Intel Security SNS 毎週のまとめ (2015 年 11 月 5 日)

バージョン 3

    SNS 毎週のまとめは 11 月 20 日より毎週金曜日 (日本時間) に変更となります。

     

    Intel Security SNS 毎週のまとめ

    2015 年 11 月 5 日


    リリース情報
    1.10 月 29 日 ePolicy Orchestrator 5.x HotFix 1080544 のリリース
    2.10 月 30 日 NW Security Platform - New NS-5x00 アプライアンスおよび 8.1 ソフトウェアのリリース
    3.10 月 30 日 Host IPS 8.0 for Linux Patch 7 のリリース
    4.11 月 2 日 MOVE Agentless 3.6.1 - SVM *再公開* および DataCenter Connector for OpenStack v3.6.1 のリリース
    5.11 月 2 日 ePolicy Orchestrator 5.x HotFix 1080544 のリリース
    6.11 月 4 日 McAfee Endpoint Protection for Mac 2.3.0 HotFix 1088931 および McAfee VirusScan for Mac 9.8.0 HotFix 1088931 のリリース

    お知らせ
    7.10 月 30 日 McAfee SNS 通知: Malware Support Operations Q3、2015 Malware Awareness Newsletter

    シグネチャの更新とコンテンツのリリース
    8.10 月 29 日 Vulnerability Manager の FSL コンテンツ更新 (2015 年 10 月 29 日)
     
    9.10 月 29 日 Network Security シグネチャ セットのリリース (8.7.65.3)

    サポート終了のお知らせ
    詳細については、サポート終了となる製品をご覧ください。

    10.2015 年 12 月 26 日 EOL Real Time for McAfee ePO (すべてのバージョン)
    11.2016 年 12 月 31 日 EOL McAfee Management of Native Encryption 2.0



    ProTip
    ProTip では、製品固有のトラブルシューティング、ベスト プラクティス、製品の使い方を説明し、McAfee KnowledgeBase の関連記事を紹介しています。


    その他の ProTips は、ご使用の製品のコミュニティを参照してください (https://community.mcafee.com/community/business)。



    イベントとニュース

    Web キャスト: 高度な標的型攻撃に対するサイバー耐性の実現
    11 月 11 日(水曜日)| 登録
    11:00AM 西部時間 / 1:00PM 中部時間 / 2:00PM 東部時間 / 6:00PM グリニッジ標準時

    企業は、セキュリティ インシデントとアラートへの対応に必要なスピードと対応力の実現に苦労しています。しかしこれは、勝利しなくてはならない継続的な闘いです。ガートナーの調査担当 VP アントン チュバキンと Intel Security のグループ製品マネージャー ポール ジンスキーが、攻撃のライフサイクルに亘るインシデント対応の意思決定を短縮するための戦略について探求します。


    Web キャスト: PC からクラウドへ、モバイルへ - あらゆるデバイス上でのデータの保護
    11 月 11 日(水曜日)| 登録
    8:00AM 西部時間 / 10:00PM 中部時間 / 11:00PM 東部時間 / 3:00PM グリニッジ標準時

    共有、共同作業、およびデータの保存のためのクラウド アプリケーションの利用が急激に増加しています。従業員が Box、Dropbox、Google Drive、および Microsoft OneDrive などのクラウド サービスを安全に使用する方法を学びます。Intel Security のソリューションにより、エンドユーザーの使いやすさを維持しながら、暗号化されたファイル セキュリティを PC、クラウド、モバイルの各デバイスに提供します。



    1.更新 - ePolicy Orchestrator 5.x HotFix 1080544 のリリース

    2015 年 10 月 29 日

     

    ePolicy Orchestrator (ePO) 5.x HotFix 1080544 が 2015 年 10 月 28 日に ePO 5.1.3 および ePO 5.3 向けに公開されました。1.ただし、この HotFix は現在 ePO 5.1 にのみインストールされます。3.Intel Security のエンジニアリングでは現在 ePO 5.1.3 と 5.3 の両方にインストール可能な更新された HotFix を開発中です。1.この問題は KB85970 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB85970) で説明されています。この記事は追加の情報が利用可能になると更新されます。更新された HotFix が公開されたら、フォローアップの SNS をお送りします。

     

    ePO 5.1.3 のユーザー向けには、ePO 5.x HotFix 1080544 (EPO5x_HF1080544.zip) が、マカフィーのダウンロード サイト
    http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspx
    からダウンロードできます。
    変更の詳細については、PD26201:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26201 でリリース ノートをご覧ください。

     

    ePO と Logjam 攻撃の詳細は、KB84878:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84878 をご覧ください。

     


    先頭に戻る


    2.NW Security Platform - New NS-5x00 アプライアンスおよび 8.1 ソフトウェアのリリース

    2015 年 10 月 30 日

     

