Intel Security SNS 毎週のまとめ (2015 年 10 月 15 日)

バージョン 2

    Intel Security SNS 毎週のまとめ

    2015 年 10 月 15 日


    リリース情報
    1.10 月 8 日 McAfee Web Gateway 7.6.0 のメイン リリース
    2.10 月 14 日  SiteAdvisor Enterprise 3.5 Patch 4 のリリース
    3.10 月 12 日 McAfee Application Control 6.1.3 HotFix 12 のリリース

    シグネチャの更新とコンテンツのリリース
    4.10 月 8 日、13 日、14 日 Vulnerability Manager FSL のコンテンツ更新
    5.10 月 14 日Host Intrusion Prevention のセキュリティ コンテンツの更新
    6.10 月 14 日 Network Security シグネチャ セットのリリース (8.7.64.3)

    サポート終了のお知らせ
    7.2016 年 10 月 12 日  McAfee Email Gateway 7.6 のサポート終了

    詳細については、生産終了となる製品をご覧ください。


    Web キャスト: TechTalk Webinar - MOVE

     

    10 月 22 日 (木) | 登録
    9:00AM 西部時間 / 11:00AM 中部時間 / 12:00PM 東部時間 / 4:00PM グリニッジ標準時

    このトレーニング セッションでは、SEO のエキスパートのダグ・サバルスキーが MOVE AntiVirus 3.6 の概要について説明します。1.トピックには、一般的な使用方法、サイジングとパフォーマンス、配備のベスト プラクティス、今後の目標、および新機能の詳細が含まれます。この Web キャストに興味がありそうな方が社内にいらっしゃいましたら、この招待を転送してください。


    Web キャスト: 侵害の痕跡: 重要なもの、重要でないもの、その他の必要なもの

    11 月 5 日 (木) | 登録
    10:00AM 西部時間 / 12:00AM 中部時間 / 1:00PM 東部時間 / 5:00PM グリニッジ標準時

    侵害の痕跡 (IoC) には、詳細な情報や侵害の範囲について情報を得るの非常に役立つものがありますが、その多くはノイズです。どのようにして、良いもの、悪いもの、および単に醜いものの違 いを見分けますか?11 月 5 日の東部時間 1:00PM に、Intel Security および (ISC)2 の IoC に関するディスカッションにご参加ください。Threat Intelligence が提供する最も価値のある情報と、IoC の今後、企業における調査と防御を改善するために IoC はどうあるべきについて議論します。


    WEB キャスト: Grand Theft Data: データ逆浸出の詳細

    11 月 5 日 (木) | 登録
    9:00AM 西部時間 / 11:00AM 中部時間 / 12:00PM 東部時間 / 4:00PM グリニッジ標準時

    McAfee Foundstone プロフェッショナル サービスおよび Intel Security のデータ保護のエキスパートが、Intel Security の 2015 年のデータ逆浸出に関する調査結果についてご説明します。社内外で使用されるデータ逆浸出の一般的なテクニックに関する調査結果、データ漏洩に関する定量的なデータ、お よび企業で使用されるデータ漏洩の防止プロセスとそのツールについて、掘り下げて説明します。


    Web キャスト: 高度な標的型攻撃に対するサイバー耐性の実現

    11 月 11 日 (水) | 登録
    午前 11 時 (西部時間)/午後 1 時 (中部時間)/ 午後 2 時 (東部時間)

    企業は、セキュリティ インシデントとアラートへの対応に必要なスピードと対応力の実現に苦労しています。しかしこれは、勝利しなくてはならない継続的な闘いです。ガートナーの調査担当 VP アントン チュバキンと Intel Security のグループ製品マネージャー ポール ジンスキーが、攻撃のライフサイクルに亘るインシデント対応の意思決定を短縮するための戦略について探求します。


    ProTip
    ProTips は、製品ごとのトラブルシューティング、ベストプラクティスおよび教育的な ヒントを Knowledge Center のリソースとともにお届けします。

    VSE に関する ProTip: 除外によってパフォーマンスが改善せずむしろ低下していますか?

    ePO に関する ProTip: ePO 5.1.0 および 5.1.1 のサーバー タスクが打ち切り時間に成っても終了しない

    その他の ProTips は、ご使用の製品の Community をご覧ください。

     

     


     


    1.McAfee Web Gateway 7.6.0 のメイン リリース

    2015 年 10 月 8 日

     

    Web Gateway 7.5.2.3 (メイン リリース) がリリースされました。これは、多くのさまざまな問題を解決します。
    • ネットワーク通信
    • Web フィルタリング
    • ルールの追跡

    変更の詳細については、PD26142:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26142 でリリース ノートをご覧ください。

     

    既知の問題については、KB82983:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB82983 をご覧ください。

     

    McAfee Web Gateway 7.5.2.3 のイメージは、McAfee Content & Cloud Security Portal: https://contentsecurity.mcafee.com/software_mwg7_download からダウンロードできます。



