Intel Security SNS 毎週のまとめ (2015 年 7 月 2 日)

バージョン 3

    Intel Security SNS 毎週のまとめ

    2015 年 7 月 2 日


    リリース情報
    1. 6 月 25 日 McAfee Firewall Enterprise パッチによる 6 月 30 日のうるう秒問題の解決
    2. 6 月 25 日 Drive Encryption 7.1 Patch 3 のリリース
    3. 6 月 26 日 McAfee Application Control 6.2.0 HF 1 のリリース
    4. 6 月 30 日 McAfee Next Generation Firewall VPN Client for Windows 5.9.0 のリリース

    お知らせ
    5. 6 月 29 日 DAT Reputation 1.0.3 の必須アップグレードの自動更新の予定の再度のお知らせ
    6. 6 月 29 日 McAfee Message Gateway のメンテナンス予定
    7. 6 月 29 日 Network DLP の 2015 年 6 月 30 日うるう秒問題の回避策 KB の公開
    8. 7 月 1 日 Web Hybrid 配備のバージョン 7.5.2 へのアップグレード

     

    シグネチャの更新とコンテンツのリリース
    9. 6 月 25 日 Vulnerability Manager FSL のコンテンツ更新 (06/25/2015)
    10. 6 月 25 日 Policy Auditor と MNAC 用のコンテンツ パッケージ 1160 のリリース
    11. 6 月 25 日 NW Security シグネチャ セットのリリース (8.7.57.5)


    ProTips
    ProTip では、製品固有のトラブルシューティング、ベスト プラクティス、製品の使い方を説明し、McAfee KnowledgeBase の関連記事を紹介しています。


    その他の ProTips は、ご使用の製品のコミュニティを参照してください (https://community.mcafee.com/community/business)。


    1. McAfee Firewall Enterprise パッチによる 6 月 30 日のうるう秒問題の解決

    2015 年 6 月 25 日

     

    2015 年 6 月 30 日に、うるう秒が協定世界時 (UTC) に追加されます。 うるう秒は、現行の協定世界時 (UTC) において、世界時との差を調整するために追加もしくは削除される 1 秒です。

     

    McAfee Firewall Enterprise および Firewall Enterprise Control Center のパッチにより、このうるう秒に起因する問題を解決できます。

     

    詳細については、https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84813 をご覧ください。


    先頭に戻る


    2. Drive Encryption 7.1 Patch 3 のリリース

    2015 年 6 月 25 日

     

    Drive Encryption (DE) 7.1 Patch 3 (7.1.3) がリリースされました。このリリースには、次の新機能、修正、機能強化が含まれています。
    • 暗号化された DE システムを複数の ePO サーバーにシステム転送 - 詳細は PD25905 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD25905) を参照
    • Windows Active Directory でのパスワード変更の検出と通知
    • DE の重複ユーザーを ePO から削除
    • 自動パワーダウン プリブート
    • Windows Server 2012 および 2012 R2 対応
    • DE パスワード ルールをシングル サイン オン (SSO) 時に無視
    • UEFI 高解像度画面のサポート強化
    • Windows 10 対応 - 詳細は KB84419 (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84419) を参照
    DE 7.1.3 は、マカフィーのダウンロード サイト (http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspx) からダウンロードできます。

     

    新機能の詳細およびこのリリースによる修正の一覧は、PD25903: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD25903のりリリース ノートをご覧ください。

     

    既知の問題については、KB84502: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84502 をご覧ください。


    先頭に戻る


    3. 6 月 26 日 McAfee Application Control 6.2.0 HF 1 のリリース

    2015 年 6 月 26 日

     

    McAfee Application Control (MAC) 6.2.0 HF 1 のリリース このリリースには、次の問題の修正が含まれています。
    • Application Control および McAfee Agent 5.0 または VirusScan Enterprise 8.8 (HF 929019) が同じシステムにインストールされるとシステムが応答を停止する問題の解決。
    • クライアント上の Application Control または Change Control と同じバージョンを再インストールする際に ePolicy Orchestrator (ePO) 配備タスクがエラー 1603 で失敗する問題の解決。
    • Application Control がインストール された Windows XP システムで、メモリ保護機能を無効にし、アップデーター機能としてスクリプトを有効にすると、システムが予期せず繰り返し再起動する問題の解決。
    • Adobe InDesign を Application Control が有効なシステムで実行すると、システムがバグチェックで応答しなくなる問題の解決。
    • Application Control をインストールすると、Application Control インストール ディレクトリに証明書フォルダーが作成されない問題の解決。
    • Windows Server 2012 R2 で、ファイルを開くと、Application Control がマウントポイントのフォルダー パスを間違って検査する問題の解決。
    • MP-CASP 機能が有効にされたシステムで、特定のシナリオで発生することがあるメモリ リークの解決。 この問題は、MP-CASP 機能と Windows API に互換性がないため発生します。
    • MAC 6.2.0 HF1 は、マカフィーのダウンロード サイト (http://www.mcafee.com/jp/downloads/downloads.aspx) からダウンロードできます。
    • 変更の詳細については、PD26005: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26005 でリリース ノートをご覧ください。
    既知の問題については、KB84047: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB84047 をご覧ください。


    先頭に戻る


    4. McAfee Next Generation Firewall VPN Client for Windows 5.9.0 のリリース

    2015 年 6 月 30 日

     

    VPN Client for Windows 5.9.0 は、McAfee Next Generation Firewall (NGFW) ソリューションで使用するエンドユーザー コンポーネントです。これにより、Microsoft Windows を実行しているエンドユーザー コンピューターから、McAfee NGFW を VPN ゲートウェイとして使用して、プライベート ネットワークへの容易で安全なリモート アクセス (VPN 接続) が可能になります。 VPN Client for Windows 5.9.0 クライアントは、SSL VPN トンネリングと IPsec VPN に使用できるため、ハイブリッド クライアントとみなされます。

