~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  マカフィー サポート通信 - Security-as-a-Service 製品 - 2011/09/29
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~

本通信はご登録いただいているユーザー様へ配信している Security-as-a-Service
(以下 SaaS) 製品 (旧名称: マカフィートータルプロテクションサービス) 向け
サポート情報です。
今週も役立つ情報を多数掲載しておりますので是非ご活用ください。

なお、本通信は等幅フォントで最適にご覧いただけます。

○-=-=-=-=-=-=-=-  今週のマカフィー (目次) -=-=-=-=-=-=-=-○
  1) サポートコールセンター音声案内変更について
  2) McAfee SaaS Endpoint Protection 次期バージョン 5.2.3 リリースについて
  3) SaaS Endpoint Protection の脆弱性および対応に関するお知らせ
  4) Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2559049) 適用環境に
     おける URL インストールエラーについて
  5) データセンター定期メンテナンスのお知らせ
  6) 企業向けサポートコミュニティサイトの開設および Twitter サービスの
     開始について
  7) 今週のウイルス定義 (DAT) ファイルリリース情報
  *) マカフィーサポート & サービス
○-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-○


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1) サポートコールセンター音声案内変更について
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○ お知らせ

新製品の追加により、サポートコールセンターの音声案内を 2011/10/17 (月) より
変更いたします。


● 主な変更点

スタンダードサポートにおいては、製品を選択する前に製品ファミリーを選択して
いただくようになります。また、各製品の番号も変更となっています。

変更後のメニュー、製品、および該当番号については、下記サイトに掲載して
おりますのでご参照ください。

- サポートセンターでの音声案内メニュー
http://www.mcafee.com/japan/support/biz/voice.asp


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2) McAfee SaaS Endpoint Protection 次期バージョン 5.2.3 リリースについて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○ お知らせ

McAfee SaaS Endpoint Protection の新バージョンのリリース時期に関しまして、
検討の結果、2011 年 10 月後半からご提供開始を行うことになりましたのでご案内
いたします。


● バージョン

McAfee SaaS Endpoint Protection 5.2.3

※ 以前ご案内していた「5.2.2」ではなく新バージョンは「5.2.3」になります。


○ ご提供開始時期

2011 年 10 月後半より開始

品質向上のため当初予定より 1 か月程ご提供開始を延期することになりました。
ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご理解いただけますようお願いいたします。


● ご提供方法 (アップグレード)

今回のリリースでは、SecurityCenter にて設定可能となるアップグレードスケジュー
リング機能を使用した「スケジュール期間」と、その後自動的にアップグレードが行
われる「強制アップグレード期間」とに分けてリリースを行います。

※ 各期間の詳細日程については改めてご連絡させていただきます。

・ご提供開始日より約 1 か月間は「スケジュール期間」となります。新バージョン
リリース後 SecurityCenter に設置されるアップグレードスケジュール設定画面
においてお客様が自由にスケジュールを設定しアップグレードが可能になります。

アップグレードのスケジュールは個々の端末毎でも設定が可能で、"少数の端末を
先行アップグレードし社内テスト" する場合等にご利用いただけます。

「スケジュール期間」にアップグレードを実施する場合、事前お申し込みは必要
ございません。期間内であればいつでもアップグレードのスケジュールを設定、
アップグレードを実行できます。

・「スケジュール期間」終了後約 1 週間が「強制アップグレード期間」となります。
「スケジュール期間」内にアップグレードされなかった端末は「強制アップグレー
ド期間」の約 1 週間の間にアップグレードされます。

「強制アップグレード期間」でのアップグレードは自動的に実行され、日時を指定
することはできません。


○ ご提供方法 (新規インストール)

「スケジュール期間」「強制アップグレード期間」にかかわらず、以下の方法での
ご提供となります。

・URL インストールを実行した場合、バージョン 5.2.3 がインストールされます。

・サイレントインストールツールはバージョン 5.2.1 でのご提供となり、サイレント
インストール後のアップデート処理でバージョン 5.2.3 にアップデートされます。


● URL インストールに関する注意事項

古い形式のインストール URL (*) を用いたインストールには未対応となります。
(*) 古い形式のインストール URL には下記の値が含まれています。
http://virusscanasap.mcafeeasap.ne.jp/vs2/rd.asp?

