1 返信 最新の回答 日時: Nov 16, 2017 11:55 AM ユーザー:catdaddy

    ePO Hack : ePO-Cloud配下のPCをスタンドアロン/オンプレePO配下にする方法 / How to move a system from ePO-Cloud to standalone / ePO(ON-Premise)

    skubo

      対象のPC:管理モードであり、ePO-Cloud(manage.mcafee.com)配下にある。

      Target system is in control of ePO-Cloud( manage.mcafee.com )

       

       

       

      ePO-Cloudのシステムツリー画面から、削除対象のPCにチェックを入れ、

      「アクション」⇒「ディレクトリ管理」⇒「削除」

       

      In system tree screen of ePO-Cloud, check the box of target system, and

      [Action] => [Directory Management] => [Delete]

       

      「次のエージェント/サーバー間通信でMcAfee Agentを削除する」にチェックを入れる。

      「McAfee Agentでインストールされたソフトウェアを削除する」からチェックを外す。

       

       

      システムツリー画面から対象PCが消える。

       

       

      エージェントモニターで「プロパティの収集と送信」を押下。

       

       

      モニターが消え、UpdaterUI(画面右下のマカフィーアイコン)も消えるが、

      しばらくするとマカフィーアイコンが復活する。

      バージョン情報を見ると、「非管理モード」になっていることがわかる。これでスタンドアロン状態になった。

       

       

       

      ■スタンドアロンPCを、オンプレePO配下に入れる。

       

      オンプレePOにログインし、システムツリー画面で対象とする組織を選び、そこから「エージェントの配備」タグを選択して、

      「エージェント配備URLの作成」を押下。

       

       

      名前を付けて、対象PCがWindowsなのでWindowsを選択し、MAのバージョンを選択し、OKを押下。

       

       

      作成されたURLをクリック。

       

       

      McAfeeSmartInstall.exeがダウンロードされる。

       

       

      右クリックして管理者権限で実行。

       

       

       

      「はい」

       

       

      インストールが始まる。

       

       

      バージョン情報を見てみると・・・

       

      オンプレePO配下の管理モードになったよ!