大型連休の時期が近付くにつれてスパマーの活動も活発になりますが、そのようなときは McAfee Customer Submission Tool (MCST) を思い出してください。


MCST は Microsoft Outlook のプラグインで、 Outlook 2010 とそれ以前のバージョンをサポートしています。実際の電子メールを処理する際、カスタマイズ可能なユーザ体験と管理者の負荷の削減を、簡単でユーザフレンドリーな手法に より実現します。そして、望ましくない電子メールの受信量を減らし、必要なメールが的確に受信されるよう、あなたの手助けをします。

MCST がどのように動くかを説明します。電子メールを読む際、ボタンやメニュー項目が追加されます。これを使って次のことができます。

 

  • 電子メールのサンプルを McAfee Lab に提出して解析を依頼できます。
  • 電子メールのサンプルを McAfee Quarantine Manager に提出して今後のスパム抑止に役立てられます。
  • スパムやフィッシュとして検知されなかった望ましくない電子メールを提出できます。
  • スパムやフィッシュとして誤って検知された電子メールを提出できます。
  • 提出した電子メールは、削除することもできます。
  • スパム送信者の電子メールアドレスをブラックリストに追加して、今後のスパムを抑止できます。
  • 送信者の電子メールアドレスをホワイトリストに追加して、その送信者がスパマーに分類され続けることを防止できます。
  • Microsoft Outlook の連絡先に登録されているすべての電子メールアドレスをホワイトリストに追加して、既知の連絡先からの電子メールが誤ってスパムやフィッシュに分類されることを防止でき ます。
  • ツールには、標準ツールバーのアクションメニューか、 Outlook 2010 のリボンインターフェイスからアクセスできます。


そして何よりもうれしいことに、 MCST は無料です!32ビット版か64ビット版を http://www.mcafee.com/us/downloads/free-tools/customer-submission-tool.aspx からダウンロードできます。


ページの右側の McAfee Customer Submission Instructions の枠には MEG がサポートする8言語が列挙されています。お好みの言語をクリックして製品ガイドと readme ファイルをダウンロードできます。


※本記事は英語版ブログ記事の翻訳です。オリジナルの記事は下記で掲載しています:
https://community.mcafee.com/community/business/email_web/meg/blog/2013/10/31/th e-mcafee-customer-submission-tool