普段お使いのインストール URL が上記形式に該当する場合、SecurityCenter にて
インストール URL を確認し、その URL を用いてインストールを行ってください。

- インストール用 URL の確認方法
http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP509122507&ancProd=McAf eeTPS50


○ Windows XP ご利用の際のメモリ搭載要件に関して

これまで、Windows XP で一部の機能のみを使用する際のメモリ最小要件を 256MB と
していましたが、今回のバージョンアップで一部機能利用の際の最小要件は 512MB
となります。

ただし本バージョンリリース後から 2012 年 4 月末までは、お客様のメモリアップ
グレードを行っていただくための期間として、256MB の要件でお使いのお客様も、
既知の問題に関する回答や、リソース不足に起因しない問題についてサポート対応を
継続させていただきます。

なお、上記期間内においても調査継続のためにメモリの増設を依頼する場合がござい
ます。McAfee SaaS Endpoint Protection 5.2.3 で提供される機能のうち複数機能を
利用される際のメモリ搭載に関する最小要件は 1GB となっており、こちらの変更は
ありません。


● 次期バージョンに関するその他の情報

次期バージョンに関して下記 Q&A を公開しております。是非ご参照ください。

- アップグレード時にルーモア機能 (Rumor 機能) は動作しますか?
http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP510010812&ancProd=McAf eeTPS50

- 「不審なファイルの Artemis ヒューリスティック チェックを有効にする」の
デフォルト設定について
http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511090801&ancProd=McAf eeTPS50

- バージョン 5.2.3 リリース日程およびアップグレードスケジューリング機能について
http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511092901&ancProd=McAf eeTPS50

- SecurityCenter から端末を削除した際の動作について
http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511092902&ancProd=McAf eeTPS50


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3) SaaS Endpoint Protection の脆弱性および対応に関するお知らせ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○ 重要なお知らせ

2011/08/17 (水)、McAfee SaaS Endpoint Protection に脆弱性が存在することが判明
いたしました。


● 詳細

SaaS Endpoint Protection 製品が通常のオペレーションを実行する際に使用する
ActiveX コントロールにおいて、下記の 2 つの脆弱性が存在します。
1 つ目の問題として、リモートからの攻撃者がシステム上でコマンドを実行する
可能性があります。
2 つ目の問題として、リモートからの攻撃者がファイルの上書きや任意のコードを
実行する可能性があります。
この脆弱性は共に、攻撃者がクロスサイトスクリプティングなどの手法で提供した
リンクやファイルを、ターゲットとなるユーザーがクリックしたり開いたりする必要
があります。


○ 重要度

なお、現時点での攻撃の可能性は極めて低く、そのためこの脆弱性に関しての重要度
は「中」となっております。


● 本脆弱性が存在している製品およびバージョン

McAfee SaaS Endpoint Protection v5.2.1 以前のバージョン

※ 海外版、OEM 版をご利用しているお客様以外の製品バージョンは「5.0 Patch6」に
なります


○ 対応方法

本脆弱性は、修正バージョンである 5.2.3 へアップグレードすることで解決されます。


● 本脆弱性に関するサポート Q&A

- SaaS Endpoint Protection で発見された ActiveX コントロールの脆弱性について
http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511081901&ancProd=McAf eeTPS50


ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4) Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2559049) 適用環境に
   おける URL インストールエラーについて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○ お知らせ

2011 年 8 月 10 日に Microsoft 社よりリリースされました Internet Explorer 用
の累積的なセキュリティ更新プログラム (2559049) を適用した環境において、URL
インストールが失敗することが確認されました。

URL インストール時、以下のエラーが表示されます。

- インストールエラー:
この製品のインストールに必要なファイルが使用できません。インストール用の
URL をクリックして、インストールプロセスを再度実行してください。


● 原因

URL インストールでは cookie ファイルが使用されます。Microsoft のパッチ
(MS11-057) で cookie ファイルの管理方法に関するセキュリティ更新が行われた
ことにより、URL インストール中に用いられる cookie ファイルのファイル名が
変更されます。その結果、上述したエラーメッセージとともに URL インストールが
失敗します。


○ 解決策

次期バージョン 5.2.3 にて修正予定です。


● 回避策

上記環境に該当する場合、サイレントインストールにてインストールを行ってください。


○ 今後の調査状況のご案内について

今後の調査状況に関しましては、以下の Q&A にてご案内させていただきます。

- [MS11-057] Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム (2559049) を
適用後、URL インストール時に「この製品のインストールに必要なファイルが使用
できません」と表示されます
http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeeTPS50.asp?ancQno=TP511081201&ancProd=McAf eeTPS50


ご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
5) データセンター定期メンテナンスのお知らせ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○ メンテナンスのご案内

