0 返信 最新の回答 日時: May 2, 2017 6:11 AM ユーザー:r-kohaku

    DLP9.3を10へマイグレにて,ポリシー変更タスクが実行できない場合

    r-kohaku

      DLPエンドポイントのマイグレで躓きましたので投稿します。

       

      拡張パッケージインストール後

      「ポリシー変換」タスクが無効のまま,「実行」できない状態となりました。

      「表示」をクリックしてみると,検証エラーには次のように表示されます。

       

      このタスクは以下の理由により実行または編集できません。

      • ユーザにコマンド9.3から9.4以上へのDLPポリシー変換の実行権限がありません。

       

      インストレーションガイドと違い,「ライセンス入力要求画面」がなかったので

      「DLP設定」にてライセンスキーを追加しようとしたところ,同じく「保存」がグレーアウトとなっていました。

       

      インストレーションガイドと比較すると,

      evidenceフォルダセキュリティに ePOサーバのコンピュータアカウントが不足していました。

      これを修正したことで,ライセンスキーの追加とその後のポリシー変換タスクの実行が出来ました。

       

      以前のバージョンの時はここのチェックが甘かったので,

      エビデンスフォルダを全く使わない運用の場合,注意が必要かもしれません。

       

      なお,DLP9.3とちがい,DLP10からはPCへのDLP管理ツールのインストールが不要なものとなりました。

      そのおかげで新旧どちらのポリシー管理とイベント受信も独立しているとのことで,

      ポリシー設定の見直しは検証からゆっくりできます。