~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    【臨時配信】マカフィー サポート通信 - Security-as-a-Service - 2011/10/18

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~

 

平素は Security-as-a-Service (以下 SaaS) 製品 (旧名称: マカフィートータル

プロテクションサービス) をご愛用いただき誠にありがとうございます。

 

本通信はマカフィー サポート通信にご登録いただいているユーザー様への臨時の

ご案内です。

 

※ 本通信は等幅フォントで最適にご覧いただけます。

 

○-=-=-=-=-=-=-=-  今週のマカフィー (目次) -=-=-=-=-=-=-=-○

  1) データセンター臨時メンテナンスのお知らせ

  2) McAfee SaaS Endpoint Protection 新バージョン 5.2.3 リリース日について

○-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-○

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1) データセンター臨時メンテナンスのお知らせ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

○ メンテナンスのご案内

 

SaaS Endpoint Protection の安定稼働および製品品質向上のため以下の日程で

データセンター臨時メンテナンスを実施させていただきます。

 

 

● 臨時メンテナンス予定日

 

予定日: 2011/10/22 (土) 0:00 ~ 2011/10/23 (日) 23:59

 

 

○ メンテナンス中におけるサービス影響範囲について

 

アップデート、URL インストール、ウイルス定義ファイルの更新、SecurityCenter

への接続など、データセンターへアクセスするサービスが断続的に不通になります。

但し、サービスを停止している間も SaaS Endpoint Protection のウイルス検知機能

には一切影響を及ぼしませんのでご安心ください。

 

メンテナンス実施に際し、皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、

ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2) McAfee SaaS Endpoint Protection 新バージョン 5.2.3 リリース日について

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

○ お知らせ

 

McAfee SaaS Endpoint Protection の新バージョン 5.2.3 のリリース日に関しまして、

下記にご案内いたします。

 

 

● バージョン

 

McAfee SaaS Endpoint Protection 5.2.3

 

 

○ リリース日程

 

リリース日: 2011/10/24 (月)

スケジュール期間: 2011/10/25 (火) 午後 ~ 2011/12/04 (日)

強制アップグレード期間: 2011/12/05 (月) 午後 ~ 2011/12/13 (火)

 

 

● ご提供方法 (新規インストール)

 

リリース後、新規インストールによる新バージョンのご提供を開始します。

(データセンターメンテナンス完了後にご提供となります。)

 

・URL インストールを実行した場合、バージョン 5.2.3 がインストールされます。

 

・サイレントインストールツールはバージョン 5.2.1 でのご提供となり、サイレント

   インストール後のアップデート処理でバージョン 5.2.3 にアップグレードされます。

 

・Push インストールを実行した場合、バージョン5.2.1 がインストールされ、その後の

   アップデート処理でバージョン 5.2.3 にアップグレードされます。

 

 

○ ご提供方法 (アップグレード)

 

今回のリリースでは、SecurityCenter にて設定可能となるアップグレードスケジュー

リング機能を使用した「スケジュール期間」と、その後自動的にアップグレードが行

われる「強制アップグレード期間」とに分けてリリースを行います。

 

・上記「スケジュール期間」内であれば SecurityCenter にてお客様が自由に

  スケジュールを設定しアップグレードが可能になります。

  アップグレードのスケジュールは個々のコンピューター毎でも設定が可能で、"少数

  のコンピューターを先行アップグレードし社内テスト" する場合等にご利用いただ

  けます。

 

  事前お申し込みは必要ございません。期間内であればいつでもアップグレードの

  スケジュールを設定、アップグレードを実行できます。

 

・「スケジュール期間」終了後は「強制アップグレード期間」となります。

  「スケジュール期間」内にアップグレードされなかったコンピューターは、上記「強制

  アップグレード期間」の間にアップグレードされます。

 

  「強制アップグレード期間」でのアップグレードは自動的に実行され、日時を指定

  することはできません。

 

・アップグレードスケジューリング機能の詳細につきましては、下記 Q&A をご参照ください。

 

- バージョン 5.2.3 リリース日程およびアップグレードスケジューリング機能について

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511092901&ancProd=McAf eeTPS50

 

※ 「スケジュール期間」「強制アップグレード期間」にかかわらず、新規インストールは

   以下の方法でのご提供となります。

 

   ・URL インストールを実行した場合、バージョン 5.2.3 がインストールされます。

 

   ・サイレントインストールツールはバージョン 5.2.1 でのご提供となり、サイレント

     インストール後のアップデート処理でバージョン 5.2.3 にアップグレードされます。

 

   ・Push インストールを実行した場合、バージョン5.2.1 がインストールされ、その後の

     アップデート処理でバージョン 5.2.3 にアップグレードされます。

 

 

● 新機能概要 (予定)

 

- Windows Active Directory との連携機能:

