,新しくなるのでしょうか・・・?

          • 2. Re: 2製品が必ず入らなくなりました
            r-kohaku


            解決しました。

            接続して1時間放置しておいたところ,不足していた2製品がきちんとインストールされ,有効化していました。

             

            6/10のePOCloudメンテナンスの後ということで,リポジトリに変化があったのかもしれません。