McAfee Web Gateway 7.x Best Practices: Web Gateway への proxy.pac ファイルの配備

バージョン 2

    本コンテンツでは、McAfee Web Gateway (以下MWG) にproxy.pacファイルを配備し、クライアントのプロキシサーバー設定を自動で実施する手順を解説しています。

    本記事作成時の最新リリースバージョンは以下のとおりです。

     

      Main Release: 7.3.2.6(16970)

      Controlled Release: 7.4.1.1(17204)

     

    proxy.pacはクライアントに自動的にプロキシサーバーを選択させるためのスクリプトです。

    スクリプトを用いて、特定のセグメント、ドメイン、URLなどの条件でプロキシサーバーの指定を行ったり、複数のプロキシサーバーを順番に利用するなどの設定を行うことが できます。

     

    proxy.pacの作成は弊社テクニカルサポートのサポート範囲外です。作成の詳細については以下のサイトを参照してください。

     

      <The Practical Proxy PAC File Guide>

      http://www.proxypacfiles.com/proxypac/

      ※弊社外のサイトです。

     

    MWGにこのファイルを配備することで、クライアントに個別にプロキシの設定を行うことなく、一元的にプロキシの設定を管理します。

    proxy.pacファイルにはHTTPプロトコルでアクセスします。

    これを応用して、Proxy HAモードではない複数のMWGを並列に設定し、接続できない場合に順次切り替えることができます。

    ※ただしproxy.pacを配備したMWGがダウンすると接続はできません。