Intel Security SNS 毎週のまとめ (2015 年 9 月 24 日)

バージョン 2

    Intel Security SNS 毎週のまとめ

    2015 年 9 月 24 日


    リリース情報
    1.9 月 17 日Threat Intelligence Exchange 1.2 のリリース
    2.9 月 17 日 ePO HotFix 1043853 および 1091244 のリリース
    3.9 月 21 日 McAfee Agent 5.0.2 HotFix 1085179 のリリース
    4.9 月 22 日 Data Loss Prevention 9.4 HotFix 2 のリリース
    5.9 月 23 日 Firewall Enterprise MCV04 パッチのリリース
    6.9 月 23 日 Management of Native Encryption 2.1.1 のリリース

    お知らせ
    7.9 月 17 日 EEDK の McAfee オンライン コミュニティへの移動
    8.9 月 18 日 McAfee Risk Advisor の証明書の期限切れ
    9.9 月 21 日 HotFix による McAfee Vulnerability Manager の脆弱性の解決
    10.9 月 22 日 VirusScan for Mac 9.8 の Mac OS X El Capitan (10.11) のサポート
    11.9 月 22 日 McAfee Endpoint Protection for Mac 2.3 の Mac OS X El Capitan (10.11) のサポート


    シグネチャの更新とコンテンツのリリース
    12.6 月 17 日、21 日 Vulnerability Manager FSL のコンテンツ更新
    13.9 月 20 日 NSP 緊急 UDS リリース情報 - HTTP: XCodeGhost でコンパイルされた IOS APPS の XCode


    サポート終了のお知らせ
    詳細については、サポート終了となる製品をご覧ください。

    14.2015 年 9 月 30 日 EOL Email Gateway 7.5
    15.2015 年 9 月 30 日Endpoint Encryption for Files and Folders 4.1.x
    16.2015 年 9 月 30 日 EOL GroupShield for Domino 7.0
    17.2015 年 9 月 30 日 EOL Security for SharePoint 2.5 および 2.5.1
    18.2015 年 9 月 30 日 EOL VirusScan Enterprise for Linux 1.7 および 1.7.1
    19.2015 年 12 月 30 日 EOL Endpoint Intelligence Agent 2.4.2
    20.2015 年 12 月 31 日 EOL McAfee Application Control/Change Control/Embedded Control 5.1
    21.2015 年 12 月 31 日 EOL McAfee Web Gateway 7.3.x
    22.2015 年 12 月 31 日 EOL GTI Proxy - すべてのバージョン
    23.2015 年 12 月 31 日 EOL McAfee Security for Microsoft Exchange 7.6 
    24.2015 年 12 月 31 日 EOL VirusScan Enterprise 8.7i
    25.2015 年 12 月 31 日 EOL SiteAdvisor Enterprise Plus 3.0
    26.2015 年 12 月 31 日 EOL ePolicy Orchestrator 4.6
    27.2016 年 3 月 31 日 EOL Management of Native Encryption 1.0.0
    28.2016 年 4 月 1 日 EOL MOVE Antivirus (Agentless) および (Multi-Platform) 2.6、3.0
    29.2016 年 6 月 30 日 EOL Endpoint Encryption for PC および Endpoint Encryption Manager 5.2.x



    ProTip
    ProTip では、製品固有のトラブルシューティング、ベスト プラクティス、製品の使い方を説明し、McAfee KnowledgeBase の関連記事を紹介しています。



    その他の ProTips は、ご使用の製品の Community をご覧ください (https://community.mcafee.com/community/business)。


    イベントとニュース

    W97M/Downloader と X97M/Downloader の概要

    セッション 1 (APAC および日本)
    9 月 30 日 水曜日 | 登録
    9:00AM (インド時間) / 11:30AM (シンガポール時間) / 1:30PM (オーストラリア東部時間)
    (注: 米国 8:30PM (西部時間) / 11:30PM (東部時間)、9 月 29 日)


    セッション 2 (南北アメリカおよびヨーロッパ)
    9 月 30 日 水曜日 | 登録
    7:00AM 西部時間 / 9:00AM 中部時間 / 10:00AM 東部時間 / 3:00PM グリニッジ標準時

    W97M/Downloader および X97M/Downloader は、悪意あるマクロを含む Microsoft Office ファイルです。Intel Security の脅威の専門家が、この脅威に関して、伝搬と別名、および実行とペイロードなどの詳細をご説明します。また、エンジニアが、McAfee Labs に送信されたサンプルの地域/業界における詳細をご説明し、防止策をご提案します。


