キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 
Highlighted

ENS10.6を配備すると,Win10(1709)のウィルスと脅威の防止が有効になってしまう

解決策を見る

ENS10.5導入PCへ,ENS10.6を更新配備しました。

数日後,いつのまにかWindows Defender セキュリティセンターの「ウィルスと脅威の防止」各項目が有効になってしまっていることに気づきました。

EndpointSecurity10.6の脅威対策,WEB対策は問題無く有効になっています。

妙にPCの動作が重くなったりしていたところ,Defenderの通知がリポップしたため気づきました。

一方,最初にENS10.5を入れる前に手動で無効にした「アプリとブラウザーコントロール」のほうは,無効のままでした。

通常,ウィルスと脅威の防止は,ENSインストールタイミングで自動的に無効にされると認識していましたが,仕様が変わったのでしょうか。

この「ウィルスと脅威の防止」を,無効状態を維持することはできませんか?

ラベル(1)
1 件の受理された解決策

受理された解決策

Re: ENS10.6を配備すると,Win10(1709)のウィルスと脅威の防止が有効になってしまう

解決策を見る

ENS脅威対策だけが不完全な状態となり,WindowsDefenderが無効にならない症状が解決しました。

USB接続周辺機器のうち,少々特殊な入力装置の,UIを備えたドライバが原因だったようです。

キーセットアップ用のユーティリティを削除し,その入力装置を外してPC再起動後では正常動作していなかったのですが,翌日起動した時には問題無くENS脅威対策が動作し,オンデマンドも動作するようになりました。WindowsDefenderもきちんと無効になっています。

 

ENSの製品いずれかが,ENSコンソールは表示出来るが一部項目にて赤文字メッセージが出ているなど,不完全な状態になってしまった場合は,余計なツールやドライバを一旦削除してPCをシャットダウン起動して様子を見ると良いようです。

8 件の返信
McAfee Employee fohira
McAfee Employee
不適切なコンテンツを報告
メッセージ2/9

Re: ENS10.6を配備すると,Win10(1709)のウィルスと脅威の防止が有効になってしまう

解決策を見る

r-kohaku さん、こんにちは。
McAfee Community のご利用ありがとうございます。
 
Windows 10 OS への EndpointSecurity 脅威対策インストール後、EndpointSecurity は Windows アクションセンター (WAC) に EndpointSecurity 脅威対策がインストールされた事を通知します。
WAC が EndpointSecurity 脅威対策のインストールを認識すると Windows Defender は Windows Anti-Malware agreement に基いて無効になります。
 
無効化されていた Windows Defender が自動的に有効化されていた場合、OS 側で何らかの問題が発生している可能性がございます。
EndpointSecurity がインストール済みであり、脅威対策が有効化された状態であれば、通常 Windows Defender ウィルスと脅威の防止の無効化が継続します。
 
Windows Defender を再度無効化いただき、事象が再発する場合は EndpointSecurity の再インストールによって WAC が適切な情報を認識できる場合もございます。
お役に立てば幸いです。

Re: ENS10.6を配備すると,Win10(1709)のウィルスと脅威の防止が有効になってしまう

解決策を見る

ありがとうございます,OSに問題が発生している可能性があるのですね。

Windows10のパソコン数台を調べたところ,Windows Defender セキュリティセンターの,「リアルタイム保護」が有効にもどってしまったのは,今のところ1台のみのようです。

本日も「リアルタイム保護」が有効に戻っていたので,無効にしてみまると,「ウィルス対策を確認する/WindowsDefenderウィルス対策とEndpointSecurityの両方が無効になっています~」とスライドメッセージがでてしまいました。

 

イベントログなども調べつつ,このPCについては,一旦EndpointSecurityを削除し,再度インストールしてみます。 

 

 

 

Re: ENS10.6を配備すると,Win10(1709)のウィルスと脅威の防止が有効になってしまう

解決策を見る

残念ながら他のPCではより重い症状になっていました。

そのPCは,ENS全部を削除タスクを流して,入れ直してみます。

そのPCは,ePOマネジャ画面でのシステム詳細の製品一覧では,「success」になっていて判別がつきません。何かアプリやアプリの更新プログラムをいれようとして,はいらなくて気づくという状態でした。

大多数のPCでは,問題無くENS10.6になっているのですが・・・

 

もう少し調べて見ます。

Re: ENS10.6を配備すると,Win10(1709)のウィルスと脅威の防止が有効になってしまう

解決策を見る

まず1台,軽微な,他アプリのパッチもWindowsUpdateも可能な,使用するに支障を感じないほうのPCで試しました。

  1. EndpointSecurity脅威対策をプログラムと機能から削除
  2. シャットダウンして起動
  3. ePOサーバータスクでそのシステムのみへ,製品配備タスクを作成,脅威対策のみをセット
  4. PCへAgentウェークアップ
  5. インストール処理開始し完了と出るが,脅威対策が入っていない。WindowsDefenderの「ウィルスと脅威の防止」には「!」マークがついており「有効にする」とある。
  6. 「有効にする」をクリックすると,「操作は不要です」になり,WindowsDefenderの脅威の防止が有効になる。

