2 返信 最新の回答 日時: Oct 9, 2012 11:48 PM ユーザー:r-kohaku

    低スペックPCにおけるSaaS Endpoint Protection の対応について

      お世話になります。
      SaaS EPのインストール要件について質問させてください。


      現在弊社ではWindowsXPのPCがまだ、多数存在しており、それらの多くが512MBの物理メモリ容量を搭載しています。
      今となってはあまり潤沢な容量ではありませんが、現行の5.2.3は確か、1機能のみのインストールであれば、
      512MBであればインストール要件を満たします。そのため弊社では、アンチウイルス機能のみを入れています。

      ところが、McAfeeサポート通信にて、来年のどこかでリリースされる、バージョン6.0からメモリ要件が
      引き上げられるとあるではないですか!確か1GBと記憶しております。(正しかったでしょうか)

      メモリの増設や、PCのリプレースは考えに無かったのですが、そのメモリ要件が変わることで、
      リプレースを検討しております。はやり何かのときのためにサポート対象であることは必須ですから。


      そこでご質問なのですが、今回なぜ要件が変更されることになったのか、具体的な理由を教えていただけ
      ないでしょうか。
      やはり最近のウイルスの駆除のためには、定義ファイルが大容量になり、その定義ファイルを使ってスキャン
      エンジンを動作させるためには、相応のメモリが必要ということ。。。かと考えましたが、いかがでしょうか。


      宜しくお願いいたします。

        • 1. Re: 低スペックPCにおけるSaaS Endpoint Protection の対応について

          率直に言ってしまうと、ここに投稿しても誰も答えられないと思いますよ。

           

          仕様に関することは、正式なサポート窓口がよいのでは。

          • 2. Re: 低スペックPCにおけるSaaS Endpoint Protection の対応について
            r-kohaku

            SaaSではありませんが。512MBのPCは当方環境にも残って居ます。

            正直メモリの増設をするにも,PC保守がとうに切れていますので,

            近々買い換えることとしているか,重い作業をしない方が使っている状態です。

             

            なお,そのPCに導入しているソフトは以下です。

            これだけ動かしていても通常作業(MBもないファイルを扱うOfficeソフト,メールソフト)には問題ないそうです。

             

            512MBメモリのPCへ,ファイアウォール(HIP8.0)を入れるととたんに遅くなった記憶があるので,

            SaaSEP6.0のウィルススキャンだけなら何とか動くかもしれませんね。

            まずはテストが必要だとは思いますが・・・

             

            • Data Loss Prevention 9.2
            • McAfee Agent 4.5
            • VirusScan Enterprise 8.7(不審なプログラムレベルは最弱)

             

            参考までに。