    1.Threat Intelligence Exchange 1.2 のリリース

    2015 年 9 月 17 日

     

    Threat Intelligence Exchange 1.2 のリリースこのリリースには、次の新機能、修正、機能強化が含まれています。
    • Openssl 1.0.1p
    • Apache httpclient 4.5
    • Apache Common File Upload 1.3.1
    • Hibernate-validator 5.1.3
    • TIE Reputations ページの新機能
    • McAfee Web Gateway との統合
    • ファイル レピュテーションのインポートのハッシュ値の柔軟性

     

    Threat Intelligence Exchange 1.2 は、マカフィーのダウンロード サイト http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspxからダウンロードできます。

     

    変更の詳細については、PD26112: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26112でリリース ノートをご覧ください。

     

    既知の問題については、KB84127: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84127 をご覧ください。


    先頭に戻る


    2.ePO HotFix 1043853 および 1091244 のリリース

    2015 年 9 月 17 日

     

    Intel Security は、以下の問題を解決する ePolicy Orchestrator (ePO) HotFix 1043853 (ePO 5.1.1) および 1091244 (ePO 5.1.2) をリリースしました。

     

    • クライアントが、不完全または壊れたファイアウォール ポリシーを ePO から受信する。これにより、Host IPS が間違ってクライアント側のデフォルト ポリシーを強制する。

     

    HotFix は、マカフィー ダウンロード サイト http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspxから入手できます。

     

    変更の詳細については、適切なリリース ノートをご覧ください。
    ePO 5.1.1 HotFix 1043853 - PD26131: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26131
    ePO 5.1.2 HotFix 1091244 - PD26132: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26132


    先頭に戻る


    3.McAfee Agent 5.0.2 HotFix 1085179 のリリース

    2015 年 9 月 21 日

     

    McAfee Agent 5.02 HotFix 1085179 がリリースされました。このリリースの新機能と機能強化は次のとおりです。

     

    • Mac OS X El Capitan (10.11) の追加の OS サポート
    • Mountain Lion (10.8)、Maverick (10.9)、または Yosemite (10.10) から Mac OS X El Capitan (10.11) へのアップグレード後に McAfee Agent が期待どおりに機能します。

     

    McAfee Agent 5.0.2 HotFix 1085179 は、マカフィーのダウンロード サイト http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspxからダウンロードできます。

     

    変更の詳細については、PD26140: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26140でリリース ノートをご覧ください。

     

    既知の問題については、KB83895: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB83895をご覧ください。

     


    先頭に戻る


    4.Data Loss Prevention 9.4 HotFix 2 のリリース

    2015 年 9 月 22 日

     

    Data Loss Prevention 9.4 HotFix 2 がリリースされました。このリリースには、次の新機能、修正、機能強化が含まれています。

     

    • McAfee Agent for Windows 5.0.2、McAfee VirusScan Enterprise 8.8 Patch 6、および McAfee Host Intrusion Prevention System 8.0 Patch 6 がインストールする VScore v15.4 の共通コンポーネントの問題の解決。
      注: この HotFix は、これらの管理される製品の特定のバージョンをご使用のお客様には必須です。これらの管理される製品の特定のバージョンをご使用でない場合は、関係ありません。
    • 1084708 デフォルトのメール クライアントがない、というポップアップ メッセージが繰り返し表示される問題を解決します。
    • 1084820 Microsoft Internet Explorer 11 が応答を停止する問題を解決します。
    • このリリースには、新しい DLP Diagnostic Tool 9.4 HotFix 2 および 9.4.0 一般リリースが含まれます。

     

    Data Loss Prevention Endpoint 9.4 HotFix 2 は、マカフィーのダウンロード サイト http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspxからダウンロードできます。

     

    変更の詳細については、PD26145: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26145でリリース ノートをご覧ください。

     

    既知の問題については、KB84509: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84509をご覧ください。

     


    先頭に戻る


    5.Firewall Enterprise MCV04 パッチのリリース

    2015 年 9 月 23 日

     

    Firewall Enterprise 7.0.1.MCV04 および 8.3.MCV04 がリリースされました。これらのパッチは、McAfee Virus Scanning Engine を 5800 にアップデートします。 これらのパッチは、メンテナンス、ソフトウェア管理の Firewall Enterprise 管理者コンソールからダウンロードできます。パッチとリリース ノートは以下からも入手できます。

