: データベース パージタスクを設定し、2週間おきにオフピーク時間に定期的に実行させると、古いログエントリーや隔離アイテムなどの古いデータを削除することによりデータベースをクリ アすることが出来ます。データベースのパージはディスクスペースの管理に役に立ちます。

 

mqm_task.JPG

 

 

パージによる用量の確保

最適化:

最適化タスクは、データベースをパージさせることによりディスクスペースを確保します。このタスクはデータベースベンダから提供されるツールを使用することによりお客様で も実行することが出来ます。最適化コマンドを頻繁に実行することはお勧めできません。これはスペースの割り当て/再割り当てが頻発することになり、MQMのパフォーマンス に影響を及ぼすことになるからです。下記に最適化コマンドを実行する推奨を記述します:

 

1. 最適化コマンドを実行しなくてはいけない場合、おおよそ6か月に実行することをお勧めします。

2. 最適化コマンドを実行する前に、MQMサービスを停止させてください(注意: 停止期間は隔離メールはMEG上で保留することになります)

3. ディスクの空き容量がMySQLデータベースのサイズの150%以上を確保してください。

4. 最適化するためのMySQLコマンド: ‘optimize’。 最適化するためのMSSQLコマンド: ‘shrink’

 

もしお客様においてはデータベースにMQMで同梱されているMySQLを使用される場合は、MySQLプロンプトより“call pOptimize();” 実行してください。これでMQM用に特化されたプロシージャを呼び出し、全てのMQMのドメインテーブルが最適化されます。