(このブログ記事はこちらの英語版記事の翻訳になります。最新の記事ではないので内容がいくらか古いものであることをご了承ください)

 

圧倒されることに直面することは時々あるかもしれません。

 

このような気持ちを持ったことはありますか?貴方はかなり大量のデータを参照しており、データのプリントアウトされた要約が欲しく、これを持って机から離れてスナック菓子 でも食べながらテーブルに広げて精読したくなったことを。

これは少し冗談ですが、先日私のお客様が「構成がプリントアウト出来る方法がないか?」と尋ねてきたことがあります。

 

スナック菓子が必要かどうかは定かではありませんが、お客様はこれについて製品の改善リクエストを出すべきと考えていました。


幸運にもそれは行いませんでした。McAfee Email gateway は既に実装された構成レポートが、システム > システムの管理 にあるからです。画面の半分くらいまでスクロールダウンすると構成レポートのオプションがあります。このレポートはポップアップ画面で表示されるHTML形式のレポート であるため、ブラウザの設定でアプライアンスのIPに対してポップアップの許可を有効にする必要があります。目次では、レポート全文において適切な場所へのリンクがリスト されており、あなたが探している特定の情報を見つけることが出来ます。下記はバージョン 7.6.2における目次の例です(目次のリンクはこのブログでは無効になっており、レポートに含まれている情報を見せるための表示だけです):

 

 

目次

アプライアンスのセットアップ
基本設定
ネットワーク インターフェース設定
DNS とルーティング
リモート アクセス
時刻と日付
データベース メンテナンス
設定プッシュ
ロールベースのユーザ アカウント
ハイブリッド構成
Advanced Threat Defense (ATD)サーバー
グループ管理
ディレクトリ サービス
ポリシー グループ
ログ、アラート、および SNMP
SNMP モニタ設定
SNMP アラート設定
電子メール アラート
システム ログ イベント
コンポーネント アップデート設定
スパム アップデート設定
McAfee GTI Web 分類データベースのアップデート設定
ウイルス対策アップデート設定
自動パッケージ アップデート
SMTP
設定
プロトコルのプリセット
デフォルト
スキャン ポリシー
デフォルトの Web Mail Client ポリシー
デフォルトのポリシー
キューに格納された電子メール配信
配信の設定
物理ホスト
POP3
隔離構成
共有設定
その他
透過設定
オペレーティング システム設定
その他のネットワーク設定
SNMP
生成時間2014年 8月 1日 金曜日 19:10:21 JST (2014年 8月 1日 金曜日 10:10:21 UTC)
アプライアンスのバージョンEmail Gateway Virtual Appliance v7.6.2
ビルド番号2723.104 WS_9_6_20130906_1900_104

 

 

DNSとルーティングセクション例は下記のようになります:

 

 

DNSとルーティング


DNS サーバ

これらのサーバに対してのみクエリを送信する     真 

表3 サーバ

アドレス
172.27.12.16

 

ネットワークルーティング

動的ルーティング                                             偽

静的ルーティング                                             値なし



そのためレポートを全て見渡さなくても、「アプライアンスが使用しているDNSサーバはどれか?」というような疑問にも簡単に時間掛けることなく確認することが出来ます。 また、これはトラブルシュートの時やアプライアンスの日々の管理業務中に上がってきた他の設定に関する質問に対しても同じです。

 

見て分かる通り、レポートは実に包括的なもので、システム構成を文書化するために役に立てたり、アプライアンスの構成を別のアプライアンスのそれと見比べたり(長期間運用 していると時々管理者は1つのアプライアンスが異なる構成を持っておりその為に少し異なる動きをしているので無いかと疑いを持つことがあるかもしれません)することによっ て、構成レポートがそれを確認することが出来るツールになっています。出力はHTML形式になっており、保存したりプリントアウトすることが出来ます。

 

お客様は完全な構成レポートをプリント可能であることを喜び、これは正に求めていた機能であったとおっしゃりました。それ故、これについて皆様にお伝えすることは他の皆様 にも良いお知らせになるかと思います。この機能のことをまだご存知でなければ、これは知らない方にとっては新機能であり、楽しく役に立つものであることを望みます。