 このままでは危険なので,有効にしましたが・・・

システムイベントログをみると,EndpointSecurityの名で,エラーが記録されていました。

ログの名前: Application
ソース: MsiInstaller
日付: 2018/08/23 14:48:57
イベント ID: 1013
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: SYSTEM
コンピューター: ---略---
説明:
製品 : McAfee Endpoint Security プラットフォーム -- このコンピュータには、このアプリケーションのより新しいバージョンが既にインストールされています。 このバージョンをインストールするには、まずその新しいバージョンをアンインストールしてください。 「OK」 をクリックするとウィザードが閉じます。
イベント XML:
<Event xmlns="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event">
<System>
<Provider Name="MsiInstaller" />
<EventID Qualifiers="0">1013</EventID>
<Level>2</Level>
<Task>0</Task>
<Keywords>0x80000000000000</Keywords>
<TimeCreated SystemTime="2018-08-23T05:48:57.075506100Z" />
<EventRecordID>31905</EventRecordID>
<Channel>Application</Channel>
<Computer>---略---puter>
<Security UserID="S-1-5-18" />
</System>
<EventData>
<Data>製品 : McAfee Endpoint Security プラットフォーム -- このコンピュータには、このアプリケーションのより新しいバージョンが既にインストールされています。 このバージョンをインストールするには、まずその新しいバージョンをアンインストールしてください。 「OK」 をクリックするとウィザードが閉じます。</Data>
<Data>(NULL)</Data>
<Data>(NULL)</Data>
<Data>(NULL)</Data>
<Data>(NULL)</Data>
<Data>(NULL)</Data>
<Data>
</Data>
<Binary>7B36443230463337462D303543422D343031452D383341332D4445423933423239313936457D</Binary>
</EventData>
</Event>

今回,脅威対策のみを削除し,platformやWEB管理とファイアウォールを残したまま,脅威対策を再度配備したのですが,再配備の場合は,全てのMcAfeeコンポーネントを削除してからでなければなりませんか?

 

McAfee Employee fohira
McAfee Employee
不適切なコンテンツを報告
メッセージ6/9

Re: ENS10.6を配備すると,Win10(1709)のウィルスと脅威の防止が有効になってしまう

解決策を見る

r-kohaku さん、こんにちは。
McAfee Community のご利用ありがとうございます。
 
Endpoint Security 脅威対策のみの再インストールや再配備は、製品の動作としてご実施いただけます。
※ Endpoint Security プラットフォーム、脅威対策、WEB 管理、ファイアウォールがインストールされた環境から脅威対策のみをアンインストールし、再度脅威対策のみをインストールする
 
転記いただいた出力エラーは、対象システムにインストール済みの Endpoint Security コンポーネントよりも、低いバージョンの Endpoint Security コンポーネントのインストールが行われた事を示しています。
ダウングレードをサポートしておりませんため、本出力によってインストール処理が失敗する動作となります。
 
上述事項と重複しますが、同バージョンの Endpoint Security 脅威対策であれば、脅威対策のみのアンインストールと再インストールが通常は可能です。

Re: ENS10.6を配備すると,Win10(1709)のウィルスと脅威の防止が有効になってしまう

解決策を見る

まず,今回失敗した原因は,TP10.6ではなくFW10.6を誤って製品配備にセットしてしまっていました。

 

再度TP10.6の配備タスクをPCへ実行してみたところ,WindowsDefenderは無効になりましたが,「サンプルの自動送信」は有効のままとなり,

TPの設定画面にて「オンアクセススキャナ」や「隔離マネージャー」などが「設定の読み込み中にエラーが発生しました」と表示されています。

 

元々WindowsUpdateの後からおかしくなってきたPCなので,後日初期化してみることにします。

もう一台のほうもWindows10(1709)ですが,そちらは詳細を確認できていません。

Re: ENS10.6を配備すると,Win10(1709)のウィルスと脅威の防止が有効になってしまう

解決策を見る

結論として,重篤なほうはENSを全て削除したあと,ENSを配備し直しただけで正常に入りました。

むしろ脅威対策だけおかしな状況のほうは改善せず,フルスキャンもオンアクセススキャンも有効になりませんので,McAfeeテクニカルサポート担当様へお願いすることとなりました。

Re: ENS10.6を配備すると,Win10(1709)のウィルスと脅威の防止が有効になってしまう

解決策を見る

ENS脅威対策だけが不完全な状態となり,WindowsDefenderが無効にならない症状が解決しました。

USB接続周辺機器のうち,少々特殊な入力装置の,UIを備えたドライバが原因だったようです。

キーセットアップ用のユーティリティを削除し,その入力装置を外してPC再起動後では正常動作していなかったのですが,翌日起動した時には問題無くENS脅威対策が動作し,オンデマンドも動作するようになりました。WindowsDefenderもきちんと無効になっています。

 

ENSの製品いずれかが,ENSコンソールは表示出来るが一部項目にて赤文字メッセージが出ているなど,不完全な状態になってしまった場合は,余計なツールやドライバを一旦削除してPCをシャットダウン起動して様子を見ると良いようです。

Member Rewards
McAfee Community rewards active and helpful members just like you. Click here to take a look at the first community members who received a special reward and were recognized by McAfee leader, Aneel Jaeel, for their participation and trusted knowledge in the community.