SaaS Endpoint Protection の安定稼働および製品品質向上のため以下の日程で
データセンター定期メンテナンスを実施させていただきます。


● 定期メンテナンス予定日

毎月第一土曜日及び日曜日
土曜日 00:00 ~ 日曜日 23:59


○ 10 月度メンテナンス日

2011/10/01 (土) 0:00 ~ 2011/10/02 (日) 23:59


● メンテナンス中におけるサービス影響範囲について

アップデート、URL インストール、ウイルス定義ファイルの更新、SecurityCenter
への接続など、データセンターへアクセスするサービスが断続的に不通になります。
但し、サービスを停止している間も SaaS Endpoint Protection のウイルス検知機能
には一切影響を及ぼしませんのでご安心ください。

メンテナンス実施に際し、皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
6) 企業向けサポートコミュニティサイトの開設および Twitter サービスの開始
   について
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○ お知らせ

企業向けサポートコミュニティサイト「Japan Corporate Support」を開設いたしま
した。
また、「企業向けお客様サポート公式 Twitter」を開設し、サポート情報のリアルタ
イム配信を開始しました。


マカフィー、ユーザー参加型の企業向け製品コミュニティサイトをオープン
~サポート部門が主体となり、企業セキュリティに関するディスカッションの場を提供~
(4 月 18 日発プレスリリース)
http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_11a.asp?pr=11/04/18-1


● 開始日

2011/04/18 (月) 9:00


○ 備考

- 企業向けサポートコミュニティサイト「Japan Corporate Support」
https://community.mcafee.com/community/japan
サポート通信や Q&A 掲載情報、製品及びパッチのリリース情報やドキュメントが
掲載されます。また、製品に関する技術的な情報に関して、コミュニティご登録者
が参加可能なフリーディスカッションのスペースがございます。

- 企業向けお客様サポート公式 Twitter
http://twitter.com/McAfee_BTS_JP
Twitter サービスを利用し、サポート通信や Q&A 掲載情報、製品及びパッチの
リリース情報がリアルタイムで配信されます。

コミュニティサイトの登録方法、 Twitter のフォロー方法などの詳細につきまして
は、以下のページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/Japan/support/japancorporate.asp


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
7) 今週のウイルス定義 (DAT) ファイルリリース情報
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○ 期間        : 2011/09/23 (金) - 2011/09/29 (木)

● リリース DAT: DAT6477 - DAT6483

○ 最新 DAT    : DAT6483


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*) マカフィーサポート & サービス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○ McAfee Labs (旧: AVERT) ウイルス解析依頼
- ウイルス解析依頼手順
http://www.mcafee.com/japan/security/contact_mcafeelabs.asp
- 自動返信サンプル

http://www.mcafee.com/japan/pqa/aMcAfeevinfo.asp?ancQno=VR07080701&ancProd=McAfe evinfo

● マカフィーモバイルサービス
携帯電話を利用して、緊急ウイルス情報をリアルタイムに確認し、
ウイルス被害を抑制できます。
   ⇔  http://www.mcafee.com/japan/support/mobileservice.asp

○ サポート Q&A
- 製品の評価、導入、トラブル、障害の発生時に参考となる解決策や
回避策の Q&A をご確認いただけます。是非お役立てください。
   ⇔  http://www.mcafee.com/japan/pqa/pqa.asp
- 1 週間のあいだに更新 (あるいは新掲載) された Q&A はこちら
   ⇔  http://www.mcafee.com/japan/pqa/pqa_newqa.asp

● 企業向けサポートコミュニティサイト「Japan Corporate Support」
https://community.mcafee.com/community/japan
サポート通信や Q&A 掲載情報、製品及びパッチのリリース情報やドキュメントが
掲載されます。また、製品に関する技術的な情報に関して、コミュニティご登録者
が参加可能なフリーディスカッションのスペースがございます。

○ 企業向けお客様サポート公式 Twitter
http://twitter.com/McAfee_BTS_JP
Twitter サービスを利用し、サポート通信や Q&A 掲載情報、製品及びパッチの
リリース情報がリアルタイムで配信されます。

●  マカフィーサポート通信について
-  配信停止
  「マカフィー サポート通信 - Total Protection Service」及び
  「ウイルス警報」の配信停止をご希望される方は、以下のページ
  より手続きをお願いいたします。

https://md.pbz.jp/s/r-ctrl.php?act=PCDelAuth&funcinfo_allreset=1&uid=mcafee&mid= support_news_mvs


~~~~~~~McAfee~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
発信元  :  マカフィー株式会社
            テクニカルサポートセンター インフォメーション係
                http://www.mcafee.com/japan/support/
(c) 2011 McAfee, Inc. All Rights Reserved.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~McAfee~~~~~