~~~~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         マカフィーサポート通信    - 2012/01/12

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~~~~

本通信はご登録いただいているユーザ様へ配信しているサポート情報にな

ります。今週も役立つ情報を多数掲載しておりますので是非ご活用下さい。

 

○-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=- 今週のマカフィー(目次) -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=○

   1) 今週のウイルス定義(DAT)ファイルリリース情報

   2) 最新ウイルス情報

  ------------------------------------------------------------------------

   3) McAfee Endpoint Encryption for PCs 5.1.x および

                 McAfee Endpoint Encryption Manager 5.1.x サポート終了のお知らせ

   4) McAfee SiteAdvisor Enterprise 3.5 および

                        McAfee Web Filtering for Endpoint 3.5 のリリースについて

   5) McAfee GTI Proxy 1.1のリリースについて

   6) McAfee Enterprise Mobility Management 9.7 のリリースについて

   7) Secure Content Reporter End of Support (EOS)のお知らせ

   8) McAfee Web Gateway 6.9.1 build 12571 リリースのお知らせ

   9) McAfee Web Gateway Avira Engineをご利用の場合の注意点

  10) McAfee Email and Web Security Appliance v5.1 サポート終了日のお知らせ(リマインド)

  11) サポート終了情報

  12) 製品リリース情報

  13) 企業向けサポートコミュニティサイトの開設および Twitter サービスの開始について

   *) マカフィーサポート&サービス

○-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=○

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~        

  1) 今週のウイルス定義(DAT)ファイルリリース情報

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○ 期間         : 2012/01/06 - 2012/01/12

● リリースDAT  : DAT6580 - DAT6586

○ 最新DAT      : DAT6586

※ 詳細はこちら

 http://www.mcafee.com/Japan/downloads/updates/d_dat.asp

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2) 最新ウイルス情報

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※ 今週は危険度【中】以上のウイルスは発生しておりません。

 

○ 最新ウイルス情報 http://www.mcafee.com/japan/security/latest.asp

● ウイルス対策 http://www.mcafee.com/japan/security/tips.asp

○ ウイルス解析 http://www.mcafee.com/japan/security/contact_mcafeelabs.asp

● Windowsセキュリティホール http://www.mcafee.com/japan/security/ms_vuln.asp

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  3) McAfee Endpoint Encryption for PCs 5.1.x および

                 McAfee Endpoint Encryption Manager 5.1.x サポート終了のお知らせ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

○ お知らせ

 

下記の製品バージョンにてサポート終了 (End of Support) をいたします。

サポート終了日までにそれぞれの製品の最新バージョンへの

アップグレード実施をお願いいたします。

 

 

● 対象製品名及びバージョン

 

McAfee Endpoint Encryption for PCs 5.1.x

McAfee Endpoint Encryption Manager 5.1.x

 

 

○ サポート終了日

 

2012/05/31 (木)

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  4) McAfee SiteAdvisor Enterprise 3.5 および

                        McAfee Web Filtering for Endpoint 3.5 のリリースについて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

○ お知らせ

 

McAfee SiteAdvisor Enterprise および McAfee Web Filtering for Endpoint の新バー

ジョン 3.5 の日本でのリリースについてご案内いたします。

 

 

