False Positive Test Rig について

 

マカフィーでは、ファイルの誤認を少なくする取り組みとして、ウイルス定義ファイルリリース前のQAにおいて、事前に認証されたファイルがウイルスとして誤認されないかを 確認する取り組みを行っています。これは「McAfee Labs False Positive Test Rig」と呼ばれ、マカフィーの調査において無害であることを確認したファイルを「False Positive Test Rig」内に登録いたします。

 

お客様の企業内で使用されているソフトウェア環境の一式 (Corporate Operating Environment) や、お客様開発のアプリケーションにて利用されているファイルなどを弊社「False Positive Test Rig」に登録していただくことで、それらのファイルからの誤認をウイルス定義ファイルリリース前に修正することが可能となり、より安心して弊社のウイルス定義ファイル をご利用いただけるようになります。

 

登録手順/流れ

 

注意:弊社に送付するファイルについては、ライセンス違反を犯さないことを確認してから送付してください。マカフィーでは認証されていないファイルについての責任は持ちません 。

 

1. ファイル送付時の情報収集

 

     弊社にファイル、データを送付する場合は、それらのファイル情報について、できる限りの情報を記載してください。

     下記の情報は必要事項となります。これらの情報については英語で記載をお願いします。

 

  • 御社名
  • ご担当者様名
  • 住所
  • 電話番号(国コード含む)
  • メールアドレス
  • 弊社SAMもしくは営業担当者名
  • ご利用の弊社製品情報(製品名、バージョン、パッチレベルなど)
  • 郵送の場合、提供いただくCD/DVDの枚数および含まれるファイル数
  • ご提供いただくファイルの内容(COEイメージ、お客様開発のアプリケーション用ファイル、バージョンアップ頻度など)

 

2. 弊社へのファイル提供

 

     提供いただくファイルフォーマットについては、ファイル単体、ISO、ZIPなど圧縮されたもの、もしくはVMWareのイメージに対応しています。

     これら以外のファイルフォーマットの場合は「False Positive Test Rig」に登録されませんので、ご注意ください。

     インストーラなどパッケージ化されたファイルについては、インストーラに加えて、インストーラでセットアップ後に展開されるすべてのファイルを提供ください。

 

     ファイルは以下の方法で送付が可能です。

 

  •      CDまたはDVDメディアの郵送によるファイル提供

               下記のあて先へCDまたはDVDメディアを同梱し、上記必要な情報を記載した上で送付ください。

 

    • 宛名:

                    False Rig Submission

                    c/o The McAfee Labs (formerly McAfee Avert Labs) Core Security Updates team

                    McAfee Inc.

 

    • 住所:

                    Unit 8a Alton House

                    Gatehouse Way

                    Aylesbury

                    Bucks. HP19 8XU

                    United Kingdom

 

  • お客様ご指定のダウンロード場所(http, ftp)によるファイル提供

          お客様ご指定のダウンロード先にファイルをアップロードいただき、弊社下記メールアドレス宛に、ダウンロード方法の手順、上記の必要事項を英語で記載の上、メールを送付 ください。

 

 

  • 弊社FTPサイトへのアップロードによるファイル提供

          下記メールアドレス宛に、FTPサーバへのアクセス方法などをお問い合わせください。お問い合わせ時には、上記の必要事項を英語で記載し、お問い合わせください。

 

 

 

3. 弊社からの認証完了の連絡

     送付いただいたファイルの登録が「False Positive Test Rig」として登録が完了したら弊社より、メールでの返信(英語)が届きます。メールにはテストが開始されるDATのバージョンと日付が記載されます。

     ファイルの登録完了日数については、送付いただいたファイルの総数やサイズなどに依存し、期日については定めておりませんのでご理解いただくようお願いいたします。

 

     送付されたデータの展開が可能であることが確認されると、ファイルのハッシュ値と各ファイルに対しての一意のIDが作成されます。このハッシュ値は既存のデータベースの 情報と照合され、すでに登録済みのファイルであるか確認が行われます。新しいファイルであることが確認されると、内容の確認が行われ、「False Positive Test Rig」として登録が完了します。完了後は、DATリリース前にスキャンが行われ、誤認が発生しないか確認が行われます。