1 返信 最新の回答 日時: Oct 6, 2011 10:10 PM ユーザー:r-kohaku

    DLP Agent のアップグレード

      こんにちは。

      DLP Agent のアップグレードについて教えてほしいことがあります。

       

      普通、DLP Agent をアップグレードする際は ePO で製品配備タスクを使って

      インストールすると思います。

       

      それをしないで、各クライアントマシン上で DLP Agent のインストーラを実行する

      形式をとりたいのですが、このような方法でアップグレードすることは可能でしょうか?

      それとも、事前に旧バージョンの DLP Agent をアンインストールしておかなくては

      いけないのでしょうか?

       

      環境がなく、試すことができないのでお聞きした次第です。

      どなたか、ご存知の方がいらっしゃったら教えていただけますでしょうか。

       

       

       

      よろしくおねがいします。

        • 1. Re: DLP Agent のアップグレード
          r-kohaku

          9.0を9.1へアップグレードしたことがあります。

          手元のメモをみてみますと、

           

          ePOサーバは、

          いったんDLP管理ツールをVSE8.7のアクセス保護を無効にした上で削除し、

          SQLにてログイン情報をいったん削除して追加し権利を設定したりして、(当方の環境ではこれをしませんと、エラーがでました。)

          WCFサービスをいったん削除して入れ直し

          ヘルプエクステンションを入れて

          管理ツールを入れる。→DLPポリシー起動するとポリシー変換が開始

          その後ライセンスのアクティベート

          セキュリティエージェント上書きパスワード再設定→ポリシー変換 最後に適用

          マスタリポジトリへチェックインし配備タスクを再作成(既存の配備タスクは製品が「なし」になってしまう)

          という流れだったようです。(殴り書きなので間違いがあるかもしれません!)

           

          PCへ配備されたDLP Agentは、アンインストールはいらなかったような気がします。

          DLPエージェントの配備タスクを作成すれば、インストールされたんだったと思います。

          ただしPCの再起動が発生します。

           

          --追記-

          Supportに情報が追加されていました。おそらくすでにご存じだとは思いますが、念のため。

          ローカルでのインストールについては末尾のリンクにあるようです。

          http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeDlp.asp?ancQno=DL11091401&ancProd=McAfeeD lp

           

          このメッセージは次により編集されています: r-kohaku 少々追記しました on 11/09/15 2:22:05 CDT

           

          このメッセージは次により編集されています: r-kohaku on 11/10/06 22:10:18 CDT