==============================================================

マカフィー サポート通信 - リスク管理ソリューション 2011.11.24
==============================================================

本メールはMcAfee Vulnerability Manager製品のサポートをご購入のお客様
に配信しております。

○-======  今週のマカフィー Vulnerability Manager (目次)  =======-○
1) FSL UPDATE
2) OSパッチアップデート
3) McAfee Vulnerability Manager Software v6.8のサポート終了について
4) McAfee Risk Advisor 2.6.2のリリースについて
5) McAfee Policy Auditor 6.0のリリースおよび5.2のサポート終了について
6) サポートコミュニティサイトでのテクニカルドキュメント公開
7) 企業向けサポートコミュニティサイトの開設および Twitter サービスの開始について
8) 「サポート通信」配信について

※) マカフィーからのサービス
○-===================================================-○

-------------------------------------------------------
1) FSL UPDATE
-------------------------------------------------------
マカフィーは以下のVulnerability Manager製品のアップデートを提供しています。
最新更新日: 2011-NOV-23

(SUMMARY)

新しいチェック項目     :       18
改善されたチェック項目 :       3
削除されたチェック項目 :       1

 追加・改善されたシグネチャ項目等の詳細は以下の製品ダウンロード
 ページから「McAfee Foundstone Update」の最新版を入手してください。

 http://www.mcafee.com/japan/licensed2/

新しいチェック項目:

  * FID #12948 Sybase Adaptive Server Enterprise Backup Server Format String Vulnerability
    Risk: High
  * FID #12951 Apple OS X Sandbox Predefined Profiles Bypass Remote Code Execution II
    Risk: High
  * FID #12952 Apple OS X Sandbox Predefined Profiles Bypass Remote Code Execution
    Risk: High
  * FID #12953 (HT5052) Apple iOS Multiple Vulnerabilities Prior To 5.0.1
    Risk: High
  * FID #12955 Cisco Multiple Products Remote Code Execution
    Risk: High
  * FID #12956 Apple iTunes Update Authenticaton Vulnerability
    Risk: High
  * FID #12958 Advantech OPC Server Buffer Overflow Remote Code Execution
    Risk: High
  * FID #12959 Juniper Junos Next-Gen MVPN Malformed Message Denial of Service
    Risk: High
  * FID #12960 Juniper Junos J-Web Interface Administrator Log Cross-Site Scripting
    Risk: High
  * FID #12964 Apple iTunes Update Authenticaton Vulnerability
    Risk: High
  * FID #12967 InduSoft WebStudio Unauthenticated Remote Operations Remote Code Execution
    Risk: High
  * FID #12968 InduSoft WebStudio CEServer Operation 0x15 Remote Code Execution
    Risk: High
  * FID #12971 McAfee ePO Apache HTTP Server Denial Of Service
    Risk: High
  * FID #12886 VMware ESX Server Multiple Vulnerabilities (VMSA-2011-0013)
    Risk: Medium
  * FID #12957 IBM WebSphere MQ Control Commands Security Bypass
    Risk: Medium
  * FID #12961 Juniper Junos MGD-CLI Arbitrary Command Execution Security Bypass
    Risk: Medium
  * FID #12963 Adobe ColdFusion Multiple Vulnerabilities
    Risk: Medium
  * FID #12973 Microsoft Windows win32k.sys Driver Keyboard Layout Denial Of Service
    Risk: Medium

 

改善されたチェック項目:

  * FID #12931 EMC Documentum eRoom Arbitrary File Upload Remote Code Execution
    FASLScript is updated
  * FID #1712 Microsoft Windows Service Pack Level Policy
    FASLScript is updated
  * FID #70025 epo.fasl3.inc
    FASLScript is updated

削除されたチェック項目:

  * FID #6625 StealthMBR.a Trojan

-------------------------------------------------------
2) アプライアンス OSパッチアップデート
-------------------------------------------------------
 期間: 2011/11/21 ~ 2011/11/24 (日本時間)

今回のアップデートはございません。

-------------------------------------------------------
3) McAfee Vulnerability Manager Software v6.8のサポート終了について
-------------------------------------------------------
McAfee Vulnerability Manager Softwareにつきまして、以下のバージョンの
サポート終了を予定しておりますのでご案内いたします。

McAfee Vulnerability Manager Software v6.8
サポート終了日:2012年6月30日

■備考
・現在の最新バージョンは、McAfee Vulnerability Manager Software v7.0です。
・本バージョンへの移行などに関しましては、弊社サポート窓口までお問い合わせください。
・ソフトウェアンおよびドキュメントは下記ダウンロードページよりご入手いただけます。
 http://www.mcafee.com/japan/licensed2/