     

     


    先頭に戻る


    6.Management of Native Encryption 2.1.1 のリリース

    2015 年 9 月 23 日

     

    Management of Native Encryption (MNE) 2.1.1 がリリースされました。MNE 2.1.1 は、Apple FileVault product for Mac クライアントに適用されます。MNE 2.1.1 Mac クライアントは MNE 3.0.x と互換性があります。

     

    このリリースには、次の新機能、修正、機能強化が含まれています。

     

    • El Capitan (Mac OS X 10.11.0) のサポート
    • DEGO を使用したプレフライト ハードウェア検査
    • FileVault が有効なシステムでの新しいリカバリ キーのエスクロー
    • MNE コマンドライン ツールを使用した Mac OS X リカバリ キーのインポート

     

    MNE 2.1.1 は、製品ダウンロード サイト http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspx から入手できます。

    変更の詳細については、PD26138: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26138でリリース ノートをご覧ください。

     

    既知の問題と修正については、KB82245 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB82245をご覧ください。

     


    先頭に戻る


    7.EEDK の McAfee オンライン コミュニティへの移動

    2015 年 9 月 17 日

     

    ePO Endpoint Deployment Kit (EEDK) Enterprise Edition は、以下の場所の McAfee オンライン コミュニティからダウンロードできます。

     

    https://community.mcafee.com/community/business/toolexchange

     

    今後のサポートは、McAfee オンライン コミュニティから提供されます。

     

    EEDK の詳細は、KB74887 をご覧ください。
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB74887

     


    先頭に戻る


    8.McAfee Risk Advisor の証明書の期限切れ

    2015 年 9 月 18 日

     

    9 月 19 日 土曜日に、McAfee Risk Advisor (MRA) 2.7.2 の https://threatfeed.mtis.mcafee.comに関連する現在の証明書が期限切れになります。

     

    Intel Security では、この問題を解決する HotFix をテスト中です。ただし、この HotFix は、証明書の期限までには利用可能になりません。

     

    HotFix がリリースされるまで、脅威の情報の受信を継続するために、Intel Security では、threatfeed URL を一時的に HTTPS から HTTP に変更することを推奨します。

     

    詳細情報は、KB69964: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB69964をご覧ください。

     


    先頭に戻る


    9.HotFixによる McAfee Vulnerability Manager の脆弱性の解決

    2015 年 9 月 21 日

     

    McAfee Vulnerability Manager の脆弱性が発見され解決されました。

     

    影響を受けるソフトウェア
    • McAfee Vulnerability Manager 7.5 Patch 9 以降

     

    修正済み/パッチ済みのバージョン 脆弱性は次のバージョンで修正されています。
    • 7.5.9.05013

     

    影響度
    • クロスサイト リクエスト フォージェリ (CSRF)(CVSS: 6.2; 重大度: 中) MVM Enterprise Manager の組織ページに、クロスサイト リクエスト フォージェリ (CSRF) の疑いがあります。

     

    推奨事項
    Intel Security では、最新のアップデートが適用されているか確認することを、すべてのユーザーにお奨めします。影響を受けるユーザーは、関連するパッチまたは HotFix をインストールする必要があります。手順と情報の詳細は、McAfee Knowledge Base 記事 SB10135、Intel Security - セキュリティ情報: Vulnerability Manager 7.5.9 HotFix による MVM Enterprise Manager の CSRF 脆弱性の修正 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=SB10135) をご覧ください。

     


    先頭に戻る


    10.VirusScan for Mac 9.8 の Mac OS X El Capitan (10.11) のサポート

    2015 年 9 月 22 日

     

    McAfee は、新しい Mac オペレーティング システム El Capitan のサポートをお知らせします。El Capitan をサポートする新しいバージョンの McAfee VirusScan for Mac 9.8 がリリースされました。

     

    このリリースには以下の機能があります。

     

    • OS X El Capitan バージョン 10.11 オペレーティング システムのサポート
    • 5800 エンジンのサポート、強化された検出機能を提供する最新の 5800 エンジンとの事前パッケージング。
    • これには、ePO 経由の製品配備の際に、コマンドライン オプションを使用してマルウェア対策オンアクセス保護をオフにする機能も含まれます。

     

    McAfee VirusScan for Mac 9.8 は、マカフィーのダウンロード サイト (http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspx) からダウンロードできます。

     