● 対象製品

 

McAfee SiteAdvisor Enterprise 3.5

McAfee Web Filtering for Endpoint 3.5

 

※このバージョンではGUIは英語のみになります。

 

 

○ リリース日

 

2011/12/20 (火) (Webダウンロード)

http://www.mcafee.com/japan/licensed2/

※ダウンロードサイトからサポート契約が有効なお客様はダウンロードする事ができます。

※ダウンロードのためにはご契約サポートの承認番号と購入型番 (SKU) が必要になります。

 

 

● 新機能概要

 

このバージョンより追加される主な新機能は以下になります。

 

- Global Threat Intelligence (GTI) と連携します。

- 64 ビット用 Microsoft Internet Explorer をサポートします。

- Google Chrome 13.0 以上および Mozilla FireFox 4.0.1 をサポートします。

- Outlook 2007/2010、ウェブベースの Yahoo! および Gmail でのリンク安全性チェック

   機能

 

その他の新機能および修正された問題の詳細については、ダウンロードサイト内に用意

しておりますリリースノートをご確認ください。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  5) McAfee GTI Proxy 1.1のリリースについて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

○ お知らせ

 

McAfee GTI Proxy の新バージョン 1.1 の日本でのリリースおよびサポート開始日に

ついてご案内いたします。

本製品は McAfee VirusScan Enterprise のライセンスに無償オプションとして含まれて

おり、VSE または VSE を含むスイート製品をご購入のお客様は、本製品の使用が可能

です。

 

 

● 対象製品

 

- McAfee GTI Proxy 1.1

 

※このバージョンでは GUI は英語のみになります。

 

 

○ リリース日

 

2011/12/20 (火) (Webダウンロード)

http://www.mcafee.com/japan/licensed2/

※ダウンロードサイトからサポート契約が有効なお客様はダウンロードする事ができます。

※ダウンロードのためにはご契約サポートの承認番号と購入型番 (SKU) が必要になります。

 

 

● 製品概要

 

McAfee GTI Proxy の主な機能は以下になります。

 

- 各クライアント上の VSE の代わりに McAfee GTI (Global Threat Intelligence)

  サーバの参照を実施します。

 

- GTI への参照情報をキャッシュし、内部クライアントのVSEからのGTI参照に応答し

   ます。

 

- GTI Proxy は、VMWare の仮想イメージとして提供され、ePO から管理可能です。

 

その他の機能およびシステム要件などについては、ダウンロードサイト内に用意して

おりますリリースノートをご確認ください。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  6) McAfee Enterprise Mobility Management 9.7 のリリースについて

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

○ お知らせ

 

McAfee Enterprise Mobility Management の新バージョンとなります「9.7」について、

ご案内いたします。

 

 

● 対象製品

 

McAfee Enterprise Mobility Management 9.7

 

 

○ リリース日

 

2011/12/20 (火) (Webダウンロード)

http://www.mcafee.com/japan/licensed2/

※ダウンロードサイトからサポート契約が有効なお客様はダウンロードする事ができます。

※ダウンロードのためにはご契約サポートの承認番号と購入型番 (SKU) が必要になります。

 

 

● 製品概要

 

このバージョンより追加された主な新機能は以下になります。

 

- 管理対象デバイスへのタグ付機能。管理対象のデバイスに対して、個人用または

   企業用のタグ付をし、タグベースでのポリシー適用を行うことができます。

 

その他改善点などの詳細については、ダウンロードサイト内にありますリリースノートをご参照ください。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  7) Secure Content Reporter End of Support (EOS)のお知らせ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

Secure Content Reporter の End of Support (EOS) の日付が確定いたしましたので、お知らせいたします。

 

■EOS日付

2012年7月16日

 

■対象製品

Secure Content Reporter 4.7(現行バージョン)

 

■注意点

Secure Content Reporter をご使用のお客様は、McAfee Web Reporter Premium への移行をご検討ください。

※McAfee Web Reporter Premium の製品に関するお問い合わせは弊社営業までご相談ください

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  8) McAfee Web Gateway 6.9.1 build 12571 リリースのお知らせ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

