1 返信 最新の回答 日時: Oct 13, 2017 1:41 AM ユーザー:r-kohaku

    スタンドアロンパッケージを用いても一部のアプリが入らない

    r-kohaku

      本サイトで案内されているスタンドアロンパッケージでインストールしてもらっていますが,

      希に一部のアプリが入らないまま,定義ファイル更新を行っても反応のないPCが出ることがあります。

       

      ファイアウォールや脅威対策は入っているのですが,一部のプログラムが入りません。

       

      経緯をしらべると,

      他者が利用していたPCへOSを上書きインストールした端末であり,

      PCのドライバ群も最新のものを入れないまま,入れようとして,一部失敗していました。

       

      パソコンへのePOCloudインストールの時は,ドライバ類がきちんと正しいものが入っているか,

      インストール作業前に確認したほうがよさそうです。

       

      複数のユーザの手を渡っている端末なら,

      一端フォーマットしてOSを再インストールして,ドライバ群を最新のを入れてから導入したほうがすんなり行きます。

        • 1. Re: スタンドアロンパッケージを用いても一部のアプリが入らない
          r-kohaku

          追記です。

           

          なかなかインストールされない場合,WindowsUpdateを一時的に無効にすると良いかもしれません。

           

          また,dropboxなどの製品があればそちらの処理が優先されていることもあります。

           

          検証では,WindowsUpdateを自動にしていた場合,そちらのダウンロード処理に回線が使用され,

          なかなかエンドポイント製品のダウンロードとインストールが開始されませんでした。

           

          さらに追記します。

          McAfeeAgent導入されたあとに再起動が必要となるサポート情報があがっていました。

          数台実行しましたが,4台中1台のみ,再起動が必要でした。

           

          また。なんらかのエラーが繰り返されていて,インストールが進捗しないこともあります。

          システムイベントログを確認するとエラーが多数,ずっと前から記録されていることがありました。

          3年以上運用しっぱなしのサーバー上のVSEをENS脅威へ乗り換える時は,まずエラーが無いかどうか確認し,

          そのエラーの原因を解決してからの方がよさそうです。