0 返信 最新の回答 日時: Jul 14, 2017 1:47 AM ユーザー:fohira

    McAfee Endpoint Security Threat Prevention (ENS-TP) と Windows Defender の併用について

    fohira

      日頃、弊社製品をご利用いただきありがとうございます。
      マカフィーテクニカルサポートセンターです。

       

      システム上へ弊社 ENS-TP をインストールする際、ENS-TP は Windows アクションセンター (WAC) へ ENS-TP の情報を登録します。
      WAC で ENS-TP のインストールが認識されると、Windows Defender はWindows Anti-Malware agreement に基いて無効になります。
      もし、Windows Defender が無効化されない、若しくは無効化後に自動的に有効化される場合には OS 側で何らかの問題が発生している可能性がございます。
      弊社ではパフォーマンス問題発生などの可能性から ENS-TP と Windows Defender の併用を推奨しておりません。
      Windows Defender が有効化された場合は、手動で無効化していただくことをおすすめいたします。

       

       

      Windows Defender のステータスは以下の方法でご確認いただけます。

       

      コントロールパネルからの確認(Anniversary Update):

      1. Windows キーと x キーを押下します

      2. [コントロールパネル] - [Windows Defender] を開きます

      3. Windows Defender がオフとなっている事をご確認ください

       

      コントロールパネルからの(Creators Update):

      1. Windows キーと x キーを押下します

      2. [設定] - [更新とセキュリティ] - [Windows Defender] を開きます

      3. Windows Defender がオフとなっている事をご確認ください

       

       

      サービスの起動確認(Anniversary Update):

      1. Windows キーと x キーを押下します

      2. [コントロールパネル] - [管理ツール] - [サービス] を開きます

      3. 以下のサービスが開始されていない事をご確認ください

         - Windows Defender Network Inspection Service

         - Windows Defender Service

       

      サービスの起動確認(Creators Update):

      1. Windows メニューから Windows システムツールを展開します

      2. [コントロールパネル] - [管理ツール] - [サービス] を開きます

      3. 以下のサービスが開始されていない事をご確認ください

         - Windows Defender Advanced Threat protection Service

         - Windows Defender Antivirus Network Inspection Service

         - Windows Defender Antivirus Service

       

       

      関連情報につきましては、以下の KB をご参照ください。
      How to check whether Windows Defender is disabled after installing Endpoint Security Threat Prevention
      https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB88214

       


      また Windows 10 では、Windows Defender の制限付きの定期的なスキャン機能が実装されておりますため、弊社 ENS-TP ご利用環境におかれましては、
      後述手順にてWindows Defender の制限付きの定期的なスキャン機能を無効化いただくことをおすすめいたします。

       

      コントロールパネルからの設定

       

      Windows 10 バージョン 1607 (Anniversary Update) の場合:

      1. Windows キーと x キーを押下します

      2. [コントロールパネル] - [Windows Defender] - [設定] を開きます

      3. “制限付きの定期的なスキャン” がオンになっている場合は、オフに変更してください。

       

      off.png

       

       

      Windows 10 バージョン 1703 (Creators Update) の場合:

      1. Windows キーと x キーを押下します

      2. [設定] - [更新とセキュリティ] - [Windows Defender セキュリティセンターを開きます。] を開きます

      3. 「ウイルスの脅威と防止」を開き、[Windows Defender ウイルス対策のオプション V] を開きます。

      4. “定期的なスキャン” がオンになっている場合は、オフに変更してください。

       

      14.png

       

       

      Windows Defender の制限付きの定期的なスキャン実行中は、別のサードパーティー製アンチマルウェア製品が一時的に無効化されます。
      制限付きの定期的なスキャン完了後、Windows Defender の機能によって、無効化されたサードパーティー製アンチマルウェア製品が有効化されます。
      OS 側の問題で、サードパーティー製アンチマルウェア製品の有効化が完了しない場合がございます。

      ENS-TP で利用されるすべてのプロセスや機能が正常に有効化されない場合や期限切れを示すメッセージが WAC によって表示される場合があり、
      意図しない動作を未然に防ぐために Windows Defender、及び Windows Defender の制限付きの定期的なスキャンの無効を推奨いたします。

       

      message.png


      尚、弊社では Windows 10 との互換性を実現するため、マイクロソフト社との協業を行っています。Windows 10 と弊社製品との互換性情報につきましては、以下を参照ください。
      Windows 10 のマカフィー製品との互換性
      https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB87536&locale=ja_JP&viewl ocale=ja_JP