McAfee Web Gateway 6.9.1 build 12571 がリリースされましたのでご案内いたします。

 

■修正内容

正規アーカイブが破損アーカイブとしてブロックされる

ログに"Can not load CRL"が記録される

Overview の Proactive Scanning Database version が常に0と表示される

 

等、計 12 箇所修正

 

■ アップグレード手順

McAfee Web Gateway 6.x.x をご使用いただいている場合、以下のいずれかの手順でアップグレードできます。

 

<GUIからのアップグレード>

 1.「Configuration」‐「Appliance」‐「Update」 にて 「Check for Updates」 の 「Contact」を実行

 2.GUI画面下部に「Update Appliance」項目が表示されるので、「Download and Install」ボタンをクリック

   ※アップグレード後、自動的に再起動が実行されます。

 

<CLIからのアップグレード>

 1.下記コマンドにてアップグレードを実行

   # yum upgrade

 2.下記コマンドにて機器をリブート

   # reboot

 

※6.8.7以前のバージョンをご利用の場合は事前に下記手順を実施ください。

 ・システムコンソール(SSH)から下記コマンドを実行し、レポジトリのアップデートを実行

   # yum install yumconf-6.9

 

■注意点

・アップグレード後は、アプライアンスを再起動させる必要があります。

・製品のISOイメージやドキュメントは弊社ダウンロードサイトより入手してください。

 

http://www.mcafee.com/japan/licensed2/

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  9) McAfee Web Gateway Avira Engineをご利用の場合の注意点

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

■製品名

McAfee Web Gateway

 

■影響を受けるバージョン

v7.1.6より前のv7.x

 

■変更の予定

2012年7月

 

■Avira Engineについて

McAfee Web Gatewayでは下記2つのエンジンにてスキャンを実施しています。

 

・McAfee Anti-Malware Engine (with File Reputation)

・McAfee Gateway Anti-Malware Engine (Proactive Engine/Avira Engine)

 

2012年7月以降、上記のMcAfee Gateway Anti-Malware Engineに含まれるAvira Engineは

サードパーティのコンポーネントとして独立し、製品内部のモジュールがアップグレードされます。

そのアップグレードに伴い、製品の中での利用方法が変更されます。

※v6.9.xはすでにサードパーティのコンポーネントとして独立しています。

 

ただし、Gateway Anti-Malware Engine にMcAfee Anti-Malware Engine および

Proactive Engine を統合した事で、Avira Engineによるマルウェアに対するカバレッジの必要性は低く、

Avira Engineを使用しない場合の影響度は極めて低いものとなります。

 

■Avira Engineの継続利用について

本変更に伴い、2012年7月以降はv7.1.6より前のバージョンではAvira Engineコンポーネントが

利用出来なくなります。

その為、Avira Engineを2012年7月以降も継続してご利用したいお客様はv7.1.6以降のバージョンへの

アップグレードを実施する必要がございます。

またアップグレード後はデフォルトではAvira Engineを使用しない設定(推奨)になっておりますが、

ご利用になりたい場合には下記FAQを参照し、設定変更を実施してください。

 

<v7.1.6以降でAvira Engineを利用する場合の設定方法>

http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeMwg.asp?ancQno=WG12011201&ancProd=McAfeeM wg

 

※現在v7.1.6はControlled Releaseです。Controlled Releaseについての説明は

下記をご参照ください。

 

<McAfee Web Gateway(MWG)のソフトウェアについて、Main ReleaseとControlled Release の違いを教えてください。>

http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeMwg.asp?ancQno=WG11072902&ancProd=McAfeeM wg

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10) McAfee Email and Web Security Appliance v5.1 サポート終了日のお知らせ

                               (リマインド)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

McAfee Email and Web Security Appliance v5.1のサポート終了日が近づいております。

サポート終了日までに、上位バージョンのv5.5、もしくはv5.6へのアップグレードをお願いします。

 

■製品名

McAfee Email and Web Security Software v5.1

McAfee Email Security Software v5.1

McAfee Web Security Software v5.1

 