    McAfee VirusScan for Mac 9.8.0 リリース ノート (PD26100) は、
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26100でご覧ください。

     


    先頭に戻る


    11.McAfee Endpoint Protection for Mac 2.3 の Mac OS X El Capitan (10.11) のサポート

    2015 年 9 月 22 日

     

    McAfee は、新しい Mac オペレーティング システム El Capitan のサポートをお知らせします。El Capitan をサポートする新しいバージョンの McAfee Endpoint Protection for Mac 2.3 がリリースされました。

     

    このリリースには以下の機能があります。

     

    • OS X El Capitan バージョン 10.11 オペレーティング システムのサポート
    • 5800 エンジンのサポート、強化された検出機能を提供する最新の 5800 エンジンとの事前パッケージング。
    • これには、ePO 経由の製品配備の際に、コマンドライン オプションを使用してマルウェア対策オンアクセス保護とデスクトップ ファイアウォールをオフにする機能も含まれます。

     

    McAfee Endpoint Protection for Mac 2.3 は、マカフィーのダウンロード サイト (http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspx) からダウンロードできます。

     

    McAfee Endpoint Protection for Mac 2.3.0 リリース ノート (PD26099) は、
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26099でご覧ください。

     


    先頭に戻る


    12.Vulnerability Manager FSL コンテンツ更新

    2015 年 9 月 17 日、21 日
    Intel Security では、Vulnerability Manager の FSL コンテンツ更新をリリースしました。

     

    9 月 17 日
    新しい McAfee 検査: 52
    機能強化された McAfee 検査: 64
    削除された McAfee 検査: 00

     

    9 月 21 日
    新しい McAfee 検査: 6
    機能強化された McAfee 検査: 42
    削除された McAfee 検査: 00

     

    詳細については、リリース ノート
    http://www.mcafee.com/us/content-release-notes/foundstone/index.aspxをご覧ください。

     

    CSV 形式でのレポートについては、
    https://community.mcafee.com/community/business/risk_compliance/vuln?view=docume ntsをご覧ください。

     

    FSL スクリプト/テンプレートの更新を自動的に確認するように FSUpdate を設定すると、必要なパッケージが自動的にダウンロードされ、適用されます。

     

    パッケージの自動適用を行わない場合には、FSUpdate オプションで FSL スクリプト/テンプレート更新の選択を解除してください。パッケージを手動でダウンロードして適用するには、http://update.foundstone.com にログインしてください。

    先頭に戻る


    13.NSP 緊急 UDS リリース情報 - HTTP: XCodeGhost でコンパイルされた IOS APPS の XCode

    2015 年 9 月 20 日

     

    HTTP: XCodeGhost compiled XCode for IOS APPS

     

    この脅威を検出するため、Network Security 緊急ユーザー定義シグネチャ (UDS) が作成されました。UDS とリリース ノートは、KnowledgeBase の記事 KB55447 でダウンロードできます。

     

    重要な情報が記載されているので、リリース ノートをよくお読みください。

     

    KnowledgeBase の記事 KB55447 は登録ユーザーにのみ公開しています。https://support.mcafee.com にログインして、記事 ID を検索してください。


    先頭に戻る


    14.McAfee Email Gateway 7.5 (EOL 2015 年 9 月 30 日)


    McAfee Email Gateway 7.5 のサポートは、2015 年 9 月 30 日に 終了します。

     

    McAfee では、McAfee Email Gateway 7.6.2 にアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。

     

    詳細については、KB82924
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB82924をご覧ください。

     

    先頭に戻る


    15.Endpoint Encryption for Files and Folders 4.1.x (EOL: 2015 年 9 月 30 日)


    Endpoint Encryption for Files and Folders (EEFF) 4.1.9 のサポートは、2015 年 9 月 30 日で終了いたします。

     

    マカフィーでは、EEFF 4.2.x または File and Removable Media Protection (FRP) 4.3.x のサポートされているバージョンにアップグレードして、継続してサポートを受けることをお勧めします。

     

    詳細は、KB83012:
    http://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB83012をご覧ください。

     

    注:EEFF の現在の製品名は、File and Removable Media Protection (FRP) です。新製品名の導入時の最初のリリースは FRP 4.3.

