~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    【臨時配信】マカフィー サポート通信 - 2012/08/10
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~~~~~

平素はMcAfee製品をご愛用いただきありがとうございます。
マカフィー テクニカルサポートセンターから臨時のお知らせをいたします。

本通信はマカフィー サポート通信にご登録いただいているユーザー様への臨時のご案内です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
McAfee Agent 4.6 Patch2 for Windows 提供中止のお知らせ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○ お知らせ

McAfee Agent 4.6 Patch 2 を適用すると、Framework Service が停止するという問題が
見つかったため、McAfee Agent 4.6 Patch 2の提供を中止しました。


● 発生する問題 (1)

Agentリッスンサーバを介して、Agentログ(agent_computername.xml)へ読み込み/書き込
みなど、複数のリクエストが行われると、frameworkservice.exeでアプリケーション
エラーが発生する場合があります。
これは一般的にウェークアップポートとして知られており、各種の機能がエージェント
に対しアクセスする際に利用されます。

リッスンサーバを介してアクセス/ロギングを利用する機能のうち、この問題の影響を
受ける機能は次のとおりです:

- Super Agent Replications
- Lazy Cache
- RSD querying of the agent
- Remote Agent log access

またframeworkservice.exe再起動によって正常に戻りますが、上記の動作が行われると、
再び同じ問題を引き起こす場合があります。
この問題はMcAfee Agent(MA) 4.6 Patch 2特有の問題で、特に Super Agent が動作して
いる環境で見られます。

この問題の影響範囲は次のとおりです:

- 問題となる Agent バージョンは MA 4.6 Patch 2 です。
   その他バージョンでは影響を受けません。
- この問題は MA 4.6 Patch 2 へアップグレードした後にだけ発生します。
- 問題となる事象は frameworkservice.exe でアプリケーションエラーが発生します。
- この問題は Windows プラットフォームのみで発生します。
   Linux, MAC 等、その他プラットフォーム用の MA 4.6 Patch 2 ではこの問題は発生
   しません。


○ 発生する問題 (2)

この問題が発生すると、次のエラーがWindowsアプリケーションイベントログへ記録され
ます。

  Source: Application Error
  Event ID: 1000
  Description:
  Faulting application FrameworkService.exe. version 4.6.0.2918.
  faulting module msvcr80.dll.
  version 8.0.50727.3035.
  fault address 0x00008aa0


● 発生する問題 (3)

Agentログには以下のような内容がログされます:

  2012-08-09 04:22:19 I #4148 LstnSvr 'GET' request received from Host: 10.34.34.60:54929
  2012-08-09 04:22:19 X #4148 LstnSvr  Request details are
  2012-08-09 04:22:19 X #4148 LstnSvr  Type: [N/A] Arguments: [N/A] Url: [/]
  2012-08-09 04:22:19 I #4148 Logging cmnlib_GenerateXMLLog
  2012-08-09 04:22:19 I #4148 Logging Create XML
  2012-08-09 04:22:22 X #4576 LstnSvr Inside SocketWndProc...
  2012-08-09 04:22:22 X #3432 LstnSvr WQThreadProc:  Calling CAsyncSocket::DoCallBack...


○ 解決方法

暫定措置として、下記の回避方法を実施してください。


● 回避方法

この問題の修正版をご提供できるまで、使用するMAを以前のバージョンへ戻すことに
より問題を回避できます。
また以前のバージョンへ戻す場合には下記のインストールオプションを使用してくだ
さい。

  framepkg.exe /install=agent /forceinstall

注意事項:
/forceinstall オプションでのインストールは現行プログラムファイルを削除し、
データファイルをデフォルト状態へ戻す処理となるため、リポジトリや作成したタスク
情報はすべて失われます。
また、アプリケーションを健全に動作させるために、インストーラはシステムの再起動
を行う場合があります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ※) マカフィーサポート&サービス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○ McAfee Labs(旧:AVERT) ウイルス解析依頼
-   ウイルス解析依頼手順
     http://www.mcafee.com/japan/security/contact_mcafeelabs.asp
-   自動返信サンプル
     http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeevinfo.asp?ancQno=VR07080701&ancProd=McAfe evinfo

● マカフィーモバイルサービス
   携帯電話を利用して、緊急ウイルス情報をリアルタイムに確認し、
  ウイルス被害を抑制できます。
   ⇔ http://www.mcafee.com/japan/support/mobileservice.asp

○ サポートQ&A
- 製品の評価、導入、トラブル、障害の発生時に参考となる解決策や
  回避策のFAQをご確認頂けます。 是非お役立て下さい。
   ⇔ http://www.mcafee.com/japan/pqa/pqa.asp
- 1週間のあいだに更新(あるいは新掲載)されたQ&Aはこちら
   ⇔ http://www.mcafee.com/japan/pqa/pqa_newqa.asp

● 自動修復ツール「McAfee Virtual Technician (MVT)」について
    McAfee Virtual Technician (MVT) は、お客様のコンピュータを解析して、 McAfee 製品の
    ファイルやレジストリなどの完全性をチェックし、McAfee 製品の動作環境などに関連して発生
    する既知の問題の解決を支援する、自動化されたツールです。このツールにより、システムが
    解析され、既知の問題の早期解決が行えます。

 

  ご利用方法等、詳細については以下のページをご覧ください。
   http://www.mcafee.com/japan/pqa/MVT.asp

○ マカフィーサポート通信について
   - 登録解除(配信停止)
  「マカフィーサポート通信」及び「ウイルス警報」の登録解除(配信停止)を
  ご希望される方は、以下のページより手続きをお願い致します。
    https://md.pbz.jp/s/r-ctrl.php?act=PCDelAuth&funcinfo_allreset=1&uid=mcafee&mid= support_news

   - サポート通信のアーカイブ
    サポート通信はマカフィーコミュニティサイトにアップしております。
    ご覧になるにはコミュニティサイトにアクセスし、左側に表示されて
    いるカテゴリーで「サポート通信」をお選びください
    https://community.mcafee.com/community/japan/

● マカフィー・PR-newsへのご登録はお済みでしょうか?
  PR-newsでは、法人向け製品・サービスのご紹介をはじめ、関連イベント・セミナー、最新セキュリティ情報、
  導入事例、キャンペーンなどのマーケティング情報を配信しております。PR-newsの配信を希望されたい場合は、
  以下のURLより、ご登録をお願い致します。
  http://www.mcafee.com/japan/enterprise/prnews.asp


~~~~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
発信元 : マカフィー株式会社
       テクニカルサポートセンター インフォメーション係
       http://www.mcafee.com/japan/support/customer_support/
(c) 2012 McAfee, Inc. All Rights Reserved.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~