SaaS Email/Web Protection サービスにて発生している問題について

バージョン 1

    ○ お知らせ

    2016年6月9日現在、SaaS Email/Web Protection サービスにおきまして、以下の問題が発生しております。

    問題を解消するべく、調査をおこなっておりますので復旧まで今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。

     

    本件に関する最新の情報は以下よりご確認いただけます。(英文)

     

    <Service Alert>

    https://support.mcafeesaas.com/mcafee/_cs/BusinessDisplay.aspx?sSessionID=&did=1

     

    事象:

    メッセージ監査

    - 検索を実行した際に、すべてのデータが表示されない場合があります。5月31日以降にデータベースに書き込まれたメッセージ情報は検索および表示可能です。6月1日より 前のヒストリカルデータは現在復旧作業中です。

     

    隔離

    - すべての隔離メッセージが表示されない場合があります。6月4日午前3時(日本時間)より前に受信したいくつかのメッセージへアクセス出来ない場合があります。

    - 隔離メッセージを解放した際に、遅延が発生する場合があります。遅延は古いメッセージにおいて顕著になる可能性があります。

     

    ※隔離メールが削除されることを防ぐための対処として、隔離期間が7日にセットされているお客様の保持期間を延長しています。

     

    Message Continuity

    - Disaster Recovery イベント発生後のUnspool時に遅延が発生する可能性があります。

    - Message Continuity のすべてのメッセージが表示されない場合があります。6月4日午前3時(日本時間)より前のメッセージの一部へアクセス出来ない場合があります。

     

    Web Protection Service

    - すべてのForensicsデータを表示することが出来ません。ヒストリカルデータは現在復旧作業中です。

    - 状況によりポリシーの反映に遅延、あるいは反映されない事象が発生することがあります。

     

    また、上記に加え Control Console の パフォーマンス低下も確認されているため、ログインや設定変更に影響が発生する場合もございます。

     

    ご迷惑およびご不便をおかけいたしますこと、お詫び申し上げます。