     

    先頭に戻る


    16.GroupShield for Domino 7.0 (EOL 2015 年 9 月 30 日)


    McAfee GroupShield for Domino (Windows) 7.0 は、2015 年 9 月 30 日にサポートを終了します。

     

    McAfee は、EOL 以降は、このバージョンの製品とこれに関連するコンポーネントのサポートをご提供いたしません。GroupSheld for Domino (Windows) 7.0 をご利用のお客様は、McAfee Security for Lotus Domino 7.5 (Patch 2) にアップグレードして、継続してサポートを受けることを強く推奨します。

     

    詳細については、KB83604:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB83604をご覧ください。

     

    (最初のお知らせ: 2014 年 12 月 11 日)

    先頭に戻る


    17.Security for SharePoint 2.5 および 2.5.1 (EOL 2015 年 9 月 30 日)


    McAfee Security for SharePoint (旧名称 PortalShield) 2.5 および 2.5.1 は、2015 年 9 月 30 日にサポートを終了します。

     

    McAfee は、EOL 以降は、このバージョンの製品とこれに関連するコンポーネントのサポートをご提供いたしません。Security for SharePoint 2.5 および 2.5.1 をご利用のお客様は、McAfee Security for SharePoint 3.0 にアップグレードして、継続してサポートを受けることを強く推奨します。

     

    詳細については、KB83605:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB83605をご覧ください。

     

    (最初のお知らせ: 2014 年 12 月 11 日)

    先頭に戻る


    18.VirusScan Enterprise for Linux 1.7 および 1.7.1 (EOL 2015 年 9 月 30 日)


    マカフィーでは、McAfee VirusScan Enterprise For Linux 1.7.x (1.7 および 1.7.1) のサポート終了 (EOL) は、2015 年 9 月 30 日を予定しています。

     

    McAfee では、VSEL 1.9.1 または 2.0.2 にアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。

     

    詳細については、KB84073 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84073) をご覧ください。

     

    先頭に戻る


    19.Endpoint Intelligence Agent 2.4.2 (EOL 2015 年 12 月 30 日)


    Endpoint Intelligence Agent 2.4.2 のサポートは 2015 年 9 月 30 日に終了します。

     

    Intel Security では、Endpoint Intelligence Agent 2.5 にアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。

     

    詳細については、KB85069 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB85069) をご覧ください。

     

    先頭に戻る


    20.McAfee Application Control/Change Control/Embedded Control 5.1 (EOL 2015 年 12 月 31 日)


    McAfee は、以下のプラットフォームの McAfee Application Control/Change Control/Embedded Control v5.1.x のサポート終了をお知らせします。

     

      • Windows NT4、Windows 2000

        サポート終了日: 2015 年 12 月 31 日
        サポート終了日: 2013 年 12 月 31 日

        移行:
        Windows NT4 および Windows 2000 プラットフォームでは移行対象の製品はありません。製品の最終バージョンは 5.1.2 で、今後のアップデートは予定されていません。

     

    • Linux (RHEL、SUSE)

      MKR (Monthly Kernel Release) のサポート終了 - 2015 年 6 月
      サポート終了日: 2013 年 12 月 31 日

      移行:
      マカフィーでは、バージョン 6.1.4 にアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。

     

    詳細については、KB77516:
    http://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB77516をご覧ください。

     

    先頭に戻る


    21.McAfee Web Gateway 7.3.x (EOL 2015 年 12 月 31 日)


    McAfee Web Gateway 7.3.x のサポートは、2015 年 12 月 31 日に 終了します。

     

    McAfee では、最新の McAfee Web Gateway 7.4.x にアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。

     

    最新の Web Gateway のリリースは、McAfee Content Security Portal: https://contentsecurity.mcafee.comからダウンロードできます。

     

    先頭に戻る


    22.GTI Proxy - すべてのバージョン (EOL 2015 年 12 月 31 日)


    GTI Proxy のサポートは、2015 年 12 月 31 日に 終了します。

     

    予定:
    販売終了: 2015 年 1 月 31 日
    サポート終了: 2015 年 12 月 31 日
    サポート終了: 2015 年 12 月 31 日

     

    移行:
    インターネットに直接接続せずに GTI クラウド保護の利点をシステムで利用したい場合は、マカフィーでは、今後 Threat Intelligence Exchange の利用をお奨めします。

     

    TIE with DXL は GTI Proxy に比べてより多くのメリットがあります。詳細については、KB83862
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB83862をご覧ください。

     

    先頭に戻る


    23.McAfee Security for Microsoft Exchange 7.6 (EOL 2015 年 12 月 31 日)


    Intel Security では、Security for Microsoft Exchange 7.6 のサポート終了を以下のとおり予定しています。

     

