キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Highlighted

ePO5.9.0へWinudpateとHOTFIXを入れた後から,CPUが100%になりつづける症状が発生します

解決策を見る

仮想ゲストで運用しているePO5.9サーバへ,Winupdate,KB433815とKB4340558を入れて再起動後に,EPO5xHF1241557をインストールしました。

明らかに各挙動が遅くなってしまい,数時間後にはCPUが常に100%となり,数日後にはePOコンソールマネージャーも開かなくなってしまっていました。

タスクマネージャでCPU 100%となっているタスクはePOアプリケーションサーバーで,メモリを3GBあまり消費しているのは,ApacheHTTPサーバーでした。

OSの動作自体かなり重いのでこれ以上の調査は無理と判断し,WinupdateとHOTFIX実行前のスナップショットへ戻した上で起動し直すことで復旧しましたが,

Winupdateかhotfix。どちらが原因で発生してしまったのか知りたいと思います。

同様な症状になった方はいませんでしょうか?

 

ラベル(1)
1 件の受理された解決策

受理された解決策

Re: ePO5.9.0へWinudpateとHOTFIXを入れた後から,CPUが100%になりつづける症状が発生します

解決策を見る

CPU利用率が100%になってしまう症状が再発しましたが,原因は違いました。

ePOサーバ(仮想ゲスト)をVmwareでスナップショット取った後に再発しました。(WindowsUpdateやePOのHOTFIXなどは行ってません。)

[McAfee epolicy Orchestratorアプリケーションサーバーサービス]が,ほぼ100% CPUを消費し続けます。

サービス一覧でePO関連のサービス三つの停止を試みました。

このとき,アプリケーションサーバーサービスは「停止できない」状態なので,タスクマネージャで強制的に「epolicy Orchestratorアプリケーションサーバーサービス」を終了。

しばらくしてからepolicy Orchestratorのサービス三つ,「アプリケーションサーバー」「イベント パーサー」「サーバーサービス」以上を順番に起動していったところ,CPU100%にならず,安定しました。

 

今までスナップショットを取るのにサービスを停止せず行ってしまっていて,たまたま問題が発生していなかったのですが,

原則,epolicy Orchestratorのサービス三つは,停止してから,仮想ゲストのスナップショットを取るべきだったようです。

 

 

 

 

 

1 件の返信

Re: ePO5.9.0へWinudpateとHOTFIXを入れた後から,CPUが100%になりつづける症状が発生します

解決策を見る

CPU利用率が100%になってしまう症状が再発しましたが,原因は違いました。

ePOサーバ(仮想ゲスト)をVmwareでスナップショット取った後に再発しました。(WindowsUpdateやePOのHOTFIXなどは行ってません。)

[McAfee epolicy Orchestratorアプリケーションサーバーサービス]が,ほぼ100% CPUを消費し続けます。

サービス一覧でePO関連のサービス三つの停止を試みました。

このとき,アプリケーションサーバーサービスは「停止できない」状態なので,タスクマネージャで強制的に「epolicy Orchestratorアプリケーションサーバーサービス」を終了。

しばらくしてからepolicy Orchestratorのサービス三つ,「アプリケーションサーバー」「イベント パーサー」「サーバーサービス」以上を順番に起動していったところ,CPU100%にならず,安定しました。

 

今までスナップショットを取るのにサービスを停止せず行ってしまっていて,たまたま問題が発生していなかったのですが,

原則,epolicy Orchestratorのサービス三つは,停止してから,仮想ゲストのスナップショットを取るべきだったようです。

 

 

 

 

 

Member Rewards
McAfee Community rewards active and helpful members just like you. Click here to take a look at the first community members who received a special reward and were recognized by McAfee leader, Aneel Jaeel, for their participation and trusted knowledge in the community.