-------------------------------------------------------
4) McAfee Risk Advisor 2.6.2のリリースについて
-------------------------------------------------------
McAfee Risk Advisorの新バージョン2.6.2の日本でのリリースについてご案内いたします。

■対象製品
 McAfee Risk Advisor 2.6.2

■リリース日
 2011年11月18日(金)(Webダウンロード)
 http://www.mcafee.com/japan/licensed2/
※サポート契約が有効なお客様のみダウンロードできます。
※ダウンロードにはご契約サポートの承認番号と購入型番(SKU)が必要になります。

■新機能概要
このバージョンより追加される主な新機能は以下になります。

・Vulnerability Centric ViewでのQuick Search機能:
 ユーザは、脆弱性名、説明、CVE References、脅威名などのフィールド情報をフィルタ
 リングして、特定の脆弱性を検索できます
・リスク解析時間の減少
・McAfee Application Inventory プラグインとの後方互換性:
 McAfee Risk Advisor 2.6.2 サーバは、v2.6.1より追加されたApplication Inventory
 プラグインをサポートします。

その他新機能や修正された問題については、ダウンロードサイト内のリリースノートを
ご参照ください。

-------------------------------------------------------
5) McAfee Policy Auditor 6.0のリリースおよび5.2のサポート終了について
-------------------------------------------------------
McAfee Policy Auditorの新バージョン6.0の日本でのリリースおよび旧バージョン5.2の
サポート終了(EOS)についてご案内いたします。

■対象製品
 McAfee Policy Auditor 6.0
 McAfee Policy Auditor 5.2 (EOS)

■バージョン6.0のリリース日について
 2011年11月18日(金)(Webダウンロード)
 http://www.mcafee.com/japan/licensed2/
※サポート契約が有効なお客様のみダウンロードできます。
※ダウンロードにはご契約サポートの承認番号と購入型番(SKU)が必要になります。

■バージョン6.0新機能概要
このバージョンより追加される主な新機能は以下になります。

・McAfee Policy Auditor コンテンツ作成ツール:
 このツールを使用して、McAfee AgentとMcAfee Policy Auditor Agent プラグインが
 対応するOS用にカスタムベンチマークとカスタム検査を作成できます。
・サーバ パフォーマンスの向上:
 サーバ データベースが改善されストレージの重複を排除し、処理速度が高速化しました。
・使用権レポート:
 使用権レポートは、McAfee Policy Auditor ファイル整合性監視機能の拡張機能で、
 読み取り属性、書き込み属性などのファイルの使用権を監視します。
・OVAL 5.7 から 5.9 のサポート:
 Open Vulnerability and Assessment Language (OVAL) 5.7、5.8、5.9 のサポートが
 追加されました。

その他新機能や修正された問題については、ダウンロードサイト内のリリースノートを
ご参照ください。

■旧バージョン5.2のサポート終了について
新バージョン6.0の提供開始に伴い、旧バージョン5.2のサポートが終了となります。
今後のサポート対象バージョンは、バージョン5.3および6.0になります。

-------------------------------------------------------
6) サポートコミュニティサイトでのテクニカルドキュメント公開
-------------------------------------------------------
サポートコミュニティサイト「Japan Corporate Support」にVulnerability Manager
に関する下記のテクニカルドキュメントを公開いたしましたので、是非ご覧ください。

i) Vulnerability Manager v6.8(MVM3100)評価ガイド
     MVM3100をはじめて利用される方向けの簡易評価ガイドです。

ii) VulnerabilityManager(MVM3100)評価機初期化マニュアル
     MVM3100を初期化する際のマニュアルです。

■備考
・評価機のご利用につきましては弊社営業までお問合わせください。
・ダウンロード方法
 サポート・コミュニティ・サイト https://community.mcafee.com/community/japan
 にて、「ドキュメント」タブ をクリック、「カテゴリーとタグによる絞り込み」を
 クリックし「Vulnerability Manager」をクリックしてください。
 画面下部に上記2ドキュメントが表示されます。

-------------------------------------------------------
7) 企業向けサポートコミュニティサイトの開設および Twitter サービスの開始について
-------------------------------------------------------
○ お知らせ

企業向けサポートコミュニティサイト「Japan Corporate Support」を開設いたしました。
また、「企業向けお客様サポート公式 Twitter」を開設し、サポート情報のリアルタイム
配信を開始しました。