■対象プラットフォーム

3000/3100/3200/3300/3400/Blade/Virtual Appliance

 

■v5.1サポート終了日:2012年2月28日

2012年2月28日まで定義ファイルのアップデートやお問い合わせ対応を行います。

お問い合わせに関する調査の結果上位バージョン(v5.5、およびv5.6)で既に修正が提供されている場合、上位バージョンへの移行が推奨されます。 

また、問題修正は原則として上位バージョンでの提供となります。

v5.1でリリースされるPatchは次期リリース予定のPatch 10が最終となります。

 

■v5.1からv5.5への移行に関して

v5.1からv5.5への移行に関しては基本的にほとんどの設定を引き継ぐ事が可能なため、通常必要となる作業時間は30分から1時間程度

を想定しています(事前、事後検証等の時間を除く)。

 

※v5.5へのマイグレーションについては下記Q&Aサイトをご参照ください。

 

<Email and Web Security Appliance v5.1の設定ファイルをv5.5へ復元するための要件について>

http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeEws55.asp?ancQno=EW511020801&ancProd=McAf eeEws55

 

<バージョン 5.5 へ移行時の注意点>

http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeEws55.asp?ancQno=EW510090201&ancProd=McAf eeEws55

 

■v5.1からv5.6への移行に関しての注意

v5.1 から v5.6 への移行は、設定を引き継ぐために一度 v5.5 を経由して、v5.6 に移行する必要があります。

v5.1 から v5.6 への直接アップグレードや、 v5.1 設定ファイルを v5.6 へ読み込ませることはできませんのでご注意ください。

 

※v5.6へのマイグレーションについては下記Q&Aサイトをご参照ください。

 

<バージョン5.6へのマイグレーションについて>

http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeEws55.asp?ancQno=EW511012101&ancProd=McAf eeEws55

 

■注意

・最新のソフトウェアは弊社ダウンロードサイトで入手可能です。

・上位バージョンへの以降に際してはダウンロードサイトのドキュメントをご参照ください。

※最新ソフトウェアの入手のためにはサポート期間が有効であること、またダウンロードの際に承認番号とSKUが必要になります。

 

<企業ユーザー向けライセンス版ダウンロード>

http://www.mcafee.com/japan/licensed2/

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11) サポート終了情報

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

○ サポート終了予定の製品

 

- McAfee Endpoint Encryption for PCs 5.1.x                    : 2012/05/31 (木)

- McAfee Endpoint Encryption Manager 5.1.x                    : 2012/05/31 (木)

- McAfee GroupShield for Exchange 7.0                         : 2012/11/30 (金)

- McAfee LinuxShield 1.5 / 1.5.1                              : 2012/11/30 (金)

- McAfee VirusScan for Mac 8.6 / 8.6.1                        : 2012/11/30 (金)

 

 

● McAfee Endpoint Encryption 旧バージョンソフトウェアのサポート終了について

 

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeEE.asp?ancQno=EE09090801&ancProd=McAfeeEE

 

 

○ その他製品サポート終了期間

 

  http://www.mcafee.com/Japan/support/customer_support/end_life.asp

 

- 最新の DAT を利用していても、エンジンが最新ではない場合、一部のマルウェアに正

   しく対応 (検出・駆除) する事ができない場合があります。

   常に最新のエンジン・DAT をご利用ください。

 

- サポート終了した製品・エンジンを使用すると、OS やアプリケーションに重大な障害

   を与えるなど、予期せぬ問題を引き起こす可能性があります。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

12) 製品リリース情報

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

○ 一ヶ月以内にリリースされた製品及び Patch

 

- McAfee SiteAdvisor Enterprise 3.5                           : 2011/12/20 (火)

- McAfee Web Filtering for Endpoint 3.5                       : 2011/12/20 (火)

- McAfee GTI Proxy 1.1                                        : 2011/12/20 (火)

- McAfee Enterprise Mobility Management 9.7                   : 2011/12/20 (火)

