キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
McAfee Employee

[ePO Cloud] Endpoint Security Firewall 適用モードのご利用方法

ePO Cloud 管理下の Endpoint Security Firewall をデフォルトで導入いただいた際、デフォルトで有効化されたルール以外のネットワークトラフィックがブロックされます。

導入直後のお客様につきましては、適応モードにて運用いただき、必要に応じて Firewall ルールのカスタマイズをおすすめいたします。

本記事では、Endpoint Security Firewall のポリシーにて、適用モードに切り替える手順をご紹介いたします。

本記事のスクリーンショットは、2016/02/18 時点で取得しております。

操作いただく際、一部表記や表現が変更となっている場合は、読み替えていただけますと幸いです。

■ 手順

1. ePO Cloud にログインします

URL: https://manage.mcafee.com/

2. ポリシーの作成

[メニュー] - [ポリシー] - [ポリシーカタログ] をクリックします。

1.png

"製品:" のプルダウンから "Endpoint Security Firewall" を選択します。

2.png

"オプション" のカテゴリを探し、ポリシー名 (McAfee Default) の [複製] をクリックし、"既存のポリシーの複製" にて任意で名前や説明を入力して [OK] をクリックします。

3.png

4.png

"オプション" のカテゴリに属する登録したポリシー名をクリックします。

表示された画面で詳細を表示ボタンをクリックし、"適応モードを有効にする (クライアントでルールを自動的に作成します)" にチェックを入れ [OK] - [保存] をクリックします。

6.png

7.png

8.png

9.png

3. ポリシーの割り当て

[メニュー] - [システム] - [システムツリー] をクリックします。

7.png

ポリシーを変更するグループを "システム ツリー" から探し選択します。

右ペインにて "割り当て済みのポリシー" をクリックします。

"製品:" のプルダウンから "Endpoint Security Firewall" を選択します。

変更をご希望のカテゴリを探し、該当するポリシーの [割り当てを編集] をクリックします。

10.png

"継承元:" にて、"継承を無効にし、以下のポリシーおよび設定を割り当てます " を選択します。

11.png

"割り当てられたポリシー:" のプルダウンから変更予定のポリシー名 (手順 2. で登録) を選択し [保存] をクリックします。

4. クライアント端末への反映タイミング

次回、ePO Cloud に管理対象の当該グループに属するクライアント端末が接続したタイミングで本ポリシーが適用されます。