Intel Security SNS 毎週のまとめ (2015 年 11 月 12 日)

バージョン 2

    SNS 毎週のまとめは 11 月 17 日より毎週火曜日 (米国中部時間) に変更となります。

    Intel Security SNS 毎週のまとめ

     

    2015 年 11 月 12 日

     

    今週お届けした情報は次のとおりです。

    リリース情報

    1.  11 月 9 日 McAfee Security For Microsoft Exchange 8.5 Patch 1 のリリース
    2.  11 月 9 日 File and Removable Media Protection 5.0 のリリース
    3.  11 月 9 日 Network Data Loss Prevention 9.3.4 のリリース
    4.  11 月 9 日MOVE Multi-Platform 3.6.1 - Hotfix 1102842 のリリース

     

    シグネチャの更新とコンテンツのリリース

     

    5.  11 月 5 日、10 日、11 日 Vulnerability Manager FSL のコンテンツ更新
    6.  11 月 10 日 Network Security シグネチャ セットのリリース情報 (8.7.66.3)
    7.  11 月 10 日Host Intrusion Prevention のセキュリティ コンテンツの更新

     

    サポート終了のお知らせ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

    EOL製品/バージョン
    8.2015 年 12 月 30 日Endpoint Intelligence Agent 2.4.2
    9.2015 年 12 月 31 日ePolicy Orchestrator 4.6
    10.2015 年 12 月 31 日SiteAdvisor Enterprise Plus 3.0
    11.2015 年 12 月 31 日VirusScan Enterprise 8.7i
    12.2015 年 12 月 31 日Security for Microsoft Exchange 7.6
    13.2015 年 12 月 31 日GTI Proxy - すべてのバージョン
    14.2015 年 12 月 31 日Web Gateway 7.3.x

    詳細については、サポート終了となる製品: http://www.mcafee.com/us/support/support-eol.aspx をご覧ください。


    Web キャスト: Intel Security TechTalk - 2015 年 11 月 19 日

     

    Web キャスト: Intel Security TechTalk: DLPe 9.4 について
    9:00AM 西部時間 (UTC -8 時間) / 11:00AM 中部時間/ 12:00PM 東部時間
    ベルリン: 6:00PM  ヨーロッパ中央時間  UTC+1 時間
    東京: 2:00AM  日本時間 UTC+9 時間
    シドニー: 4:00AM  オーストラリア東部夏時間 UTC+11 時間
    ニューデリー: 10:30PM インド標準時間 UTC+5:30 時間
    この TechTalk Web キャストでは、SEO メンバーのグレッグ・ロスおよびアミール・ヤールが、新しい DLPe 9.4 製品スイートのリリースについてご説明します。このセッションでは、当社の専門スタッフがデモを行って、新しい DLP Discover 製品、新しい ePO ネイティブの管理インターフェース、新しい印刷防止のアーキテクチャと Chrome のサポートなどの新しい機能についてご説明します。さらに、9.3 から 9.4 への移行、また、新しい 9 のロールアウトなどの項目も含まれます。4.この Web キャストに興味がありそうな方が社内にいらっしゃいましたら、この招待を転送してください。


    ProTips
    ProTips では、製品固有のトラブルシューティング、ベスト プラクティス、製品の使い方を説明し、Knowledge Center の関連記事を紹介しています。

     

    ePO に関する ProTip:  ePO システム ツリー内の各 Mac システムの複数のエントリ
    SIEM に関する ProTip: Amazon Web サービス SIEM VM の有効化の方法とフォローアップ

    その他の ProTips は、ご使用の製品の Community をご覧ください。 https://community.mcafee.com

    1. McAfee Security for Microsoft Exchange 8.5 Patch 1 のリリース

     

    2015 年 11 月 9 日

    McAfee Security for Microsoft Exchange (MSME) 8.5 Patch 1 (8.5.1) がリリースされました。これは、MSME 8.5 の既存のユーザーすべてに必須のパッチです。
    このリリースには、次の新機能、修正、機能強化が含まれています。
    • Microsoft Exchange 2016 のサポート
    • 5800 ウイルス対策スキャン エンジンとの事前パッケージ化
    • 新しいコンテンツ スキャン エンジン 4.8
    • 複数のバグ修正
    このパッチは、ダウンロード サイト (http://mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx) または ePolicy Orchestrator ソフトウェア マネージャーから入手できます。ダウンロード パッケージには製品の完全なインストールが含まれています。
    変更の詳細については、PD26218 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26218) でリリース ノートをご覧ください。
    このリリースの既知の問題のリストは、KB82213 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB82213) をご覧ください。
    コンテンツ スキャン エンジンのアップグレードの詳細は、KB84922 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84922) をご覧ください。

    2. File and Removable Media Protection 5.0 のリリース

    2015 年 11 月 9 日

     

