Intel Security SNS 毎週のまとめ (2016 年 3 月 22 日)

バージョン 1
    Intel Security SNS 毎週のまとめ

    2016 年 3 月 22 日

     

    今週お届けした情報は次のとおりです。すべての内容をお読みになるには、下方にスクロールしてください。

    1. ePolicy Orchestrator 5.x HotFix 1124228 のリリース
    2. Threat Intelligence Exchange のコンテンツ更新 424
    3. Vulnerability Manager FSL コンテンツ更新 (2016 年 3 月 17 日)
    4. File and Removable Media Protection 5.0.1 および Conduit Platform 1.1 のリリース

     

    サポート終了 (EOL)

     

    通知 以下のサポート終了 (EOL) 通知は以前送信されていますが、確認のために再公開されています。詳細は、製品ライフサイクルのページ (

    http://mcafee.com/us/support/support-eol.aspx) と、記事へのリンクをご覧ください。

     

     

    Web キャスト: Data Protection: 監視からブロックへの移行

     

    2016 年 4 月 13 日 水曜日

     

     

    登録: https://events.demand.intelsecurity.com/ISecWebcast-4-13-16?s=MFESNS

     

    11:00AM 西部時間 | 1:00PM 中部時間 | 2:00PM 東部時間

     

    Foundstone サービスが、Data Loss Prevention (DLP) のポリシー、実行、および配備に関する詳細を説明します。Data Protectionを使用してデータの侵害を迅速に検知して通知し、サイバー犯罪者を発見して、データ漏洩のリスクを大幅に低減しつつビジネスの効率も維持する方法を 学びます。

     


    今週のお知らせ

     

    1.3 月 17 日 - ePolicy Orchestrator 5.x HotFix 1124228 のリリース

     

    ePolicy Orchestrator (ePO) 5.x HotFix 1124228 がリリースされました。このリリースの詳細には以下が含まれます。

    • この HotFix は、2016 年 2 月 1 日にリリースされた HF1117371 を置き換えます。
    • 潜在的な互換性の問題を避けるために、HF1117371 が適用済みの場合でもこの HotFix を適用してください。
    • この HotFix は、SB10148 - Intel Security - セキュリティ情報: ePolicy Orchestrator のアップデートによる複数の Oracle Java の脆弱性の修正: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=SB10148 に説明のあるセキュリティの問題を解決します。

    ePO 5.x HotFix 1124228 (EPO5xHF1124228.zip) は、製品ダウンロード サイト (http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspx) からダウンロードできます。

     

    変更の詳細については、PD26354: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26354 でリリース ノートをご覧ください。

     

    2.3 月 17 日 - Threat Intelligence Exchange のコンテンツ更新 424

     

    Threat Intelligence Exchange のセキュリティ コンテンツ更新 424 をリリースしました。

     

    この更新は、2016 年 3 月 15 日に更新リポジトリに公開されました。

     

    詳細については、リリース ノート (http://www.mcafee.com/us/content-release-notes/threat-intelligence-exchange/inde x.aspx) をご覧ください。

     

    3.3 月 17 日 - Vulnerability Manager FSL コンテンツ更新 (3/17/2016)

     

    Intel Security は、新しい Vulnerability Manager FSL コンテンツ更新をリリースしました。

     

    新しい McAfee 検査: 234

    機能強化された McAfee 検査: 1

    削除された McAfee 検査: 5

     

    詳細情報は、リリース ノート ドキュメント:http://www.mcafee.com/us/content-release-notes/foundstone/index.aspxをご覧ください。

     

    CSV 形式のレポートは: https://community.mcafee.com/community/business/risk_compliance/vuln?view=docume nts をご覧ください。

     

    FSUpdate が、自動的に FSL スクリプト/Tテンプレートの更新をチェックするように設定されている場合は、適切なパッケージが自動的にダウンロードされて適用されます。

     

    パッケージの自動適用を行わない場合には、FSUpdate オプションで FSL スクリプト/テンプレート更新の選択を解除してください。パッケージを手動でダウンロードして適用するには、http://update.foundstone.com にログインしてください。

     

    4.3 月 17 日 - File and Removable Media Protection 5.0.1 および Conduit Platform 1.1 のリリース

     

    File and Removable Media Protection (FRP) 5.0.1 および Conduit Platform 1.1 がリリースされました。これは、

     

    FRP 5.0.1

    を含む新機能、修正、および機能強化を含むフィーチャー パック リリースです。

    • Office 2010 による MicrosoftOneDrivefor Business の限定的サポート。詳細は、KB86791: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB86791 をご覧ください。
    • Windows スクリーン ロック トリガーの、鍵の使用に基づいた鍵のコンテキスト対応のアンロード方法の機能強化
    • 管理者の支援によるオプティカル メディアのヘルプデスク復旧
    • リムーバブル メディアのレポート機能強化: デバイス イベントtpオプティカル メディア: デバイス イベント クエリー

    Conduit Platform 1.1

    • 改良された Conduit Platform サーバー セットアップのインストーラー パッケージの提供予定
    • Conduit Platform サーバーのパフォーマンス/スケーリングの強化による、モバイル デバイスからの毎秒 500 件までのクエリーのサポート

    注: Conduit Platform 1.1 は、ユーザーが McAfee Endpoint Assistant 2.0.x を使用して FRP で暗号化されたファイルをモバイル デバイスで参照できるようにする場合にのみ必要です。

     

    FRP 5.0.1 および Conduit Platform 1.1 は、製品ダウンロード サイト http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspx から入手できます。

     

    FRP 5.0.1 の修正と変更の詳細は、PD26313: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26313 でリリース ノートをご覧ください。

     

    FRP 5.0.1 の既知の問題については、KB85807: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB85807 をご覧ください。

     

    Conduit Platform 1.1 の変更の詳細については、PD26311: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26311 でリリース ノートをご覧ください。