~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   【臨時配信】マカフィー サポート通信 - Security-as-a-Service - 2012/04/16

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~

 

平素は Security-as-a-Service (以下 SaaS) 製品 (旧名称: マカフィートータル

プロテクションサービス) をご愛用いただき誠にありがとうございます。

 

本通信はマカフィー サポート通信にご登録いただいているユーザー様への臨時の

ご案内です。

 

※ 本通信は等幅フォントで最適にご覧いただけます。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

McAfee SaaS Endpoint Protection 5.2.3 Patch 5 の提供について

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

○ お知らせ

 

McAfee SaaS Endpoint Protection (以下 SaaS EP) 5.2.3 Patch 5 の

リリースに関しまして、下記のスケジュールにて提供をさせていただき

ますので、ご案内いたします。

 

 

● 対象バージョン

 

McAfee SaaS Endpoint Protection 5.2.3 Patch 5

 

 

○ リリース日程

 

- スケジュール期間: 2012/04/23 (月) ~ 2012/05/08 (火)

- 強制アップグレード期間: 2012/05/09 (水) 午後 ~ 2012/05/22 (火)

 

※本リリースに伴う NOC の変更および停止はありません。

※アップグレード後のバージョン表記は「5.2.3 Patch 5」となります。

 

 

● ご提供方法 (アップグレード)

 

アップグレードスケジューリング機能を使用してのスケジュール期間と

強制アップグレード期間に分かれてのご提供になります。

 

 

・ 上記「スケジュール期間」内であれば SecurityCenter にてお客様が自由に

  スケジュールを設定しアップグレードが可能になります。

  アップグレードのスケジュールは個々のコンピューター毎でも設定が可能で、"少数

  のコンピューターを先行アップグレードし社内テスト" する場合等にご利用いただ

  けます。

 

・ 「スケジュール期間」にアップグレードを実施する場合、事前お申し込みは必要

  ございません。期間内であればいつでもアップグレードのスケジュールを設定、

  アップグレードを実行できます。

 

・ 「スケジュール期間」終了後は「強制アップグレード期間」となります。

  「スケジュール期間」内にアップグレードされなかったコンピューターは、上記「強制

  アップグレード期間」の間にアップグレードされます。

 

  「強制アップグレード期間」でのアップグレードは自動的に実行され、日時を指定

  することはできません。

 

・ スケジュールアップグレードの実行方法については、下記 Q&A の「アップグレード

  スケジュール設定方法例」をご参照ください。

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511092901&ancProd=McAf eeTPS50

 

 

○ ご提供方法 (新規インストール)

 

・ 本バージョンの提供開始後に新規 URL インストールを実行した場合、「スケジュール期間」

  「強制アップグレード期間」に関わらず、5.2.3 Patch 5 がインストールされます。

 

・ サイレントインストールツールはバージョン 5.2.1 でのご提供となり、サイレント

  インストール後のアップデート処理でバージョン 5.2.3 Patch 5 にアップデートされます。

 

・ Push インストールを実行した場合、バージョン 5.2.1 がインストールされ、その後の

  アップデート処理でバージョン 5.2.3 Patch 5 にアップデートされます。

 

 

● 本バージョンでの修正内容

 

本バージョンにて修正される問題は以下になります。

・ 一部の URL フィルタリングソフトウェアがインストールされたシステムに SaaS EP の

  Firewall 機能をインストールすると、CPU 使用率が 100% になってしまう。

 

 

○ 備考

 

5.2.3 Patch 5 への手動および自動アップグレード時にシステムの再起動を要求するメッセージが

表示されます。

再起動実行後にアップグレード内容が有効になりますので、アップグレード後に必ずシステムの

再起動をお願いいたします。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●  マカフィーサポート通信について

-  配信停止

   「マカフィー サポート通信 - Security-as-a-Service」及び

   「ウイルス警報」の配信停止をご希望される方は、以下のページ

   より手続きをお願いいたします。

 

https://md.pbz.jp/s/r-ctrl.php?act=PCDelAuth&funcinfo_allreset=1&uid=mcafee&mid= support_news_mvs

 

 

~~~~~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

発信元  :  マカフィー株式会社

             テクニカルサポートセンター インフォメーション係

                 http://www.mcafee.com/japan/support/

(c) 2012 McAfee, Inc. All Rights Reserved.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~~~