~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    【臨時配信】マカフィー サポート通信 - Security-as-a-Service - 2012/12/04

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~

 

平素は Security-as-a-Service (以下 SaaS) 製品 (旧名称: マカフィートータル

プロテクションサービス) をご愛用いただき誠にありがとうございます。

 

本通信はマカフィー サポート通信にご登録いただいているユーザー様への臨時の

ご案内です。

 

本通信は等幅フォントで最適にご覧いただけます。

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-     目次     -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

1) McAfee SaaS Endpoint Protection 5.4 アップグレード

    スケジューリング機能ご提供開始のお知らせ

2) バージョン 5.4 の新機能概要

3) よくあるご質問

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1) McAfee SaaS Endpoint Protection 5.4 アップグレードスケジューリング

    機能ご提供開始のお知らせ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

お知らせ

 

McAfee SaaS Endpoint Protection (以下 SaaS EP) 5.2.3 Patch 6 がインストール

されている端末にて、SaaS EP 5.4 Patch 1 へのアップグレードを実施いただける

ようになりました。

 

 

詳細

 

本リリースでは、ご使用中の端末にアップグレードのスケジュール設定を行う

ことができる「アップグレードスケジューリング機能」を利用することができます。

 

「アップグレードスケジューリング機能」は、後述の「スケジュール期間」内に

SecurityCenter で利用することができます。

 

アップグレード日が設定されなかった端末は、「スケジュール期間」終了後の「強制

アップグレード期間」内にアップグレードが行われます。

 

日程

- スケジュール期間: 2012/12/04 () 2013/01/15 ()

- 強制アップグレード期間 2013/01/16 () 午後 2013/02/12 ()

 

 

「アップグレードスケジューリング機能」の利用方法及び詳細につきましては

下記 Q&A をご参照ください。

 

- バージョン 5.4 リリース日程について

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP512103101&ancProd=McAf eeTPS50

 

- アップグレードスケジューリング機能について

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP512041801&ancProd=McAf eeTPS50

 

 

その他

 

- ファイアウォール機能がインストール済みの端末でアップグレードを実施した

   場合、システムの再起動を求めるプロンプトが表示されます。[再起動] ボタンを

   クリックし、端末再起動を実施してください。

 

- SaaS EP 5.2.3 Patch 6 ウイルスおよびスパイウェア対策機能、ファイアウォール

   サービス、ブラウザ保護サービスがインストール済みの端末でアップグレードを実施

   した場合、アップグレード時のダウンロードファイルサイズは約 16.4 MB です。

   (DAT ファイルのファイルサイズは含まれておりません。)

 

- SaaS EP 5.4 のサイレントインストールモジュールを用いてサイレントインス

   トールを実行し、その後 SaaS EP 5.4 Patch 1 へアップグレードする場合、アップ

   グレード時のダウンロードファイルサイズは約 1 MB です。(DAT ファイルのファ

   イルサイズは含まれておりません。)

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2) バージョン 5.4 の新機能概要

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

新機能概要

 

クライアント更新に対する仕様変更:

 

   下記 URL にて SaaS EP 5.4 でのアップデートポリシーの動作について、

   画像と音声によるご紹介を行っております。是非ご参照ください。

 

   - SaaS EP 5.4 アップデートポリシーについて

   HTML : https://community.mcafee.com/docs/DOC-4313

 

概要

- コンピューターの起動後、更新を確認するまでの時間の変更 (現行 5 分から 15 分に)

 

- 過去 3 日以内の DAT がインストール済みである場合、コンピューターの使用状況が

   アイドル状態になるのを待って新しい DAT ファィルの取得が開始されます。

 

- 毎日特定の時間帯に更新を確認するようにスケジュールを設定できます。

 

- 指定した時間帯での更新が 3 日連続で失敗した場合の更新時間の設定ができます。

   これらのオプションは、SecurityCenter [クライアント設定] ポリシーページで

   設定できます。

 

- DAT ファイルが過去 3 日間に更新されていない場合、最新の DAT ファイルがすぐ

   にダウンロードされます。

 

ウイルススキャンの除外対象を指定する場合にワイルドカード文字が使用可能:

   ウイルススキャンから除外するファイル名、フォルダー名、ファイルの拡張子を

   指定するときに、ワイルドカード文字を使用することができます。SecurityCenter

   [ウイルスおよびスパイウェア対策] ポリシーページにある [除外ファイルとフォルダ]

   タブで除外対象を指定します。

 

オンデマンドスキャンの実行に割り振られるデフォルトの CPU 時間:

   CPU 時間ポリシーオプションのデフォルト設定が変更されます。新しいデフォルト

   設定は [] です。これにより、スキャン速度が以前よりも遅くなる場合があり

   ますが、他のネットワーク プロセスを妨げることはありません。

   このオプションは、SecurityCenter [ウイルスおよびスパイウェア対策] ポリシー

   ページにある [全般設定] タブに表示されます。

 

[未接続端末の確認] ページの SecurityCenter への追加:

   SecurityCenter に対してのレポート送信を行わなくなって一定期間が経過した

   コンピューターをリストアップし、それらのコンピューターに対して使われていた

   ライセンスをリリースすることができます。リリースされたライセンスは

   SecurityCenter 上で、「使用中のライセンス」から削除され、別のコンピューター

   に対して使用する事が可能です。

 

McAfee ePolicy Orchestrator との連携機能:

   今回提供される、McAfee Security-as-a-Service 拡張ファイルを McAfee ePolicy

   Orchestrator 環境にインストールすると、ePolicy Orchestrator コンソールの

   ダッシュボード モニターで SecurityCenter のデータを確認できます。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3) よくあるご質問

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

アップデートに関するご確認点

 

SaaS EP 5.2.3 Patch 6SaaS EP 5.4 共通

 

DAT のアップデートに失敗する場合、Internet Explorer Proxy のキャッシュ、

Internet Explorer のセキュリティ設定が関連している場合があります。

 

アップデートに失敗する場合、下記 Q&A をご参照の上、Internet Explorer

Proxy のキャッシュの削除などをお確かめください。

 

- アップデートが出来ない場合にご確認頂く項目

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP509122509&ancProd=McAf eeTPS50

 

 

SaaS EP 5.4 をご利用の場合

 

SaaS EP 5.4 ではポリシーの設定により、『コンピューターの使用状況が

アイドル状態になるのを待って新しい DAT ファィルの取得する』という

新機能が動作します。アイドル状態とは、キーボードやマウス操作が無い

状態を指します。

 

そのため、前バージョンの頃からポリシー設定を変更していなくても、

SaaS EP 5.4 は前バージョンとは異なったタイミングでアップデートが

動作する場合があります。

 

アップデートポリシーの詳細については下記 URL にて画像と音声に

よるご紹介を行っておりますため、ご参照の上、お客様の環境に

適したアップデートポリシーをご検討いただけたらと存じます。

 

   - SaaS EP 5.4 アップデートポリシーについて

   HTML : https://community.mcafee.com/docs/DOC-4313

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  マカフィーサポート通信について

  配信停止

    「マカフィー サポート通信 - Security-as-a-Service」及び

    「ウイルス警報」の配信停止をご希望される方は、以下のページ

    より手続きをお願いいたします。

 

https://md.pbz.jp/s/r-ctrl.php?act=PCDelAuth&funcinfo_allreset=1&uid=mcafee&mid= support_news_mvs

 

 

~~~~~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

発信元  :  マカフィー株式会社

              テクニカルサポートセンター インフォメーション係

                  http://www.mcafee.com/japan/support/

  (c) 2012 McAfee, Inc. All Rights Reserved.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~~~