(このブログ記事はこちらの英語版記事の翻訳になります。最新の記事ではないので内容がいくらか古いものであることをご了承ください)

 

MEGからMATDへのファイルの送信をバイパスさせる方法

 

問題:

特定のファイルをMATDに送信する際に、IMGファイルがMATDでスキャン中の為MEGアプライアンスのキューに入ります。送信に除外を行う場合、MEG 7.6.3 においてはUIから設定可能なオプションになります。 MEG 7.6.2 においては、KB82451の通り、除外は構成ファイルの直接編集にて除外可能になっており、IMGのようなファイルをMATDのスキャンを行うために送信することを除 外することが可能です。

解決:

IMGファイルをMEGからMATDに送信することを無効にするには下記を行ってください:

 

注意: 構成ファイルをバックアップし復元するには KB56323 を参照してください。

 

  安全な場所で新しいフォルダを作成し、名前を入力する。(例) Appliance_config_backup

        アプライアンスの管理コンソールにログオンし、システム、システムの管理、構成管理 に移動してください。

        「構成をバックアップ」をクリックして、リンクをクリックして構成を保存してください。

        新しいフォルダにこの構成を保存します。

        構成ファイルを右クリックして「Winzipで開く」を選択してください。

        ダイアログボックスの一番上の「解凍」ボタンをクリックして、新しいフォルダに保存先を選択して、解凍をクリックします。

        バックアップの場所に構成ファイル(.zip) のコピーを保存しておきます。

   バックアップしたファイルからNative/matd.xml を解凍します。


        注意: .zip ファイルから解凍したフォルダを削除したり移動したりしないでください。

 

 matd.xml を開きワードパッドエディタでテキストを編集します。

下記のセクションにばります。

 

<Settings name="acceptable-files" type="Product" version="3.1">

          <List name="GAM" type="nstr">

            <Attr name="0" value="FF/OTR/6001"/>

            <Attr name="1" value="FF/IMG/5032"/>

            <Attr name="2" value="FF/IMG/5063"/>

            <Attr name="3" value="ARCHIVE/"/>

            <Attr name="4" value="FF/DOC/1001"/>

            <Attr name="5" value="FF/SS/3004"/>

            <Attr name="6" value="FF/IMG/5021"/>

            <Attr name="7" value="FF/OTR/6008"/>

            <Attr name="8" value="FF/IMG/5073"/>

            <Attr name="9" value="FF/IMG/5080"/>

            <Attr name="10" value="FF/IMG/5004"/>

            <Attr name="11" value="FF/IMG/5045"/>

            <Attr name="12" value="FF/IMG/5002"/>

          </List>

          <List name="Sandbox" type="nstr">

            <Attr name="0" value="FF/OTR/6001"/>

            <Attr name="1" value="FF/IMG/5032"/>

            <Attr name="2" value="FF/IMG/5063"/>

            <Attr name="3" value="ARCHIVE/"/>

            <Attr name="4" value="FF/DOC/1001"/>

            <Attr name="5" value="FF/SS/3004"/>

            <Attr name="6" value="FF/IMG/5021"/>

          </List>

 

下記の行を削除して、他のエントリーの順番を編集します。

 

<Attr name="8" value="FF/IMG/5073"/>

<Attr name="9" value="FF/IMG/5080"/>

 

 

matd.xml は下記のように編集します

<List name="GAM" type="nstr">

            <Attr name="0" value="FF/OTR/6001"/>

            <Attr name="1" value="FF/IMG/5032"/>

            <Attr name="2" value="FF/IMG/5063"/>

            <Attr name="3" value="ARCHIVE/"/>

            <Attr name="4" value="FF/DOC/1001"/>

            <Attr name="5" value="FF/SS/3004"/>

            <Attr name="6" value="FF/IMG/5021"/>

            <Attr name="7" value="FF/OTR/6008"/>

           <Attr name="8" value="FF/IMG/5004"/>

            <Attr name="9" value="FF/IMG/5045"/>

            <Attr name="10" value="FF/IMG/5002"/>

          </List>

 

matd.xml の変更を保存して閉じてください。

更新したファイルをConfig.zip ファイル内の\Native\ ディレクトリに加えて、現在のファイルを上書きしてください。

config.zipファイルをアプライアンスに復元して、変更を適用してください。