    新しい Intel Security McAfee NS シリーズ アプライアンス – NS5200 および NS5100 が、Intel Security McAfee Network Security Platform ファミリーの製品としてリリースされました。

    Network Security Platform のデータ シート:
    http://www.mcafee.com/us/resources/data-sheets/ds-network-security-platform-ns-s eries.pdf

     

    以下の Network Security Platform 8.1 ソフトウェアが利用可能です。これは新しい NS-5x00 シリーズ アプライアンスをサポートしています。

     

    • Network Security Manager ソフトウェア 8.1.7.52 (新しい NS-5x00 シリーズ センサーに対応)
    • Network Security Sensor ソフトウェア 8.1.5.138 (Mxx30シリーズ)
    変更の詳細については、PD26208 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26208) でリリース ノートをご覧ください。

     

    このソフトウェアは、

     


    先頭に戻る


    3.Host IPS 8.0 for Linux Patch 7 のリリース

    2015 年 10 月 30 日

     

    Host IPS 8.0 for Linux Patch 7 がリリース されました。このリリースには、次の新機能、修正、機能強化が含まれています。

     

    • RHEL 7.x、SuSE 11 SP2、SP3、Sp4、および SuSE 12 の 3.x カーネルのサポート。
    • RHEL 5.x、6.x、SuSE 11 SP1 の 2.6.x カーネルのサポート。
    • Patch 5 または 6 から Patch 7 へのアップグレードのサポート。
    • 64 ビット プラットフォームのみがサポートされています。
    Linux システム用 Patch 7 は、マカフィー ダウンロード サイト
    http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx から入手できます。

     

    変更の詳細については、PD26207:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26207 でリリース ノートをご覧ください。

     

    既知の問題については、KB85987:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB85987 をご覧ください。

     


    先頭に戻る


    4.MOVE Agentless 3.6.1 - SVM *再公開* および DataCenter Connector for OpenStack v3.6.1 のリリース

    2015 年 11 月 2 日

     

    MOVE Agentless 3.6.1 - SVM が再公開されました。このリリースには、次の新機能、修正、機能強化が含まれています。

     

    • 仮想マシンのオンができない。ステータス: ファイルのロックが失敗する - NSX Manager 6.12.この問題は、MOVE AntiVirus Agentless 3.6.1 - SVM パッケージ、再公開ビルド 3.6.1.193 (2015 年 11 月 2 日) で解決されました。
    MOVE Agentless 3.6.1 - SVM (MOVE-AV-AL_OVF_3.6.1.zip) は、マカフィーのダウンロード サイト
    (http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspx) からダウンロードできます。

     

    変更の詳細については、PD26210:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26210 でリリース ノートをご覧ください。

     

    更新された製品ガイドは、PD26121:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26121 をご覧ください。

     

    McAfee DataCenter Connector for OpenStack v3.6.1 がリリースされました。これは、OpenStack の Junos リリースと、最新バージョンの McAfee ePolicy Orchestrator をサポートします。詳細は、see KB82511: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB82511 をご覧ください。

     


    先頭に戻る


    5.更新 - ePolicy Orchestrator 5.x HotFix 1080544 のリリース

    2015 年 11 月 2 日

     

    ePolicy Orchestrator (ePO) 5.x HotFix 1080544 が 2015 年 10 月 28 日に ePO 5.1.3 および ePO 5.3 向けに公開されました。1.ただし、この HotFix は ePO 5.1 にのみインストールされます。3.ePO 5.1.3 と 5.3.1 の両方にインストール可能な更新された ePO 5.x HotFix 1080544 が公開されています。

     

    ePO 5.x Hotfix 1080544 (EPO5xHF1080544.zip) は、マカフィーのダウンロード サイト (http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspx) からダウンロードできます。

     

    変更の詳細については、PD26201: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26201 でリリース ノートをご覧ください。

     

    ePO と Logjam 攻撃の詳細は、KB84878: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84878 をご覧ください。

     


    先頭に戻る


    6.McAfee Endpoint Protection for Mac 2.3.0 HotFix 1088931 および McAfee VirusScan for Mac 9.8.0 HotFix 1088931 のリリース

    2015 年 11 月 4 日

     

    McAfee Endpoint Protection for Mac 2.3.0 HotFix 1088931 および McAfee VirusScan for Mac 9.8.0 HotFix 1088931 がリリースされました。

     

    これらの HotFix は、DAT 更新の間にシステムが数分間無応答になる問題を解決します。

     

    HotFix 1088931 は、マカフィー ダウンロード サイト
    http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspx から入手できます。

     

    McAfee Endpoint Protection for Mac 2.3.0 HotFix 1088931 については、PD26211:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26211 でリリース ノートをご覧ください。

     

