MQMにおいて管理者とユーザアカウントを使用する時、UI上では特定の記号が拒否される場合、他のいくつかの記号は許可される場合があります。しかしアカウントやパスワ ードを保存してはいけません。異なる記号を使用する場合は、パスワードは許可されます。

 

下記の記号は利用することが出来ます:

<

>

;

"

/

(

)

{

}

 

MQMにおいては上記より他の記号を用いると問題が発生する場合があります。MQMアカウントのパスワードには上記の記号のみを用いていただくようお願いします。