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

13) 企業向けサポートコミュニティサイトの開設および Twitter サービスの開始について

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

○ お知らせ

 

企業向けサポートコミュニティサイト「Japan Corporate Support」を開設いたしました。

また、「企業向けお客様サポート公式 Twitter」を開設し、サポート情報のリアルタイム

配信を開始しました。

 

 

マカフィー、ユーザー参加型の企業向け製品コミュニティサイトをオープン

~サポート部門が主体となり企業セキュリティに関するディスカッションの場を提供~

(4月18日発プレスリリース)

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_11a.asp?pr=11/04/18-1

 

 

● 開始日

 

2011/04/18 (月) 9:00

 

 

○ 備考

 

- 企業向けサポートコミュニティサイト「Japan Corporate Support」

   https://community.mcafee.com/community/japan

   サポート通信や FAQ 掲載情報、製品及びパッチのリリース情報やドキュメントが掲載

   されます。また、製品に関する技術的な情報に関して、コミュニティご登録者が参加

   可能なフリーディスカッションのスペースがございます。

 

- 企業向けお客様サポート公式 Twitter

   http://twitter.com/McAfee_BTS_JP

   Twitter サービスを利用し、サポート通信や FAQ 掲載情報、製品及びパッチのリリー

   ス情報がリアルタイムで配信されます。

 

  コミュニティサイトの登録方法、 Twitter のフォロー方法などの詳細につきましては、

  以下のページをご覧ください。

  http://www.mcafee.com/Japan/support/japancorporate.asp

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ※) マカフィーサポート&サービス

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○ McAfee Labs(旧:AVERT) ウイルス解析依頼

-   ウイルス解析依頼手順

     http://www.mcafee.com/japan/security/contact_mcafeelabs.asp

-   自動返信サンプル

     http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeevinfo.asp?ancQno=VR07080701&ancProd=McAfe evinfo

 

● マカフィーモバイルサービス

   携帯電話を利用して、緊急ウイルス情報をリアルタイムに確認し、

  ウイルス被害を抑制できます。

   ⇔ http://www.mcafee.com/japan/support/mobileservice.asp

 

○ サポートQ&A

- 製品の評価、導入、トラブル、障害の発生時に参考となる解決策や

  回避策のFAQをご確認頂けます。 是非お役立て下さい。

   ⇔ http://www.mcafee.com/japan/pqa/pqa.asp

- 1週間のあいだに更新(あるいは新掲載)されたQ&Aはこちら

   ⇔ http://www.mcafee.com/japan/pqa/pqa_newqa.asp

 

● 自動修復ツール「McAfee Virtual Technician (MVT)」について

    McAfee Virtual Technician (MVT) は、お客様のコンピュータを解析して、 McAfee 製品の

    ファイルやレジストリなどの完全性をチェックし、McAfee 製品の動作環境などに関連して発生

    する既知の問題の解決を支援する、自動化されたツールです。このツールにより、システムが

    解析され、既知の問題の早期解決が行えます。

 

  ご利用方法等、詳細については以下のページをご覧ください。

   http://www.mcafee.com/japan/pqa/MVT.asp

 

○ マカフィーサポート通信について

   - 登録解除(配信停止)

  「マカフィーサポート通信」及び「ウイルス警報」の登録解除(配信停止)を

  ご希望される方は、以下のページより手続きをお願い致します。

    https://md.pbz.jp/s/r-ctrl.php?act=PCDelAuth&funcinfo_allreset=1&uid=mcafee&mid= support_news

 

● マカフィー・PR-newsへのご登録はお済みでしょうか?

  PR-newsでは、法人向け製品・サービスのご紹介をはじめ、関連イベント・セミナー、最新セキュリティ情報、

  導入事例、キャンペーンなどのマーケティング情報を配信しております。PR-newsの配信を希望されたい場合は、

  以下のURLより、ご登録をお願い致します。

  http://www.mcafee.com/japan/enterprise/prnews.asp

 

 

~~~~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

発信元 : マカフィー株式会社

       テクニカルサポートセンター インフォメーション係

       http://www.mcafee.com/japan/support/customer_support/

(c) 2012 McAfee, Inc. All Rights Reserved.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~~~~