  Active Directory の OU 構造を SecurityCenter にインポートし、クライアント

  ソフトウェアをインストールしたり、ポリシーを割り当てたりすることができます。

 

- サポートされる Web ブラウザーの拡張:

  Firefox、Microsoft Internet Explorer に加え、Google Chrome、Apple Safari

  for Windows がサポート対象となります。

 

- 次のマイクロソフト製品・OS のサポート:

  ・ Outlook 2010

  ・ Windows Server 2008 R2 (64 ビット)

  ・ Windows 7 SP1

 

- Internet Explorer 9 のサポート:

  ・ Microsoft Internet Explorer 9 環境がサポート対象になります。

  ・ ブラウザ保護/Web フィルタリング機能については 32 ビットのブラウザーのみ対応と

     なり、Internet Explorer 9 (64 ビット) についてはサポート外となります。

     詳細は下記 Q&A をご参照ください。

 

  - Internet Explorer 9 への対応について

    http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511042701&ancProd=McAf eeTPS50

 

- 機能改善:

  ・ SecurityCenter 上で、前回のクライアントスキャンとクライアント更新の

     ステータス情報を表示します。

  ・ インストール作業中、競合を発生させるプログラムを自動的に検知し

     アンインストールします。

  ・ URL インストール完了時に、クライアントコンピューターでフルスキャンを実行

     するオプションを提供します。

 

 

○ URL インストールに関する注意事項

 

古い形式のインストール URL (*) を用いたインストールには未対応となります。

(*) 古い形式のインストール URL には下記の値が含まれています。

http://virusscanasap.mcafeeasap.ne.jp/vs2/rd.asp?

 

普段お使いのインストール URL が上記形式に該当する場合、SecurityCenter にて

インストール URL を確認し、その URL を用いてインストールを行ってください。

 

- インストール用 URL の確認方法

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP509122507&ancProd=McAf eeTPS50

 

 

● Windows XP ご利用の際のメモリ搭載要件に関して

 

これまで、Windows XP で一部の機能のみを使用する際のメモリ最小要件を 256MB と

していましたが、今回のバージョンアップで一部機能利用の際の最小要件は 512MB

となります。

 

ただし本バージョンリリース後から 2012 年 4 月末までは、お客様のメモリアップ

グレードを行っていただくための期間として、256MB の要件でお使いのお客様も、

既知の問題に関する回答や、リソース不足に起因しない問題についてサポート対応を

継続させていただきます。

 

なお、上記期間内においても調査継続のためにメモリの増設を依頼する場合がござい

ます。McAfee SaaS Endpoint Protection 5.2.3 で提供される機能のうち複数機能を

利用される際のメモリ搭載に関する最小要件は 1GB となっており、こちらの変更は

ありません。

 

- Windows XP のメモリ要件変更について

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511100401&ancProd=McAf eeTPS50

 

 

○ 次期バージョンに関するその他の情報

 

次期バージョンに関連した Q&A を公開しております。是非ご参照ください。

 

- SaaS Endpoint Protection で発見された ActiveX コントロールの脆弱性について

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511081901&ancProd=McAf eeTPS50

 

- アップグレード時にルーモア機能 (Rumor 機能) は動作しますか?

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP510010812&ancProd=McAf eeTPS50

 

- Windows Server 2008 R2 への対応について

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP510072101&ancProd=McAf eeTPS50

 

- [MS11-057] Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2559049) を適用後、

  URL インストール時に「この製品のインストールに必要なファイルが使用できません」と

  表示されます

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511081201&ancProd=McAf eeTPS50

 

- 「不審なファイルの Artemis ヒューリスティック チェックを有効にする」の

  デフォルト設定について

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511090801&ancProd=McAf eeTPS50

 

- バージョン 5.2.3 リリース日程およびアップグレードスケジューリング機能について

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511092901&ancProd=McAf eeTPS50

 

- SecurityCenter から端末を削除した際の動作について

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511092902&ancProd=McAf eeTPS50

 

- スパイウェアのセキュリティ対策モードが [レポート] モードに設定されている場合に

  スパイウェアを検知した際の動作について

  http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511101801&ancProd=McAf eeTPS50

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●  マカフィーサポート通信について

-  配信停止

    「マカフィー サポート通信 - Total Protection Service」及び

    「ウイルス警報」の配信停止をご希望される方は、以下のページ

    より手続きをお願いいたします。

 

https://md.pbz.jp/s/r-ctrl.php?act=PCDelAuth&funcinfo_allreset=1&uid=mcafee&mid= support_news_mvs

 

 

~~~~~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

発信元  :  マカフィー株式会社

              テクニカルサポートセンター インフォメーション係

                  http://www.mcafee.com/japan/support/

  (c) 2011 McAfee, Inc. All Rights Reserved.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~~~