    McAfee File and Removable Media Protection (FRP) 5.0 がリリースされました。このリリースには、次の新機能、修正、機能強化が含まれています。
    Windows FRP クライアント:
    • 認証の強化 - OS ログインから独立した FRP 独自の認証メカニズムが利用できます。
    • Box、Dropbox、Google Drive、および OneDrive などのクラウド ストレージと同期するフォルダーのレポート、監査、暗号化保護。
    • 管理対象のエンドポイント上の USB デバイスの自動ロック解除機能。
    • 管理者の支援による。USB デバイスのチャレンジ応答のリカバリ。
    • ドライバーの強化による安定性とセキュリティの改善。
    • Windows 10 のサポート
    OS X FRP クライアント:
    • MAC システム上の USB メディア保護のサポート。
    McAfee Endpoint Assistant (MEA) 2.0:
    • FRP 暗号化ファイルへのモバイル デバイスの安全なアクセス。
    FRP 5.0 は、マカフィー ダウンロード サイト http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx から入手できます。
    変更の詳細については、PD26186: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26186 でリリース ノートをご覧ください。
    既知の問題については、KB85807: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB85807 をご覧ください。
    MEA 2.0 の変更の詳細は、PD26194: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26194 でリリース ノートをご覧ください。

    3. Network Data Loss Prevention 9.3.4 のリリース

    2015 年 11 月 9 日

    Network Data Loss Prevention 9.3.4 がリリースされました。このリリースには、次の新機能、修正、機能強化が含まれています。
    • ICAP 上で送信される HTTP PUT トラフィックがインシデントをトリガーしない問題の解決 (1083083)
    • エビデンスが 30 MB を超えるとケースが作成されない問題の解決 (925237)
    • 2 TB を超える RFS パーティションが定義されると Stingray サービスが正常に起動できない問題の解決 (1036315)
    • URL 除外が HTTP_POST で機能しない問題の解決 (983362)
    • 暗号化された .zipx ファイルを解凍しようとすると、システム プロセスが失敗する可能性の解決 (1028763)
    Network Data Loss Prevention 9.3.4 は、マカフィー ダウンロード サイト http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx から入手できます。
    変更の詳細については、PD26179: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD2617 でリリース ノートをご覧ください。
    既知の問題については、KB83958: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB8395 をご覧ください。

    4. MOVE Multi-Platform 3.6.1 - Hotfix 1102842 のリリース

     

    2015 年 11 月 9 日

     

    McAfee MOVE Multi-Platform 3.6.1 - HotFix 1102842 がリリースされました。この HotFix は、mvagtdrv.sys (BSOD) 上のシステム クラッシュ BugCheck 50 を解決します。このリリースは以下を含む 2 つのパッケージで構成されています。
    • MOVE-AV  Multi-Platform クライアント ビルド 3.6.1.195
    • MOVE-AV  Multi-Platform オフロード スキャン サーバー ビルド 3.6.1.195
    注: MOVE Multi-Platform 3.6.0 をご使用中のお客様は、システム クラッシュの問題を解決するためにこの HotFix パッケージをインストールする必要があります。
    MOVE Multi-Platform 3.6.1.195 (MOVE-AV-MP_3.6.1.195_HF_1102842.zip) は、ServicePortal at https://support.mcafee.com からダウンロードできます。
    変更の詳細については、PD26224: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26224 でリリース ノートをご覧ください。

    5. Vulnerability Manager FSL コンテンツ更新 

    Intel Security では、Vulnerability Manager FSL のコンテンツ更新をリリースしました。

     

    2015 年 11 月 5 日

     

    新しい McAfee 検査: 96
    機能強化された McAfee 検査: 27
    削除された McAfee 検査: 0

    2015 年 11 月 10 日

     

    新しい McAfee 検査:  70
    機能強化された McAfee 検査: 15
    削除された McAfee 検査: 0

    2015 年 11 月 11 日

     

    新しい McAfee 検査:  111
    機能強化された McAfee 検査: 03
    削除された McAfee 検査: 00
    詳細については、リリース ノートをご覧ください。
    CSV 形式でのレポート:
    FSL スクリプト/テンプレートの更新を自動的に確認するように FSUpdate を設定すると、必要なパッケージが自動的にダウンロードされ、適用されます。
    パッケージの自動適用を行わない場合には、FSUpdate オプションで FSL スクリプト/テンプレート更新の選択を解除してください。パッケージを手動でダウンロードして適用するには、http://update.foundstone.com にログインしてください。

    6.Network Security シグネチャ セットのリリース (8.7.66.3)

    2015 年 11 月 10 日

     

    以下の Network Security シグネチャ セットがリリースされました。
    • 8.7.66.3
    更新されたシグネチャ セットの詳細については、KnowledgeBase の記事 KB55446、KB55448、KB50726 をご覧ください。これらの記事を参照するには、ServicePortal ユーザーとしてログインする必要があります。記事を参照するには、https://support.mcafee.com にログインして記事 ID を検索してください。
    シグネチャ セットのリリースは次の場所で入手できます。
    マカフィー ダウンロード サーバー (http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspx)
    Menshen (https://menshen1.intruvert.com)

    7. Host Intrusion Prevention のセキュリティ コンテンツの更新

     

    2015 年 11 月 10 日

     

    Host Intrusion Prevention のセキュリティ コンテンツ更新 6753 がリリースされました。
    この更新は、2015 年 11 月 10 日にマカフィー更新リポジトリに公開されました。
    詳細については、次のリリース ノートをご覧ください。

