キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
McAfee Employee

【TIPS】VSEL1.9のインストールが [groupadd: command not found]のエラーで失敗する

こんにちは、マカフィーテクニカルサポートセンターです。

今回はMcAfee VirusScan Enterprise for Linux (VSEL)のインストールが

[groupadd: command not found]のエラーで失敗する事例についてご紹介

いたします。

【問題】

VSEL をインストールする時に、以下のエラーが発生してインストールに失敗

するケースがあります。

インストール失敗時の出力:

-----------

McAfeeVSEForLinux-1.9.0.28822-installer: line ****: groupadd: command not found

root: installer: failed to create group nailsgroup

-----------

【原因】

Linux OS にVSELをインストールいただくには root 権限が必要となります。

一般ユーザでログインした状態では、インストールはできません。

sudo コマンドを付与することでログインしたユーザでroot 権限でインスト

ールコマンドを実行させることは可能です。

しかし、sudo によるインストールは、権限は root となっていても環境変数

が引き継がれません。

VSEL本体のインストーラはシェルスクリプトで構成されており、ユーザやグル

ープの追加などroot ユーザの環境変数が利用できる(PATHが通っている)

ことを前提にされた形式になっているため、インストールスクリプト内で実行

される useradd やgroupadd などのコマンドについて、PATH が通っていない

場合、上記のエラーでインストールに失敗する場合があります。

【対応策】

製品のインストールが失敗した場合の対応策として、su - コマンドを利用して

root ユーザになった状態でのインストールをお試しください。su - コマンド

でroot ユーザになれば、環境変数も引き継がれますので、インストールスクリ

プト内のuseradd やgroupadd などのコマンドも問題なく実行されます。

インストール実行コマンド例:

-----------

[test@RHEL63x64 Desktop]$ su -

Password: <root ユーザのパスワードの入力>

[root@RHEL63x64 ~]# bash McAfeeVSEForLinux-1.9.0.28822-installer

-----------

なお、関連トピックとして製品のインストールにあたって事前に必要となる

パッケージについて、弊社ナレッジベースに記載をしておりますので、併せ

てご確認ください。

[URL] VSE for Linux 1.9 on CentOS 6.4 Minimal install requirements

https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB78847

今後ともマカフィー製品をご愛顧くださいますよう宜しくお願い致します。

マカフィーテクニカルサポートセンター

0 件の賞賛