1 返信 最新の回答 日時: Sep 29, 2011 1:37 AM ユーザー:r-kohaku

    DLP の証拠ファイルについて

      こんにちは。

       

      DLP で保護ルールを使っているんですが、ルールの設定によっては証拠のファイルが証拠フォルダに

      コピーされて、DLP モニター上からファイルを開いて確認することができると思います。

       

      そこで質問なのですが、DLPモニターからイベントを削除したらこの証拠ファイルも

      同時に消えてくれないのでしょうか??

       

      試しにイベントをすべて削除してみたのですが、証拠フォルダにはそれらしきファイルがずっと残っており

      消えてくれませんでした。このままだと、証拠フォルダのサイズがどんどん大きくなり知らぬ間にディスクを

      圧迫することになってしまいます。

       

      こういう仕様なのでしょうか?

       

      どなたか、ご存知の方がいらっしゃったらご教示いただけると幸いです。

       

       

      宜しくお願いします。

        • 1. Re: DLP の証拠ファイルについて
          r-kohaku

          こんにちは。

           

          DLPポリシーの「エージェントを設定」-「グローバルエージェントの設定を編集」で出ます、

          「エージェントの設定」の「証拠」タブ[エージェント エビデンス設定]ってところで、

          「最大記憶制限(MB」ほかディスクの空き領域など、いろいろ設定できるようです。

           

          増えすぎて圧迫する、という場合は、ここを変更し、適用しておけば、

          おそらく、ディスク圧迫を回避できるのではないでしょうか。