    8. Endpoint Intelligence Agent 2.4.2 のサポート終了

     

    Intel Security から、 Endpoint Intelligence Agent 2.4.2 を 2015 年 12 月 30 日にサポートを終了することをお知らせします。
    Intel Security では、Endpoint Intelligence Agent 2.5 にアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。詳細は、KB85069 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB85069) をご覧ください。
    マカフィー製品の EOL リストと方針については、http://mcafee.com/jp/support/support-eol.aspxをご覧ください。

     

    最初のお知らせ: 2015 年 6 月 25 日

    9. ePolicy Orchestrator 4.6 のサポート終了

     

    Intel Security から、ePolicy Orchestrator (ePO) 4.6 を 2015 年 12 月 31 日にサポートを終了することをお知らせします。
    Intel Security では、バージョン ePO 5.1 以降にアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。詳細は、KB84436 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84436) をご覧ください。
    マカフィー製品の EOL リストと方針については、http://mcafee.com/us/support/support-eol.aspx をご覧ください。
    最初のお知らせ: 2015 年 4 月

    10. SiteAdvisor Enterprise Plus 3.0 のサポート終了

     

    SiteAdvisor Enterprise (SAE) Plus 3.0 は、2015 年 12 月 31 日にサポート終了 (EOL) となります。
    McAfee は、この日付以降は、このバージョンの製品とこれに関連するコンポーネントのサポートをご提供いたしません。Intel Security では、最新の製品バージョンにアップグレードしてサポートを継続されることを強くお奨めします。詳細については、KB84554 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84554) をご覧ください。
    マカフィー製品の EOL リストと方針については、http://mcafee.com/us/support/support-eol.aspx をご覧ください。
    最初のお知らせ: 2015 年 5 月 7 日

    11. VirusScan Enterprise 8.7iのサポート終了

     

    VirusScan Enterprise (VSE) 8.7i  2015 年 12 月 31 日に EOL になります。
    McAfee は、この日付以降は、このバージョンの製品とこれに関連するコンポーネントのサポートをご提供いたしません。McAfee では、最新のバージョンにアップグレードして、製品サポートを継続していただくことを強くお奨めします。詳細については、KB84590 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84590) をご覧ください。
    マカフィー製品の EOL リストと方針については、http://mcafee.com/us/support/support-eol.aspx をご覧ください。
    最初のお知らせ: 2015 年 6 月 25 日

    12. Security for Microsoft Exchange 7.6 

     

    のサポート終了
    Intel Security では、Security for Microsoft Exchange 7.6 を以下のスケジュールでサポートを終了します。
    販売終了 - 2015 年 4 月 1 日
    サポート終了 - 2015 年 12 月 31 日
    Intel Security は、EOL 以降は、このバージョンの製品とこれに関連するコンポーネントのサポートをご提供いたしません。Intel Security では、Security for Microsoft Exchange 7.6 リリースをご使用中のお客様は、最新バージョンの Security for Microsoft Exchange 8.0 または 8.5 (最新のパッチ/HotFix を含む) にアップグレードして、製品サポートを継続していただくことを強くお奨めします。
    詳細については、KB84249: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84249 をご覧ください。
    マカフィー製品の EOL リストと方針については、http://mcafee.com/us/support/support-eol.aspx をご覧ください。
    EOL のポリシーの詳細については、Enterprise Products End of Life Policy http://www.mcafee.com/common/media/mcafeeb2b/support/terms/Support_Policy-Produc t_Support_EOL.pdf をご覧ください。
    Security for Microsoft Exchange 7.6 の Exchange 2003 SP2 上のサポート終了の詳細は、KB82250:
    最初のお知らせ: 2015 年 3 月 24 日

    13. End of Life for GTI Proxy - すべてのバージョン 

     

    Intel Security から、GTI Proxy を 2015 年 12 月 31 日にサポートを終了することをお知らせします。
    日程:
    販売終了: 2015 年 1 月 31 日
    サポート終了: 2015 年 12 月 31 日
    サポート終了: 2015 年 12 月 31 日
    移行:
    GTI Cloud 保護を、インターネットへの直接接続なしにシステムに適用する場合は、McAfee では、今後 Threat Intelligence Exchange を使用されることを推奨します。
    TIE with DXL は GTI Proxy に比べてより多くのメリットがあります。詳細は KB83862:
    マカフィー製品の EOL リストと方針については、http://mcafee.com/us/support/support-eol.aspx をご覧ください。
    最初のお知らせ: 2015 年 2 月 5 日

    14. Web Gateway 7.3.x のサポート終了

     

    McAfee Web Gateway 7.3.x のサポートは、2015 年 12 月 31 日に 終了します。
    Intel Security では、最新の McAfee Web Gateway 7.4.x のリリースにアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。
    最新の Web Gateway リリースは、McAfee Content Security Portal: https://contentsecurity.mcafee.com から入手できます。
    マカフィー製品の EOL リストと方針については、http://mcafee.com/us/support/support-eol.aspx をご覧ください。
    最初のお知らせ: 2015 年 1 月 8 日