Intel Security SNS 毎週のまとめ (2016 年 3 月 29 日)

バージョン 1
    Intel Security SNS 毎週のまとめ

    2016 年 3 月 29 日

     

    今週お届けした情報は次のとおりです。すべての内容をお読みになるには、下方にスクロールしてください。

    1. Data Exchange Layer 2.2.0 のリリース
    2. Vulnerability Manager FSL コンテンツ更新 (2016 年 3 月 24 日)
    3. Enterprise Mobility Management 12.0 Patch 6 のリリース
    4. Network Security シグネチャ セットのリリース情報 (8.7.74.4)

    Web キャスト: Data Protection: 監視からブロックへの移行
    2016 年 4 月 13 日 水曜日

    登録: https://events.demand.intelsecurity.com/ISecWebcast-4-13-16?s=MFESNS
    11:00AM 西部時間 | 1:00PM 中部時間 | 2:00PM 東部時間

     

    Foundstone サービスが、Data Loss Prevention (DLP) のポリシー、実行、および配備に関する詳細を説明します。Data Protectionを使用してデータの侵害を迅速に検知して通知し、サイバー犯罪者を発見して、データ漏洩のリスクを大幅に低減しつつビジネスの効率も維持する方法を 学びます。

    ProTips

    SIEM に関する ProTip:  Enterprise Security Manager 9.4.x、9.5.x のデータ ソース構成ガイドの見つけ方
    https://community.mcafee.com/docs/DOC-8386


    今週のお知らせ

    1.3 月 22 日 - Data Exchange Layer 2.2.0 のリリース

    Data Exchange Layer 2.2.0 がリリースされました。このリリースには、次の新機能、修正、機能強化が含まれています。

    • DXL は、Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 のパッケージに含まれる Hyper-V 仮想化ソフトウェアで Intel® ネットワーク インターフェース カードを使用する場合にサポートします。
    • DXL Windows クライアント インストーラーで、vtpinfo.exe の完了の待機時間が短すぎるため、インストールが失敗します。vtpinfo.exe の待機時間を大きくしました。
    • 前バージョンの DXL プラットフォーム OVA とともに出荷された glibc のバージョンには CVE-2015-7547 の脆弱性が存在します。2.2.0 DXL プラットフォームのインストール時には、新バージョンの glibc がインストールされます。

    Data Exchange Layer 2.2.0 は、製品ダウンロード サイト: http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx から入手できます。

     

    変更の詳細については、PD26407: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26407 でリリース ノートをご覧ください。

     

    既知の問題については、KB85370: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB85370 をご覧ください。


    2.3 月 24 日 - Vulnerability Manager FSL コンテンツ更新 (3/24/2016)

     

    Intel Security は、新しい Vulnerability Manager FSL コンテンツ更新をリリースしました。

     

    新しい McAfee 検査: 183
    機能強化された McAfee 検査: 113
    削除された McAfee 検査: 3

     

    詳細情報は、リリース ノート ドキュメント
    http://www.mcafee.com/us/content-release-notes/foundstone/index.aspx をご覧ください。

     

    CSV 形式のレポートは
    https://community.mcafee.com/community/business/risk_compliance/vuln?view=docume nts をご覧ください。

     

    FSUpdate が、自動的に FSL スクリプト/Tテンプレートの更新をチェックするように設定されている場合は、適切なパッケージが自動的にダウンロードされて適用されます。

     

    パッケージの自動適用を行わない場合には、FSUpdate オプションで FSL スクリプト/テンプレート更新の選択を解除してください。パッケージを手動でダウンロードして適用するには、http://update.foundstone.com にログインしてください。

     

    3.3 月 24 日 - Enterprise Mobility Management 12.0 Patch 6 のリリース

     

    McAfee Enterprise Mobility Management (EMM) 12.0 Patch 6 がリリースされました。

    このパッチには以下の修正が含まれます。

    • サポートされていないデバイス カルチャーのあるデバイスへのプッシュ通知が送信されない。
    • 2 台目以降の Android M デバイスを EMM サーバーでプロビジョニングできない。

    Enterprise Mobility Management Patch 6 は、製品ダウンロード サイト: http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx から入手できます。

     

    変更の詳細については、PD26402:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26402 でリリース ノートをご覧ください。


    4.3 月 24 日 -  Network Security シグネチャ セットのリリース情報 (8.7.74.4)

     

    次の Network Security シグネチャ セットがリリースされご利用いただけます。

     

    •  8.7.74.4 

     

    アップデートされた SigSet 情報は、KnowledgeBase 記事 KB55446、KB55448、KB50726 をご覧ください。これらの記事を参照するには、ServicePortal ユーザーとしてログインする必要があります。記事を参照するには、 https://support.mcafee.com にログインして記事の ID を検索してください。

     

    SigSet のリリースは、
    製品ダウンロード サイト (http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx) から入手可能です。
    •  Menshen (https://menshen1.intruvert.com)