キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Endpoint Encryption for PCs 5.2.x サポート終了に関するよくある質問 (FAQ)

Endpoint Encryption for PCs 5.2.x サポート終了に関するよくある質問 (FAQ)

Q.サポート終了日を迎えるとどうなりますか?

A.製品テクニカルサポート、および製品ライセンスファイルの発行申請 (更新・新規発行) を受けられなくなります。

Q.対処として何をすれば良いですか?

A.後継製品の McAfee Drive Encryption 7.x (MDE) へ 移行して下さい。

Q:どのように MDE へ移行しますか?

A:製品ダウンロードサイトから MDE を入手し下記マイグレーションガイドを参考に移行して下さい。

- 製品ダウンロードサイト (ログインには有効な承認番号が必要です)

http://www.mcafee.com/japan/licensed2/

- McAfee Drive Encryption 7.x マイグレーションガイド (5.x ユーザー向け)

https://community.mcafee.com/docs/DOC-8103

Q.サポート終了日以降も、製品を使用し続けるとどうなりますか?

A.製品ライセンス期限の期日に達しない限り、機能上の制限はございません(但し、全ての機能が正常に使用できることを保障しているということではございません。また、新たな問題が発生してもお問い合わせに対応することはできません)。

 インテルセキュリティでは、サポート終了製品の継続使用は控えて頂く事を強く推奨致します。

Q.製品ライセンス期限が切れたらどうなりますか?

A.下記操作が実行できなくなります(その他の機能が正常に使用できることを保障しているということではございません。また、新たな問題が発生してもお問い合わせに対応することはできません)。

- EEMへユーザーオブジェクトの追加

- EEMへマシンオブジェクトの追加

- Scripting Tool の使用

例1)マシンオブジェトの追加が出来なくなる事により、EEPCがインストールされたマシンをリカバリし、再度EEPCをインストールしようとしてもEEMへマシンを追加できません。

この場合、旧マシンオブジェクトをEEMから削除しても、新しく追加はできませんのでご注意下さい。

例2)Scripting Toolの使用が出来なくなる事により、マイグレーション時に使用するEEMigration.exeも使用できなくなります。

この場合は、EEMigration.exeを使用せずにマイグレーションする必要があります。

Q.製品ライセンスファイルの発行申請はいつまで可能ですか?

A.2016年6月29日(水) まで可能です。サポート終了日の1日前までとなりますのでご注意下さい。

Q.製品ライセンス期限とサポート終了日は同じですか?

A.いいえ。

 製品サブスクリプションライセンス期限とサポート終了日は同一ではありません。また永久的使用許諾ライセンスでご契約の方は、ライセンス期限は設けられておりません。

Q.製品ライセンスの有効期限は、どのように確認できますか?

A.下記の手順にしたがって、ライセンスの有効期限を確認することができます。

  1. Endpoint Encryption Manager にログインします。
  2. [ファイル(F)] – [ライセンス情報(I)]をクリックします。
    lisence1.png
  3. 赤枠で囲まれた期限切れ項目の日付が、ライセンスの有効期限となります。(この例では、2014/12/31 でライセンスの有効期限が切れています。)
    lisence2.png
  4. 永久的使用許諾ライセンス (パーペチュアルライセンス) をお持ちの場合は、期限切れ項目の値がなしとなります。
    lisence3.png
ラベル(1)
バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎05-18-2016 11:56 PM
更新者: