~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  マカフィー サポート通信 - Security-as-a-Service - 2013/09/19

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~

 

本通信はご登録いただいているユーザー様へ配信している Security-as-a-Service

(以下 SaaS) 製品向けサポート情報です。

今週も役立つ情報を多数掲載しておりますので是非ご活用ください。

 

なお、本通信は等幅フォントで最適にご覧いただけます。

 

 

-=-=-=-=-=-=-=- 今週のマカフィー (目次) -=-=-=-=-=-=-=-

  1) [新規] Web フィルタリング機能の追加について

  2) [新規] アップグレードスケジューリング

  3) McAfee SaaS Endpoint Protection 6.0 リリース完了のお知らせ

  4) バージョン 6.0 Patch 1 へのアップグレード後は再起動が必要

  5) ファイルアップデートでスクリプトエラー発生

  6) ファイルアップデートができない

  7) マカフィーサポートセンターからのメール差出人アドレス変更のご案内

  8) データセンター定期メンテナンスのお知らせ

  *) マカフィーサポート サービス

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1) Web フィルタリング機能の追加について

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

お知らせ

 

McAfee SaaS Endpoint Protection (以下 SaaS EP) Web フィルタリング機能が

以下の日程で使用可能となります。

 

・データセンターへの実装作業: 2013/10/12 ()

 

上記の実装作業後、Web フィルタリング機能が使用可能となります。

本作業に伴うデータセンターの停止はございません。

 

 

対象製品

 

McAfee SaaS Endpoint Protection

 

 

備考

 

・本機能の追加に伴う製品価格の変更はございません。

 

・既に有効な契約をお持ちのお客様につきましても Web フィルタリング機能が使用可能

  となります。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2) アップグレードスケジューリング

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

アップグレードスケジューリング機能について

   http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP512041801&ancProd=McAf eeTPS50

 

2013/09/10 () 2013/10/07 () まで、アップグレードスケジューリング機能の

ご利用が可能です。

 

ご使用中の端末にアップグレードのスケジュール設定を行う場合はご参照ください。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3) McAfee SaaS Endpoint Protection 6.0 リリース完了のお知らせ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

お知らせ

 

SaaS EP 6.0 を下記日程でリリースいたしました。

これにともない、新規インストール及び SaaS EP 5.4 Patch 1 環境からの

アップグレードにより、SaaS EP の新バージョンをご利用いただけます。

 

限定リリース版バージョン 6.0 を既にご利用いただいている場合、「6.0.0 Patch 1

   リリース後、自動的に「6.0.0 Patch 1」にアップグレードされます。

   アップグレードスケジューリング機能を利用したアップグレードはできません。

 

- リリース日: 2013/09/09 ()

- スケジュール期間: 2013/09/10 () 2013/10/07 ()

- 強制アップグレード期間: 2013/10/08 () 午後 2013/10/22 ()

 

 

ご提供方法 (新規インストール)

 

データセンターアップグレード後に新規 URL インストールを実行した場合、

   「スケジュール期間」「強制アップグレード期間」に関わらず、6.0.0 Patch 1

   インストールされます。

 

バージョン 6.0.0 Patch 1 のサイレントインストールツール (vssetup.exe)

   提供されます。

   サイレントインストール直後は製品バージョン 6.0.0 と表示され、

      アップデート後に 6.0.0 Patch 1 と表記が更新されます。

 

Push インストールを実施した場合、バージョン 6.0.0 Patch 1 がインストール

   されます。

 

新しいクリーンアップユーティリティ (MVSUninst.exe) が提供されます。

 

 

ご提供方法 (アップグレード)

 

本リリースでは、ご使用中の端末にアップグレードのスケジュール設定を行う

ことができる「アップグレードスケジューリング機能」を利用することができます。

 

「アップグレードスケジューリング機能」は、前述の「スケジュール期間」内に

SecurityCenter で利用することができます。

 

アップグレード日が設定されなかった端末は、「スケジュール期間」終了後の「強制

アップグレード期間」内にアップグレードが行われます。

 

リリース日程の詳細は、「バージョン 6.0 リリース日程について」をご覧ください。

http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP513080601&ancProd=McAf eeTPS50

 

 

新機能概要

 

インストールプロセスの機能向上

 

機能の改善により、インストールプロセスが簡単になりました。

また、新しいオプションの提供で、より柔軟なインストールが可能になりました。

 

- 自動的に検出される非対応製品の増加

- 最初のインストールでは、クライアントソフトウェアだけがインストールされます。

   インストールの完了後、バックグラウンドでウイルス定義 (DAT) ファイルがダウン

   ロードされます。

   時間のかかるダウンロードの完了を待たずに、通常の操作を行うことができます。

 

ブラウザー保護サービスがサポートする新しいブラウザー

 

ブラウザー保護サービスで Google Chrome 64 ビット版のブラウザーがサポート

されます。

 

ブラウザー保護サービスのサイト安全性評価の新しい色分け

 

ブラウザー保護サービスに McAfee SiteAdvisor Enterprise の新しいバージョンが

統合されました。

クライアントコンピューターで表示される [SiteAdvisor] ボタンの色が増えました。

 

- : 内部サイトとプライベート IP アドレス (評価情報が使用できないサイト)

- : フィッシング詐欺サイトとポリシーで設定された禁止サイト

- : ポリシーで承認されたサイト

- 銀色: ブラウザー保護サービスがポリシーで無効になっています

- オレンジ: 通信上の問題 (基本的な接続テストを簡単に開始できます)

 

5600 エンジンの実装

 

このバージョンより、新スキャンエンジン「5600」が搭載されます。

 

 

その他

 

- バージョン 6.0 (Patch 1) へのアップグレードにおける再起動の必要性について

   http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP513081901&ancProd=McAf eeTPS50

 

   アップグレードを実施した後、システムの再起動を求めるプロンプトが表示されます。

   [再起動] ボタンをクリックし、端末再起動を実施してください。

 

- SaaS EP 5.4 Patch 1 ウイルスおよびスパイウェア対策機能のみをご利用の端末で

   アップグレードを実施した場合、アップグレード時のダウンロードファイルサイズは

   32Bit 版で約 9 MB64Bit 版で約 14 MB です。

   (DAT ファイルのファイルサイズは含まれておりません。)

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4) バージョン 6.0 Patch 1 へのアップグレード後は再起動が必要

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

バージョン 6.0 (Patch 1) へのアップグレードにおける再起動の必要性について

   http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP513081901&ancProd=McAf eeTPS50

 

SaaS EP バージョン 6.0 Patch 1

アップグレード後、正常に動作させるために再起動が必要です。

ファイアウォール機能の有無にかかわらず再起動が必要です。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

5) ファイルアップデートでスクリプトエラー発生

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

アップデート時にスクリプトエラーが発生する

   http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP512121801&ancProd=McAf eeTPS50

 

自動更新や今すぐ更新によるファイルアップデートのタイミングで、

スクリプトエラーが発生した場合にご確認ください。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

6) ファイルアップデートができない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

アップデートができない場合にご確認いただく項目

   http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP509122509&ancProd=McAf eeTPS50

 

自動更新や今すぐ更新によるファイルアップデートができない場合にご活用ください。

ステップごとにファイルアップデートができない要因を探ることができます。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7) マカフィーサポートセンターからのメール差出人アドレス変更のご案内

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ご案内

 

2013/09/17 () 09:00 より、当社の法人向けサポートセンターでの案件対応における

メール差出人アドレスを変更いたしました。

 

詳細は 2013/09/12 配信分のマカフィーサポート通信をご覧ください。

https://community.mcafee.com/community/japan/blog/2013/09/12

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

8) データセンター定期メンテナンスのお知らせ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

メンテナンスのご案内

 

SaaS EP の安定稼働および製品品質向上のため以下の日程で

データセンター定期メンテナンスを実施させていただきます。

 

 

定期メンテナンス予定日

 

毎月第一土曜日及び日曜日

土曜日 00:00 日曜日 23:59

 

 

10 月度メンテナンス日

 

2013/10/05 () 22:00 2013/10/06 () 23:59

 

 

メンテナンス中におけるサービス影響範囲について

 

アップデート、URL インストール、ウイルス定義ファイルの更新、SecurityCenter

への接続など、データセンターへアクセスするサービスが断続的に不通になります。

但し、サービスを停止している間も SaaS EP のウイルス検知機能には一切影響を

及ぼしませんのでご安心ください。

 

メンテナンス実施に際し、皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、

ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*) マカフィーサポート サービス

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マカフィーサポート サービスでは、以下のウエブサイトで様々な情報を公開して

おります。

 

McAfee Labs ウイルス解析依頼方法

- ウイルス解析依頼手順

  http://www.mcafee.com/japan/security/contact_mcafeelabs.asp

- 自動返信サンプル

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeevinfo.asp?ancQno=VR07080701&ancProd=McAfe evinfo

 

トラブル解決の手順 (サポート Q&A、自動修復ツール「McAfee Virtual Technici an (MVT))

http://www.mcafee.com/japan/support/customer_support/steps.asp

 

サポート SNS・メールマガジン情報

http://www.mcafee.com/japan/support/customer_support/communications.asp

 

マカフィー PR-news へのご登録について

http://www.mcafee.com/japan/enterprise/prnews.asp

 

マカフィーサポート通信について

- マカフィーサポート通信のアーカイブ

  https://community.mcafee.com/community/japan?view=all#/?tagSet=1049

 

- 配信停止

  配信停止をご希望される方は、以下のページより手続きをお願いいたします。

  https://md.pbz.jp/s/r-ctrl.php?act=PCDelAuth&funcinfo_allreset=1&uid=mcafee&mid= support_news_mvs

 

 

~~~~~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

発信元  :  マカフィー株式会社

           テクニカルサポートセンター インフォメーション係

               http://www.mcafee.com/japan/support/

(c) 2013 McAfee, Inc. All Rights Reserved.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~~~