    先頭に戻る


    2.SiteAdvisor Enterprise 3.5 Patch 4 のリリース

    2015 年 10 月 14 日

    SiteAdvisor Enterprise 3.5 patch 4 がリリースされました。このリリースには、次の新機能、修正、機能強化が含まれています。
    • Windows 10 での Internet Explorer 11 と Chrome のサポートMicrosoft Edge ブラウザーはまだサポートされていません。
    • Threat Intelligence Exchange (TIE) アプライアンスのサポート
    • Firefox 31ESR と 38ESR のサポート
    SiteAdvisor Enterprise 3.5 Patch 4 は、Firefox 40 以降をサポートしていません。Patch 4 の後続の HotFix は、Firefox バージョン 40 以降をサポートします。詳細については、KB84982 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84982) をご覧ください。

     

    SiteAdvisor Enterprise 3.5 Patch 4 のダウンロードには、ePolicy Orchestrator ソフトウェア マネージャーを使用するか、McAfee ダウンロード サイト: http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspxにアクセスしてください。

     

    注: Patch 4 を含む 3 つの新しい拡張ファイルと、1 つの新しいクライアント パッケージがあります。

     

    変更の詳細については、PD25670: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD25670でリリース ノートをご覧ください。

     

    既知の問題については、KB85400: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB85400 をご覧ください。

    先頭に戻る


    3.McAfee Application Control 6.1.3 HotFix 12 のリリース

    2015 年 10 月 12 日

     

    McAfee Application Control (MAC) 6.1.3 Hotfix 12 がリリースされました。このリリースには、次の問題の修正が含まれています。
    • システム上のインベントリが壊れると、システムが再起動を無限に繰り返す場合があります。この問題は、FIPS (Federal Information Processing Standard) ドライバの読み込みが失敗し、Application Control が壊れたインベントリを見つけられなくなるために発生します。(4-9922780391)
    • Application Control が有効なシステムで Windows バックアップを作成中に、システムが応答しなくなる場合があります。(4-10570835111)
    MAC 6.1.3 Hotfix 12,は、McAfee ダウンロード サイト (http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspx) からダウンロードできます。

     

    変更の詳細については、リリース ノート PD26160:https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26160

     

    を、既知の問題の一覧については、KB81084 および KB81085:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB81084
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB81085

     

    を参照してください。

     

    先頭に戻る


    4.Vulnerability Manager FSL コンテンツ更新

    Intel Security では、Vulnerability Manager FSL のコンテンツ更新をリリースしました。

     

    2015 年 10 月 8 日

     

    新しい McAfee 検査: 77
    機能強化された McAfee 検査: 10
    削除された McAfee 検査: 0

     

    2015 年 10 月 13 日

     

    新しい McAfee 検査: 51
    機能強化された McAfee 検査: 962
    削除された McAfee 検査: 1

     

    2015 年 10 月 14 日

     

    新しい McAfee 検査:  42
    機能強化された McAfee 検査:  3
    削除された McAfee 検査:   0

     

    詳細情報は、リリース ノート ドキュメント:
    http://www.mcafee.com/us/content-release-notes/foundstone/index.aspxをご覧ください。

     

    CSV 形式のレポートは:
    https://community.mcafee.com/community/business/risk_compliance/vuln?view=docume ntsをご覧ください。

     

    FSUpdate が、自動的に FSL スクリプト/Tテンプレートの更新をチェックするように設定されている場合は、適切なパッケージが自動的にダウンロードされて適用されます。

     

    パッケージの自動適用を行わない場合には、FSUpdate オプションで FSL スクリプト/テンプレート更新の選択を解除してください。パッケージを手動でダウンロードして適用するには、http://update.foundstone.comにログインしてください。

     


    先頭に戻る


    5.Host Intrusion Prevention のセキュリティ コンテンツの更新

    2015 年 10 月 14 日

     

    Host Intrusion Prevention のセキュリティ コンテンツ更新 6708 がリリースされました。

     

    この更新は、2015 年 10 月 13 日にマカフィー更新リポジトリに公開されました。

     

    詳細については、リリース ノート

     

    http://www.mcafee.com/us/content-release-notes/host-intrusion-prevention/index.a spx をご覧ください。


    先頭に戻る


    6.Network Security シグネチャ セットのリリース (8.7.64.3)

    2015 年 10 月 14 日

     

    以下の Network Security シグネチャ セットがリリースされました。
    • 8.7.64.3
    更新されたシグネチャ セットの詳細については、KnowledgeBase の記事 KB55446、KB55448、KB50726 をご覧ください。これらの記事を参照するには、ServicePortal ユーザーとしてログインする必要があります。記事を参照するには、 https://support.mcafee.comにログインして記事の ID を検索してください。

     

    シグネチャ セットのリリースは次の場所で入手できます。


     


    7.McAfee Email Gateway 7.6 のサポート終了のお知らせ

    (最初のお知らせ: 2015 年 10 月 13 日)

     

    McAfee Email Gateway (MEG) 7.6 のサポートは、2015 年 10 月 12 日に 終了します。

     

    Intel Security では、7.6.401 にアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。

     

    詳細については、KB85857 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB85857) をご覧ください。

     

    マカフィー製品の EOL リストと方針については、http://mcafee.com/us/support/support-eol.aspxをご覧ください。

     


    先頭に戻る