    McAfee VirusScan for Mac 9.8.0 HotFix 1088931 については、PD26212:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26212 でリリース ノートをご覧ください。

     


    先頭に戻る


    7.10 月 30 日 McAfee SNS 通知: Malware Support Operations Q3、2015 Malware Awareness Newsletter

    2015 年 10 月 30 日

     

    Malware Support Operations Q3、2105 Malware Awareness Newsletter がリリースされました。

     

    本号の内容:
    • 2015 年第 3 四半期のマルウエア対策のトレンド: この四半期の上位 15 の脅威のファミリーの概要と、上位 4 件の月次の比較の詳細。
    • JS/Nemucod Downloader - 悪意あるスパムのキャンペーン: 2015 年第 3 四半期の有名なスパム。この四半期におけるこのスパムの動作とトレンドについて説明します。
    • マルウェアの高度な永続テクニック:システムのリブート時にそのマルウェアの有効性を維持するために、マルウェア作者によって使用されるいくつかのよく使用されるテクニッ ク。
    • サイバー犯罪の真のコスト - 犯罪の実行とその償いの時間: サイバー犯罪で有罪判決を受けた人々の例。
    • マルウエアに関する Q&A: 電子迷彩技術
    • アンダーグラウンド ブラック マーケットからの囁き 2015 年第 3 四半期: 有料で販売されているものと、それらがもたらすものに関する情報。
    • 2015 年第 3 四半期のマルウエア ニュース一覧: 四半期ごとの最新ニュース。
    McAfee Community からのニュースレターは、
    https://community.mcafee.com/groups/global-malware-support-operations/blog/2015/ 10/29/malware-support-operations-newsletter-q3-2015 でご覧いただけます。

     


    先頭に戻る


    8.Vulnerability Manager FSL コンテンツ更新 (2015 年 10 月 29 日)

    2015 年 10 月 29 日

     

    McAfee は、Vulnerability Manager の新しい FSL コンテンツ更新をリリースしました。

     

    新しい McAfee 検査: 121
    機能強化された McAfee 検査: 21
    削除された McAfee 検査: 0

    詳細については、リリース ノート
    (http://www.mcafee.com/us/content-release-notes/foundstone/index.aspx) をご覧ください。

    CSV 形式でのレポート:
    https://community.mcafee.com/community/business/risk_compliance/vuln?view=docum ents

    FSL スクリプト/テンプレートの更新を自動的に確認するように FSUpdate を設定すると、必要なパッケージが自動的にダウンロードされ、適用されます。

    パッケージの自動適用を行わない場合には、FSUpdate オプションで FSL スクリプト/テンプレート更新の選択を解除してください。パッケージを手動でダウンロードして適用するには、http://update.foundstone.com にログインしてください。


    先頭に戻る


    9.NW Security シグネチャ セットのリリース (8.7.65.3)

    2015 年 10 月 29 日

     

    以下の Network Security シグネチャ セットがリリースされました。

    • 8.7.65.3
    更新されたシグネチャ セットの詳細については、KnowledgeBase の記事 KB55446、KB55448、KB50726 をご覧ください。これらの記事を参照するには、ServicePortal ユーザーとしてログインする必要があります。記事を参照するには、https://support.mcafee.com にログインして記事 ID を検索してください。

     

    シグネチャ セットのリリースは次の場所で入手できます。

     


    先頭に戻る


    10.Real Time for McAfee ePO (すべてのバージョン) (EOL 2015 年 12 月 26 日)


    McAfee では、すべてのバージョンの Real Time for McAfee ePolicy Orchestrator のサポート終了を以下のとおり予定しています。

     

    販売終了 - 2014 年 12 月 26 日
    サポート終了 - 2015 年 12 月 26 日
    サポート終了 - 2015 年 12 月 26 日

     

    移行:
    Real Time for McAfee ePolicy Orchestrator ユーザー ライセンスの後継製品または移行製品はありません。製品の最終バージョンは 2.0 で、今後のアップデートは予定されていません。

     

    詳細については、KB83844:
    http://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB83844 をご覧ください。

     

    マカフィー製品の EOL リストと方針については、http://mcafee.com/us/support/support-eol.aspx をご覧ください。

     

    先頭に戻る


    11.McAfee Management of Native Encryption 2.0 (EOL 2016 年 12 月 31 日)


    McAfee Management of Native Encryption 1.0.2.0 のサポートは 2016 年 12 月 31 日に終了します。

     

    Intel Security では、サポートされている最新バージョンにアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。

     

    詳細は、KB85473 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB85473) をご覧ください。

     

    マカフィー製品の EOL リストと方針については、http://mcafee.com/jp/support/support-eol.aspx をご覧ください。

    (最初のお知らせ: 2015 年 11 月 3 日)

     

    先頭に戻る