マカフィー、ユーザー参加型の企業向け製品コミュニティサイトをオープン
~サポート部門が主体となり企業セキュリティに関するディスカッションの場を提供~
(4月18日発プレスリリース)
http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_11a.asp?pr=11/04/18-1

● 開始日

2011/04/18 (月) 9:00

○ 備考

- 企業向けサポートコミュニティサイト「Japan Corporate Support」
   https://community.mcafee.com/community/japan
   サポート通信や FAQ 掲載情報、製品及びパッチのリリース情報やドキュメントが掲載
   されます。また、製品に関する技術的な情報に関して、コミュニティご登録者が参加
   可能なフリーディスカッションのスペースがございます。

- 企業向けお客様サポート公式 Twitter
   http://twitter.com/McAfee_BTS_JP
   Twitter サービスを利用し、サポート通信や FAQ 掲載情報、製品及びパッチのリリー
   ス情報がリアルタイムで配信されます。

  コミュニティサイトの登録方法、 Twitter のフォロー方法などの詳細につきましては、
  以下のページをご覧ください。
  http://www.mcafee.com/Japan/support/japancorporate.asp

-------------------------------------------------------
8) 「サポート通信」配信について
-------------------------------------------------------

新規契約をしたお客様には、4種類のサポート通信を配信いたします。
各種サポート通信が不要な方は、各サポート通信の文末に記載されているURLにアクセスして、
解除手続きを行っていただきます。

障害などでサポート窓口にお問い合わせいただいた新規のご担当者様には、
今までどおり、「サポート通信 - 登録のご案内」メールを1回のみ配信いたします。
http://www.mcafee.com/japan/support/customer_support/techsupport_regform.asp

---------------------------------------------------------
※ マカフィーからのサービス
---------------------------------------------------------
● マカフィーモバイルサービス
  携帯電話を利用して、緊急ウイルス情報をリアルタイムに確認し、
  ウイルス被害を抑制できます。
   ⇔ http://www.mcafee.com/japan/support/mobileservice.asp

○ サポートQ&A
- 製品の評価、導入、トラブル、障害の発生時に参考となる解決策や
   回避策のFAQをご確認頂けます。 是非お役立て下さい。
   ⇔ http://www.mcafee.com/japan/pqa/pqa.asp
- 1週間のあいだに更新(あるいは新掲載)されたQ&Aはこちら
   ⇔ http://www.mcafee.com/japan/pqa/pqa_newqa.asp

● 企業向けサポートコミュニティサイト「Japan Corporate Support」
   https://community.mcafee.com/community/japan
   サポート通信や FAQ 掲載情報、製品及びパッチのリリース情報やドキュメントが掲載
   されます。また、製品に関する技術的な情報に関して、コミュニティご登録者が
   参加可能なフリーディスカッションのスペースがございます。

○ 企業向けお客様サポート公式 Twitter
   http://twitter.com/McAfee_BTS_JP
   Twitter サービスを利用し、サポート通信や FAQ 掲載情報、製品及びパッチのリリース
   情報がリアルタイムで配信されます。

● マカフィーサポート通信について
- 配信停止
  「マカフィー サポート通信 - リスク管理ソリューション 」の配信停止をご希望される方は、
  以下のページより手続きをお願い致します。
 https://md.pbz.jp/s/r-ctrl.php?act=PCDelAuth&funcinfo_allreset=1&uid=mcafee&mid= foundstone_supp
- 各種法人ユーザ登録情報の変更はこちら
   ⇔ http://www.mcafee.com/japan/support/customer_support/tourokuhenkou.asp

○ マカフィー・PR-newsへのご登録はお済みでしょうか?
  PR-newsでは、法人向け製品・サービスのご紹介をはじめ、関連イベント・セミナー、最新セキュリティ情報、
  導入事例、キャンペーンなどのマーケティング情報を配信しております。PR-newsの配信を希望されたい場合は、
  以下のURLより、ご登録をお願い致します。
  http://www.mcafee.com/japan/enterprise/prnews.asp

●===McAfee=============================================○
発信元:
マカフィー株式会社
テクニカルサポートセンター インフォメーション係
http://www.mcafee.com/japan/support/customer_support/
(c) 2011 McAfee, Inc. All Rights Reserved.
お客様は,マカフィー株式会社の事前の書面による承諾を得ることなく、
掲載内容の無断転載を禁じます。
○=============================================McAfee===●