    販売終了 - 2015 年 4 月 1 日
    サポート終了日: 2013 年 12 月 31 日

     

    Intel Security は、EOL 以降は、このバージョンの製品とこれに関連するコンポーネントのサポートをご提供いたしません。Intel Security では、Security for Microsoft Exchange 7.6 リリースをご利用のお客様は、最新バージョンの Security for Microsoft Exchange 8.0 または 8.5 (最新のパッチ/HotFix を含む) にアップグレードして、継続してサポートを受けることを強く推奨します。

     

    詳細については、KB84249:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84249をご覧ください。

     

    EOL のポリシーの詳細については、Enterprise Products End of Life Policy http://www.mcafee.com/common/media/mcafeeb2b/support/terms/Support_Policy-Produc t_Support_EOL.pdfを参照してください。

     

    Security for Microsoft Exchange 7.6 の Exchange 2003 SP2 でのサポート修了の詳細は、KB82250:
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB82250をご覧ください。

     

    (最初のお知らせ: 2015 年 3 月 24 日)

    先頭に戻る


    24.VirusScan Enterprise 8.7i (EOL 2015 年 12 月 31 日)


    VirusScan Enterprise (VSE) 8.7i は、2015 年 12 月 31 日にサポート終了となります。

     

    McAfee は、この日付以降は、このバージョンの製品とこれに関連するコンポーネントのサポートをご提供いたしません。McAfee では、最新の製品バージョンにアップグレードしてサポートを継続されることを強くお奨めします。
    詳細については、KB84590 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84590) を参照してください。

     

    先頭に戻る


    25.SiteAdvisor Enterprise Plus 3.0 (EOL 2015 年 12 月 31 日)


    SiteAdvisor Enterprise (SAE) Plus 3.0 は、2015 年 12 月 31 日にサポート終了となります。

     

    McAfee は、この日付以降は、このバージョンの製品とこれに関連するコンポーネントのサポートをご提供いたしません。Intel Security では、最新の製品バージョンにアップグレードしてサポートを継続されることを強くお奨めします。詳細については、KB84554 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84554) をご覧ください。

     

    先頭に戻る


    26.ePolicy Orchestrator 4.6 (EOL 2015 年 12 月 31 日)


    ePolicy Orchestrator (ePO) 4.6 のサポートは 2015 年 12 月 31 日に終了します。

     

    Intel Security では、バージョン ePO 5.1 以降にアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。
    詳細については、KB84436 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84436) をご覧ください。

     

    先頭に戻る


    27.Management of Native Encryption 1.0.0 (EOL 2016 年 3 月 31 日)


    Management of Native Encryption 1.0.0 のサポートは 2015 年 3 月 31 日に終了します。

     

    Intel Security では、サポートされている最新バージョンにアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。

     

    詳細については、KB84291
    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84291をご覧ください。

     

    マカフィー製品の EOL リストと方針については、http://mcafee.com/jp/support/support-eol.aspx をご覧ください。

    (最初のお知らせ: 2015 年 3 月 27 日)

    先頭に戻る


    28.MOVE Antivirus Agentless and Multi-Platform 2.6 および 3.0 (EOL 2016 年 4 月 1 日)


    Intel Security は、MOVE Antivirus Agentless 2.6 および 3.0、MOVE Antivirus Multi-platform 2.6 および 3.0 のサポートを 2016 年 4 月 1 日に終了します。Intel Security では、MOVE Agentless 3.6 にアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。

     

    詳細およびサポートされているプラットフォーム、環境、オペレーティング システムについては、KB74865 https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB74865をご覧ください。

     

    先頭に戻る


    29.Endpoint Encryption for PC および Endpoint Encryption Manager 5.2.x (EOL 2016 年 6 月 30 日)


    Endpoint Encryption for PC (EEPC) および Endpoint Encryption Manager (EEM) 5.2.13、5.2.12、5.2.6 のサポートは、2016 年 6 月 30 日に終了します。

     

    McAfee では、最新の Drive Encryption 7.1.x のリリースにアップグレードして、最新のソフトウェアをご利用いただき、製品サポートを継続していただくことをお奨めします。

     

    詳細については、以下をご覧ください。

     

     

    マカフィー製品の EOL リストと方針については、http://mcafee.com/us/support/support-eol.aspxをご覧ください。

     

    (最初のお知らせ: 2014 年 11 月 5 日)

    先頭に戻る