(抄訳版)KB55549 - Network Security Platform センサ診断トレースの取得方法

バージョン 6

    (原 文)KB55549 - How to collect a diagnostics trace from the Network Security Platform Sensor (Trace.log)

    (抄 訳)KB55549 - Network Security Platform センサ診断トレースの取得方法

     

    重要: 本コンテンツはKB55549の抄訳版につき更新はありません。必ず下記リンクの原文最新版と併せてご参照ください。

    https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB55549

     

    センサがマネージャ(NSM)とトラストを確立している場合の取得方法

     1. NSMにログインし、Congiureページに移動します。My Company - Device Listから診断トレースを取得したいセンサ名をクリックします。

     2. TroubleshootingタブからDiagnostic Traceを選択します。

     3. upload? をクリックします。診断トレースのアップロードが完了すると、Download Completeがウィンドウに表示されますので閉じます。

     4. 診断トレースのアップロード完了後、画面更新を行うとUploaded Diagnostics Trace Filesにアップロードされた診断トレースが表示されます。

     5. アップロードされた診断トレースを 選択し、Exportをクリックします。

     6. 取得した診断トレースをMcAfee Supportへ送付して下さい。

     

     NOTE: アップロードされた診断トレースはNSMの以下のディレクトリに保存されています。

         \<NSP_dir>\temp\tftpin\<sensor name>\trace\

     

     

    センサとマネージャ(NSM)がトラストを確立していない場合の取得方法

     1. TFTPサーバを用意します。

     2. センサへコンソールもしくはSSH経由でログインをします。

     3. 下記のコマンドを入力します。

          Set sensor ip xxx.xxx.xxx.xxx 255.xxx.xxx.xxx (IP address and mask)
          Set tftpserver ip x.x.x.x
    (to set to TFTP server IP address)
          logstat (wait a short time until it completes)
          traceupload<TraceFileName>.enc

     

     

     センサは、TFTPサーバへ診断トレースをアップロードします。