     

    McAfee Next Generation Firewall VPN Client for Windows 5.9.0 は、製品ダウンロード サイト http://www.mcafee.com/us/downloads/downloads.aspxから入手できます。

     

    VPN Client for Windows 5.9.0 の変更の詳細については、PD26007: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD26007のりリリース ノートをご覧ください。

     

    既知の問題については、KB83467: https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB83467 をご覧ください。

    詳細については、以下のリンクを参照してください。


    先頭に戻る


    5. McAfee DAT Reputation 1.0.3 の必須アップグレードの自動更新の予定再度のお知らせ

    2015 年 6 月 29 日

     

    McAfee DAT Reputation for Enterprise 1.0.3 が CommonUpdater3 ダウンロード サイトから、DAT レピュテーションをオン、Safety Pulse をオフにして公開されました。

     

    これは、CommonUpdater および CommonUpdater2 の自動更新が以下のとおり予定されていることを再度お知らせするものです。
    • 2015 年 6 月 30 日 (CommonUpdater) - DAT レピュテーション オン、Safety Pulse オフ
    • 2015 年 7 月 14 日 (CommonUpdater2) - DAT レピュテーション オフ、Safety Pulse オフ
    • 2015 年 8 月 4 日 (CommonUpdater2) - DAT レピュテーション オン、Safety Pulse オフ

     

    このリリースが自動更新される前にテストしたい場合は、以下のいずれかの場所から更新できます。このリリースは、DAT レピュテーションを実行しているお客様には必須のアップグレードです。 これには、Windows 10 の互換性と、さまざまなマカフィー製品に関連した互換性の向上が含まれています。


    先頭に戻る


    6. McAfee Message Gateway のメンテナンス予定

    2015 年 6 月 29 日

     

    中部夏時間  7 月 10 日金曜日午後 9:00 から 中部夏時間 7 月 11 日土曜日午前 1:00 まで、Intel Security では、One Time Password 製品のパスコードを SMS とボイス メッセージで配信するために共通に使用している Message Gateway サービスのメンテナンスを実施します。

     

    この Message Gateway のメンテナンスの間は、SMS またはボイス メッセージ経由でのパスコードの配信もご利用いただけません。 ご不便おかけしますことをお詫びいたします。


    先頭に戻る


    7. Network DLP の 2015 年 6 月 30 日うるう秒問題の回避策 KB の公開

    2015 年 6 月 29 日

     

    Intel Secuity のサポートでは、うるう秒の更新とネットワーク DLP アプライアンスに関するご質問への回答として KB を公開しました。

     

    McAfee では、以下のうるう秒に関する回避策の KnowledgeBase 記事 KB85064 Impact of leap second (June 30, 2015) on Data Loss Prevention (アプライアンスへのうるう秒 (2015 年 6 月 30 日)の影響) (https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB85064) をご覧になることをお奨めします。


    先頭に戻る


    8. Web Hybrid 配備のバージョン 7.5.2 へのアップグレード

    2015 年 7 月 1 日

     

    McAfee Web SaaS が、Web Gateway version 7.5.2 をサポートするようになりました。  Web Hybrid 配備を Web SaaS ポリシー同期でご利用の Web Gateway のお客様は、オンプレミス アプライアンスを Web Gateway バージョン 7.5.2 にアップグレードすることができます。

     

    Web Gateway バージョン 7.5.2 のアップグレード手順などの詳細については、りリリース ノート https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=PD25968 をご覧ください。


    先頭に戻る


    9. Vulnerability Manager FSL コンテンツ更新 (06/25/2015)

    2015 年 6 月 25 日

     

    マカフィーでは、Vulnerability Manager FSL のコンテンツ更新をリリースしました。

     

    新しい McAfee 検査: 121
    機能強化された McAfee 検査: 10
    削除された McAfee 検査: 0

     


    詳細については、リリース ノート (http://www.mcafee.com/us/content-release-notes/foundstone/index.aspx) をご覧ください。

     

    CSV 形式でのレポート: https://community.mcafee.com/community/business/risk_compliance/vuln?view=docume nts

     

    FSL スクリプト/テンプレートの更新を自動的に確認するように FSUpdate を設定すると、必要なパッケージが自動的にダウンロードされ、適用されます。

     

    パッケージの自動適用を行わない場合には、FSUpdate Options で FSL スクリプト/テンプレート更新の選択を解除してください。 パッケージを手動でダウンロードして適用するには、http://update.foundstone.com にログインしてください。


    先頭に戻る


    10. Policy Auditor と MNAC 用のコンテンツ パッケージ 1160 のリリース

    2015 年 6 月 25 日

     

    McAfee Policy Auditor 6.x および McAfee NAC 3.x 用に新しいコンテンツ パッケージがリリースされました。

     

    このパッケージの詳細については、http://www.mcafee.com/us/content-release-notes/policy-auditor-nac/index.aspx をご覧ください。


    先頭に戻る


    11. NW Security シグネチャ セットのリリース (8.7.57.5)

    2015 年 6 月 25 日

     

    以下の Network Security シグネチャ セットがリリースされました。
    • 8.7.57.5

     

    更新されたシグネチャ セットの詳細については、KnowledgeBase の記事 KB55446、KB55448、KB50726 をご覧ください。 これらの記事を参照するには、ServicePortal ユーザーとしてログインする必要があります。 記事を参照するには、https://support.mcafee.com にログインして記事 ID を検索してください。

     

    シグネチャ セットのリリースは次の場所で入手できます。


    先頭に戻る