キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Windows PE5.0 版 DETech/DEOpalTech (x64) メディア (USB) 作成手順

 

環境

McAfee Drive Encryption (MDE) 7.2.8
Windows10
Windows PE 5.0

 

概要

本手順では、Windows 10 環境の MDE 7.2.8 における WinPE5.0 版 DeTech メディア (x64) [USB 版] のを作成手順を以下の流れでご紹介します。

1.Windows Assessment and Deployment Kit (ADK) のインストール
2.Windows PE add-on for the ADK のインストール ※ 上記 1.が Windows ADK 1809 以降の場合に必要
3.WinPE イメージの作成
4.WinPe_tech.cmd を用い、DETech イメージを作成
5.DETech USB メディアの作成

 

事前の準備


・USB メディア (300MB 以上の容量が必要)
・MDE 7.2.8 用 EETech.zip
・Windows 10 用 Windows アセスメント & デプロイメント キット (Windows ADK)
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/get-started/adk-install
※ 端末の OS バージョンに対応した ADK をダウンロードしてください。
・Windows PE add-on for the ADK ※ Windows ADK 1809 以降の場合に必要

 

作成手順

 

■ 1.Windows Assessment and Deployment Kit (ADK) のインストール

① 事前にダウンロードした ADK (adksetup.exe) を管理者モードで実行します。

1.jpg

② 「場所の指定」で [次へ] をクリックします。

1.jpg

③ 「Windows キット プライバシー」において、「いいえ」を選択して、[次へ] をクリックします。

2.jpg

④ 「使用許諾契約」において、内容をお確かめのうえご同意の場合、[同意する] をクリックします。

3.jpg

⑤ 「インストールを行う機能を選択してください」において、”Deployment Tools””Windows PE” を選択して、[インストール] をクリックします。
※ Windows ADK 1809 以降の場合は、”Windows PE" は表示されませんので、以降の手順2でアドオンのインストールが必要です。

4.jpg

⑥ 「機能をインストールしています...」において、インターネットから必要なコンテンツのダウンロードが開始されます。

5.jpg

⑦ 「Windows 10 へようこそ」において、そのまま [閉じる] クリックして ADK のインストールを完了します。

6.jpg

 

■ 2.Windows PE add-on for the ADK のインストール

※ 上記 1.の手順で Windows ADK 1809 以降を利用時には、別途このアドオンのインストールが必要になります。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/get-started/adk-installDownload the Windows PE add-on for the ADK のリンクから、adkwinpesetup.exe をダウンロードして管理者モードで実行します。

② 「Specify Location」で [Next] をクリックします。

9.jpg

③ 「Windows Kits Privacy」において、「No」を選択して、[Next] をクリックします。

10.jpg

④ 「License Agreement」において、内容をお確かめのうえご同意の場合、[Accept] をクリックします。

11.jpg

⑤ 「Select the features you want to install」において、”Windows PE” を選択して、[Install] をクリックすると、インターネットから必要なコンテンツのダウンロードが開始されます。

12.jpg

⑥ 「Windows 10!」が表示されましたら、そのまま [Close] をクリックしてアドオンのインストールを完了します。

13.jpg

 

■ 3.WinPE イメージの作成

① Windows のスタートメニューから「展開およびイメージングツール環境」を管理者として実行し、コマンドプロンプトを起動します。

7.jpg

② 以下のコマンドを実行して、イメージを作成します。

copype.cmd amd64 c:\winpe_amd64
※ winpe_amd64 のフォルダはコマンド実行により自動で作られます。

③ イメージの作成が完了すると Success が表示されます。

14.jpg

 

■ 4.WinPe_tech.cmd を用い、DETech イメージを作成

① コマンドプロンプトにおいて、EETech-7.2.8.4.zip を展開した WinPE のフォルダに移動します。

② 以下のコマンドを実行して、イメージを作成します。

WinPe_tech.cmd c:\winpe_amd64 64 pc

③ DETech イメージの作成が完了すると、「操作は正常に完了しました。 Success!」と表示されましたら、コマンドプロンプトを閉じて終了します。

15.jpg

 

■ 5.DETech USB メディアの作成

① DETech イメージを作成した端末に USB を接続します。

② 「展開およびイメージングツール環境」を管理者として起動します。

③ 以下のコマンドを実行しすると、WARNING の警告が表示されます。※ Y キーを押すと、USB のフォーマットが開始されますのでご注意ください。

Makewinpemedia /ufd C:\winpe_amd64 😧
😧 の部分は接続した USB のドライブを指定してください。

16.jpg

④ Y キーを押すと、USB のフォーマット後に WinPE のメディアの作成が開始され、Success が表示されたら完了です。

17.jpg

 

利用方法

作成した USB メディアを使用した Remove DE の実施手順につきましては、リカバリガイド「23 Remove DE実施手順(Windows PE 5.0版DETech)」をご参照ください。

※ DE Tech 画面において、File による Authentication を行う場合には、あらかじめ作成した WinPE の USB メディアにリカバリ用の XML ファイルを保存しておいてください。
※ 本手順で作成した USB メディアにて DE Tech 画面を表示する際には、コマンドプロンプトにて EETech.exe ではなく、EETech64.exe を実行してください。

ラベル(1)
寄稿者:
バージョン履歴
改訂番号
13/13
最終更新:
‎05-27-2019 09:58 PM
更新者: